医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 東大、入学者3千人に予防接種の有無確認へ

<<   作成日時 : 2008/01/05 00:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

東大、入学者3千人に予防接種の有無確認へ
http://www.asahi.com/life/update/0104/TKY200801040038.html
2008年01月04日10時23分 asahi.com
画像 はしかが若い世代で昨春大流行したのを受け、東京大学は今年4月入学の学生約3000人から、予防接種の有無を確認することを決めた。学生に自覚を促す狙い。大学が予防接種歴を確認するのは異例で、他大学にも広がるか注目される。
 対象は結核、はしか、日本脳炎など7種の定期予防接種、おたふく風邪と水ぼうそうの任意接種の計9種類。入学予定の学生に申告書を送り、母子健康手帳などで確認、4月に提出させる。はしかについては、未接種者や1回接種の学生には、入学前のワクチン接種を呼びかけ、接種を確認できなければ、学内で抗体検査を受けるよう勧める。
 昨春、はしかが広がった10〜20代は1回しか接種を受けずに免疫を十分に確保できていない人がいるとみられ、数年に1度の周期で流行を繰り返している。厚生労働省は予防接種法施行令を改正して新年度から5年間、中学1年と高校3年時に接種を実施。また1回しか接種していない現在の小学2年以上の子には、高校卒業までに2回目接種の機会をつくる。
 厚労省によると、昨年4〜7月に全国263校がはしかで休校。大学83校、高校73校で約6割を占めた。東大は休校しなかったが1、2年生を中心に流行。昨夏、無料でワクチン接種を実施したが、受けたのは600人程度だったという。
 現在の高校3年は、1回接種で入学する最後の世代。東大保健センターの上原誉志夫・准教授は「学生に隔離を呼びかけるだけでは十分な効果はみられなかった。接種を徹底して流行を食い止めたい」と話す。

---------------------------------------
はしか感染者は「お断り」 東大「五月祭」始まる
http://www.asahi.com/special/0521/TKY200705260069.html
2007年05月26日12時29分 asahi.com
 東京大学本郷キャンパス(東京都文京区)で26日、学園祭「五月祭」が始まった。首都圏の大学ではしか感染による休講が相次いでいるため、赤門前には感染が疑わしい人には来場を断る内容の看板が置かれた。
写真東大の赤門前では、学生らがはしか感染拡大への注意を呼びかけるビラを配っていた=26日午前、東京都文京区で
 五月祭は今年で80回目。27日までで約6万人の来場が見込まれる。同祭の実行委は「無事に終わらせよう」と、イベントや模擬店を手がける学生には予防接種の経験などを事前に確認。来場者にはチラシや看板で感染被害の防止を呼びかけた。
 別の大学から訪れた女子大学生(21)は「ちょっと怖い」。東大文学部4年の男子学生は「これだけの対策があれば心配ない」と話した。
 東大では、本郷を含む3キャンパスで計18人(24日現在)の感染者が出ているが、休講などの措置はとっていない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
結核は他人事だと思っていた
結核なんて他人事だと思っていた。BCGを受ければ絶対に結核にならないの? ...続きを見る
結核の恐怖
2008/01/19 08:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東大、入学者3千人に予防接種の有無確認へ 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる