医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 小児病理専門医の不足/英国医療事情 子どもの遺体の違法な移送

<<   作成日時 : 2008/01/07 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 病理学者の不足のために、検死調査のため子どもの死体が違法に国中を移送されている。小児専門医のみが行うことを推奨されているため家族から遠く離れた所へ遺体が送られることになる。訓練されたスタッフの不足問題が差し迫った課題である。
 2004年、予期しない小児の死亡は、小児専門医が取り扱うべきであると、ロイヤルカレッジの専門家により、2人の子どもの死亡事件を受けての発表があった。しかし専門医は少なく、小児病理専門医は40人にすぎない、特に南西部で著しい。事件後さらに志望者が減少している。
------------------------
倫敦MBA日記
http://blog.livedoor.jp/paulista/archives/2005-02.html
デタラメな確率
今タームから受講している科目に「Decision Risk Analysis」があります。ビジネス上のリスクや不確定要素を統計学の手法を使って解析しようというものです。先週の授業では統計学が誤って使用された例、また一般の人々がいとも簡単にその誤った数字にミスリードされてしまった例がいくつか紹介されました。その中で特に気になったケースについて紹介します。
乳幼児突然死症候群(SIDS: Sudden Infant Death Syndrome)で子供を亡くした母親が殺人罪に問われたケースです。イギリスで特に有名なケースとして二人の子供をSIDSで亡くしたSally Clarkのケースがあります。彼女は裁判では有罪が宣告され、終身刑に服していましたが、最近になってその判決は破棄され晴れて自由の身となったそうです。この裁判で検察官が使ったのが「確率」だったのです。検察官の主張はこうでした。「イギリスでは新生児8500人に1人がSIDSで死亡する。その確率は8500分の1である。同じ母親から生まれた二人の子供がSIDSで死亡する確率は、8500の二乗分の1、つまりは7300万分の1である。」検察官はこの数字をもとに、Sally Clarkの二人の子供が自然死である確率は7300万分の1という主張を繰り広げました。この数字が決定打となり、Sally Clarkは有罪が宣告されたそうです(7300万分の1とはいえ推定無罪が働くとは思うのですが)。しかし後年、この確率論は全くのデタラメという事が認識され、この有罪判決は破棄される事となりました。また三人の子供をSIDSで亡くし、殺人罪で有罪判決を受けた母親のケースも最近その判決が破棄されました。

では本当の確率はどの程度なのだろうかと思い、BBC Newsで調べてみました。この記事によると..
-英国ではSIDSが年間約300件発生している。
-SIDSは遺伝子の異常が原因の可能性がある。
-単純計算では英国の1600人の新生児のうち1人がSIDSで亡くなっている。
-しかし、例えば母親が27歳以下で既に一人以上の子供がいて、両親が喫煙者で失業者という場合その割合は200人に1人となる。
-上記のどの条件も当てはまらない両親の場合にその割合は8500人に1人となる(Sally Clarkの裁判に使用された数字)。
-子供をSIDSで亡くしたことのある両親の子供はSIDSで亡くなる確率が通常より高い

とこれらの事実を列挙してみるとSally Clarkのケースで使用された7300万分の1という確率が如何に確固たる根拠の無い数字であったかがハッキリとします。かわいい我が子をSIDSで亡くした上に殺人の汚名まで着せられた彼女の悲しさ、悔しさは計り知れないものだったでしょう。SIDSの原因・対処方法の発見が1日でも早くなされる事を祈っています。
---------------------------------------
Last Updated: Friday, 4 January 2008, 07:45 GMT
Children's bodies moved illegally
http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/7170106.stm

画像Sally Clark
Sally Clark was wrongly accused of murdering her two children

Children's bodies are being illegally transported across the country for post mortem examinations because of a shortage of pathologists, say experts.

Members of the Royal College of Pathologists and the British Medical Association say officials are turning a blind eye to get the job done.
Recommendations that only child experts do the work mean bodies are being sent miles away from families, they say.
The Department of Health said it regretted the impact on parents.

Babies who require post-mortems will be going to other parts of the country which is inadequate and, from the point of view of the family, completely unsatisfactory
Dr Chris Wright of the Royal College of Pathologists

Anne Viney of Cruse Bereavement Care said it could add to the distress of families to have their loved one's body taken miles away for a post mortem.
"Some families want to view the body and for them, having the body taken miles away can be extremely difficult."
She stressed the importance of providing information and support to families at this difficult time.
"It is important that we do everything we can to keep families in the loop and to help them deal with the situation. If there is going to be a difficulty it is best to explain it straight away."
Experts said the pressing issue was the shortage of trained staff.
In 2004, the Royal College of Pathologists and the Royal College of Paediatrics and Child Health said child specialists should deal with unexpected infant deaths.
This followed the case of solicitor Sally Clark, who was cleared by the Court of Appeal of murdering her two children.
The aim was to minimise the risk of wrongful convictions while protecting children and helping professionals learn more about the causes of sudden infant deaths.
Recruitment crisis
But Dr Chris Wright, chairman of the prenatal, perinatal and paediatric pathology specialty advisory committee at the Royal College of Pathologists, told BMA News this had put increased pressure on an already stretched profession.
"There aren't enough people to do the job and there are particular problems in the South West.
"Babies who require post-mortems will be going to other parts of the country which is inadequate and, from the point of view of the family, completely unsatisfactory."
Gloucestershire coroner and president of the South Western Coroners' Society Alan Crickmore confirmed the problem.
"I currently send [infants' bodies] to Birmingham for post mortems. In doing this I act unlawfully.
"The Ministry of Justice is fully aware of this problem, and we all turn a blind eye to it to get the job done for the benefit of the bereaved."
Miles from family
Dr Wright said there were only about 40 paediatric pathologists, a number that is insufficient to cope with the workload.
Anne Thorpe of the Coroners' Society of England and Wales said recruitment was a longstanding problem.
"It was exacerbated after the incident at Alder Hey children's hospital, where post mortems were not properly completed and organs were stored for a long time.
"Pathologists were vilified in the press and the number of trainees who chose to specialise in paediatric pathology fell even further."
A Department of Health spokeswoman said the plan was to change the law so bodies could be moved further afield.
"We recognise and regret the impact the shortage of paediatric pathologists can have on parents and families who need to understand the reasons for the death of a child," she said.
"However, all post mortems are done to a high standard by an appropriately trained specialist.
"We are working with the Royal College of Pathologists to help increase recruitment into the subspecialty of paediatric pathology.
"In the Coroners Bill, which will be brought before Parliament as soon as time allows, the practice will be given statutory authority."

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小児病理専門医の不足/英国医療事情 子どもの遺体の違法な移送 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる