医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 川崎病の関連遺伝子

<<   作成日時 : 2007/12/18 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

川崎病に関連遺伝子 発症しやすい配列解明 理研など
http://www.asahi.com/life/update/1216/TKY200712160153.html
2007年12月17日07時00分
 子どもに発熱や発疹などの症状が出る川崎病にかかわる遺伝子を、理化学研究所などのチームが突き止めた。遺伝子のタイプによっては2倍近く発症しやすく、心臓の冠動脈に瘤(こぶ)ができる合併症や治療効果とも関係するという。川崎病が報告されてから40年たつが原因はわかっておらず、原因解明や治療法の選択に役立つと期待されている。
画像 理研遺伝子多型センターの尾内善広・上級研究員らが米カリフォルニア大サンディエゴ校と共同で研究。論文は17日(日本時間)付米科学誌ネイチャージェネティクス電子版で発表された。
 川崎病との関連がわかったのは「ITPKC」という遺伝子だ。尾内さんらは、兄弟姉妹で発症した患者78組の協力で、関連遺伝子がありそうな場所を10カ所見つけた。さらに患者と患者以外の人を比較し、米国人患者のデータも解析した。
 この遺伝子には、遺伝暗号を記す塩基の並び方が1カ所変わったタイプがある。このタイプの人は川崎病を1.89倍発症しやすく、合併症も2.05倍起きやすかった。合併症を防ぐために投与する薬、ガンマグロブリンの効果が不十分な人にも多かった。
 この遺伝子は、免疫を担うT細胞を活性化する物質インターロイキン2の増加を抑制し、過剰な免疫反応を抑えることもわかった。川崎病の発症直後はインターロイキン2の濃度が高く、合併症の患者はさらに高いという報告もある。遺伝子の塩基配列の違いが関係しているとみられる。

-----------------------------------------
Nature Genetics
Published online: 16 December 2007 | doi:10.1038/ng.2007.59

ITPKC functional polymorphism associated with Kawasaki disease susceptibility and formation of coronary artery aneurysms

Yoshihiro Onouchi1, Tomohiko Gunji1,2, Jane C Burns3, Chisato Shimizu3, Jane W Newburger4, Mayumi Yashiro5, Yoshikazu Nakamura5, Hiroshi Yanagawa6, Keiko Wakui7, Yoshimitsu Fukushima7, Fumio Kishi8, Kunihiro Hamamoto9, Masaru Terai10, Yoshitake Sato11, Kazunobu Ouchi12, Tsutomu Saji13, Akiyoshi Nariai14, Yoichi Kaburagi14,26, Tetsushi Yoshikawa15, Kyoko Suzuki16, Takeo Tanaka17, Toshiro Nagai18, Hideo Cho19, Akihiro Fujino20, Akihiro Sekine21, Reiichiro Nakamichi22, Tatsuhiko Tsunoda22, Tomisaku Kawasaki23, Yusuke Nakamura24,25 & Akira Hata1
Abstract

Kawasaki disease is a pediatric systemic vasculitis of unknown etiology for which a genetic influence is suspected. We identified a functional SNP (itpkc_3) in the inositol 1,4,5-trisphosphate 3-kinase C (ITPKC) gene on chromosome 19q13.2 that is significantly associated with Kawasaki disease susceptibility and also with an increased risk of coronary artery lesions in both Japanese and US children. Transfection experiments showed that the C allele of itpkc_3 reduces splicing efficiency of the ITPKC mRNA. ITPKC acts as a negative regulator of T-cell activation through the Ca2+/NFAT signaling pathway, and the C allele may contribute to immune hyper-reactivity in Kawasaki disease. This finding provides new insights into the mechanisms of immune activation in Kawasaki disease and emphasizes the importance of activated T cells in the pathogenesis of this vasculitis.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
川崎病の関連遺伝子 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる