医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 奈良少年調書流出 鑑定医を秘密漏示容疑で逮捕

<<   作成日時 : 2007/10/14 16:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

11日朝日記事では、マスコミ取材源の問題なので「引用本の著者不起訴」という記事タイトルだったが、「医師を秘密漏示罪で起訴」と書かれていたのでブログのタイトルにしたのだが、いよいよ逮捕された。
少年調書流出、医師を秘密漏示罪で起訴、引用本の著者不起訴へ
http://kurie.at.webry.info/200710/article_29.html
----------------------------------------
鑑定医を秘密漏示容疑で逮捕 調書流出本めぐり奈良地検
http://www.asahi.com/national/update/1014/TKY200710140073.html
2007年10月14日12時42分
画像 昨年6月に奈良県田原本町の家族3人が焼死した放火殺人事件をめぐり、殺人などの非行事実で中等少年院送致になった長男(17)らの供述調書を引用した本「僕はパパを殺すことに決めた」(講談社)が出版された問題で、奈良地検は14日、調書を流出させたとして、長男の精神鑑定をした京都市左京区下鴨西本町、医師崎濱盛三(さきはま・もりみつ)容疑者(49)を刑法の秘密漏示の容疑で逮捕した。同容疑での逮捕は異例。
 奈良地検の調べでは、崎濱医師は同書の著者でフリージャーナリストの草薙厚子氏(43)の依頼に応じて、昨年10月上旬ごろ、精神鑑定の資料として同家裁から渡されていた長男らの供述調書のコピーや自身が作成した精神鑑定結果などを京都市内の自宅やホテルで3回にわたって見せ、職務で知った関係者の情報を漏らした疑い。
 崎濱医師は容疑を認めており、「何度も頼まれたから調書を見せた。そのまま本に引用するとは思っていなかった」と供述しているという。
 草薙氏は本の出版について「不可解な少年事件が増える中、事件の真実を伝えることは社会的に意義があり、再発防止につながる」と説明。地検の任意の事情聴取に、取材源の特定にかかわる供述を拒否している。
---------------------------------------
奈良の調書流出事件、鑑定医を秘密漏示容疑で逮捕
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071014it04.htm
 奈良県田原本町の医師(48)方で起きた放火殺人事件を巡り、長男(17)の供述調書などを引用した単行本が出版された秘密漏示事件で、奈良地検は14日、著者でフリージャーナリストの草薙厚子さんに、供述調書の内容を不当に漏えいしたとして、長男を精神鑑定した精神科医、崎浜盛三容疑者(49)(京都市左京区)を秘密漏示容疑で逮捕した。
 調べでは、崎浜容疑者は、昨年8月に奈良家裁から鑑定医に選任され、鑑定資料として受け取った供述調書などを、10月5日ごろから15日ごろにかけて、自宅や京都市内のホテルで3回にわたり、草薙さんに閲覧させ、業務上知り得た秘密を不当に漏らした疑い。
 関係者によると、地検のこれまでの調べに対し、崎浜容疑者は「草薙さんからメールなどで何度も頼まれたので、自宅で鑑定資料を見せた」と供述していたという。
 地検は父親らから同容疑で告訴を受けて、9月14日に鑑定医や草薙さんの自宅や勤務先などを捜索。任意で事情聴取をしていた。
 供述調書などの原文が引用されていたのは、草薙さんが今年5月に講談社(東京)から出版した「僕はパパを殺すことに決めた」。
 この本を巡っては、東京法務局が7月、「プライバシーなどの人権の著しい侵害」として「被害の拡大防止」を求める勧告を行った。これに対し、日本ペンクラブが「表現の自由にあからさまに介入する内容」として抗議声明を発表していた。
(2007年10月14日13時24分 読売新聞)
----------------------------------------
奈良・放火殺人:供述調書漏示で長男の鑑定医を逮捕
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071014k0000e040021000c.html
 奈良県田原本町で昨年6月に母子3人が死亡した放火殺人事件を巡り、殺人などの非行事実で中等少年院送致となった当時高校1年の長男(17)の供述調書を引用した単行本が出版された秘密漏示事件で、奈良地検は14日、長男の精神鑑定した医師、崎浜盛三容疑者(49)=京都市左京区=を刑法の秘密漏示容疑で逮捕した。取材対象者が秘密漏示容疑で逮捕されるのは異例。単行本「僕はパパを殺すことに決めた」(講談社)の著者、草薙厚子さんについても慎重に捜査している。
 調べでは、崎浜容疑者は昨年10月、京都市内の自宅やホテルで3回にわたり、草薙さんに対し、長男や父親の供述調書の写しなどを見せた疑い。調べに対し、崎浜容疑者は容疑を認めているという。
 奈良地検は先月14日に崎浜容疑者宅や草薙さん宅などを家宅捜索し、任意で事情聴取を重ね、捜査を進めていた。【阿部亮介】
 ▽刑法の秘密漏示罪 刑法では、医師や弁護士などが正当な理由がないのに業務上取り扱ったことについて知り得た人の秘密を漏らした時は、6月以下の懲役または10万円以下の罰金に処すると規定している。
毎日新聞 2007年10月14日 13時00分 (最終更新時間 10月14日 13時48分)
----------------------------------------
長男の鑑定医を逮捕 調書漏えいで奈良地検
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007101401000111.html
2007年10月14日 12時43分
 奈良県の医師宅放火殺人事件で、長男の鑑定医だった崎浜盛三容疑者宅の押収品を車に運ぶ奈良地検の係官ら=9月14日、京都市左京区
 奈良県田原本町の医師宅放火殺人の供述調書漏えい事件で、奈良地検は14日、秘密漏示容疑で、長男(17)を鑑定した京都市の精神科医崎浜盛三容疑者(49)を逮捕した。
 調べでは、崎浜容疑者は昨年8月初め、奈良家裁から長男の鑑定医に選任された。10月5−15日ごろ、京都市内の自宅やホテルでフリージャーナリストの草薙厚子さんに、家裁から鑑定資料として渡された長男らの供述調書や、自ら作成した精神鑑定書を見せて秘密を漏らした疑い。
 草薙さんはことし5月、これらの資料を多数引用した「僕はパパを殺すことに決めた」(講談社)を出版。情報源について「Aさんという人から許しを得て捜査資料の開示を受けた」と説明していた。
(共同)

-----------------------------------------
少年調書流出、引用本の著者不起訴へ 取材の範囲と判断
http://www.asahi.com/national/update/1011/OSK200710100081.html
2007年10月11日07時31分
 昨年6月に奈良県田原本町の家族3人が焼死した放火殺人事件をめぐり、中等少年院送致になった長男(17)らの供述調書を引用した本「僕はパパを殺すことに決めた」(講談社)が出版された問題で、奈良地検は長男の精神鑑定をした京都市の医師(49)を刑法の秘密漏示罪で起訴する一方、本の著者でフリージャーナリストの草薙厚子氏(43)は不起訴とする方針を固めた。草薙氏は流出を働きかけた「身分なき共犯」にあたる可能性があるとみていたが、上級庁と協議し、取材の範囲で立件は難しいと判断したとみられる。
 調べでは、医師は昨年10月ごろ、奈良家裁であった非公開の少年審判で長男の精神鑑定を担当した際、家裁から貸し出しを受けた供述調書のコピーを自宅で草薙氏に見せ、職務で知った関係者の個人情報を漏らした疑いが持たれている。医師は任意の調べに「何度も頼まれたから調書を見せたが、そのまま本に引用するとは思っていなかった」と説明。草薙氏は取材源を黙秘していた。
 草薙氏は医師に調書を見せてくれるようメールなどで働きかけたとされる。だが、通常の取材の範囲を超えた金銭の受け渡しや違法行為がなく、地検は起訴できないとの判断を固めたとみられる。2人を仲介したとみて家宅捜索した京大教授(49)も直接関与はないと判断したとみられる。
 地検は6月に長男と父親から、精神的苦痛を受けたとして告訴を受け、9月14日に医師や草薙氏の自宅などを家宅捜索し、事情聴取していた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
奈良少年調書流出 鑑定医を秘密漏示容疑で逮捕 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる