医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS Hibワクチン計画でウガンダの髄膜炎を征圧

<<   作成日時 : 2008/04/02 00:27   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ウガンダのワクチンプログラムで小児髄膜炎の危険なタイプを征服
DONALD G. McNEIL Jr.
Published:2008年3月11日
画像 今週発表された研究によると、ウガンダでワクチンが導入された後事実上ちょうど5年で、小児髄膜炎の危険なタイプは根絶された。年に5,000人の子供の命を救うと概算される。
 Dr. Julian Lob-Levyt(ワクチン資金を提供したGAVI同盟の事務局長)は、「私達が100パーセントの落下というようなインパクトを見たのははじめてだ」と言う。「これが他の国でも繰り返されることができることを望む」。
 世界保健機構によって発表された研究は2001年から2006年の発症例を監視した。
 haemophilus influenzaeタイプB(髄膜炎や肺炎を起こす細菌)に対して、Hibとして知られているワクチンが保護する。世界で386,000人の子供が毎年死亡し、300万人は聴覚障害、麻痺、または発達の遅れのような厳しい後遺症を持つ。
 ワクチンは1991年にできたが、2000年のワクチンと免疫化のためのグローバルな同盟ができるまでは第3世界ではまれにしか使われていなかった。貧しい国に提供された価格でさえ、それは他のワクチンの7倍多くの7ドルかかる。
 同盟は国連健康機関、世界銀行、ワクチン会社、大学、およびメリンダ・ゲイツ財団が参加、予防接種のための国際金融施設によって出された債権における10億ドルから資金を受けた。
大量注文を保証することによって、同盟は、ワクチンの価格を下げようとした。
 それは、それが2000年以来230万の早い死者を防止することに役立っていたことを概算します。
 先進国では、Hibワクチンは一般に生後8週で接種をうける。
---------------------------------------------
Uganda: Vaccine Program Vanquishes a Dangerous Type of Childhood Meningitis
By DONALD G. McNEIL Jr.
Published: March 11, 2008
http://www.nytimes.com/2008/03/11/health/11glob.html?ref=health

A dangerous type of childhood meningitis has been virtually eliminated in Uganda in just five years after a vaccine was introduced, according to a study released this week.

That should save the lives of 5,000 children a year, the authors estimated.

“This is the first time we’ve seen this kind of impact, a 100 percent drop,” said Dr. Julian Lob-Levyt, executive secretary of the GAVI Alliance, which paid for the vaccines. “We hope this can be repeated in other countries.”

The study, released by the World Health Organization, monitored cases from 2001 to 2006.

The vaccine, known as Hib, protects against haemophilus influenzae type B, a bacterium that can inflame the lining of the brain or cause pneumonia. Each year, it kills 386,000 children globally. Three million more have severe side effects like deafness, paralysis or retardation.

The vaccine has existed since 1991 but was rare in the third world until the creation of the alliance ― originally the Global Alliance for Vaccines and Immunization ― in 2000. Even at prices offered to poor countries, it had cost $7 , seven times as much as other vaccines.

The alliance joins United Nations health agencies, the World Bank, vaccine companies, universities and the Bill & Melinda Gates Foundation, and receives money from $1 billion in bonds issued by the International Finance Facility for Immunization.

By guaranteeing large orders, the alliance tries to drive down the price of vaccines. It estimates that it has helped prevent 2.3 million early deaths since 2000.

In wealthy countries, Hib vaccine is typically given at the age of 8 weeks.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Hibワクチン計画でウガンダの髄膜炎を征圧 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる