医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 小児に対するロタウイルス・ワクチンRotarix 認可/米国

<<   作成日時 : 2008/04/15 01:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 Rotarix(ロタウイルスのいくつかの株によって起こされる胃腸炎を予防するワクチン)は米国食品医薬品局FDAによって承認された。液状のワクチンを6-24週に2回服用する。
 毎年米国で約270万人の子供に発症する胃腸炎で、嘔吐と下痢を起こす。食品医薬品局は、ちょうど70,000人は入院を必要とし、60人もの死者が毎年このウイルスによって起こされると言う。当局は、予防接種がなければ、ほとんど、米国のすべての子供が5歳までに少なくとも1回感染させられるであろうと概算している。
 Rotarixは、ロタウイルス感染を予防する米国で認可された2番目のワクチンである。FDAによれば、GlaxoSmithKlineによって製造されたRotarixは24,000人を超える幼児に試され、臨床試験で効果的であると判明した。報告された副作用は神経質、過敏症、咳、鼻汁、熱、食欲不振、および嘔吐である。
--------------------------------------
Rotarix Approved to Treat Rotavirus in Children
Germ causes gastroenteritis
-- Scott Roberts
http://health.msn.com/medications/articlepage.aspx?cp-documentid=100199750

FRIDAY, April 4 (HealthDay News) -- Rotarix, a vaccine to prevent gastroenteritis caused by several strains of rotavirus, has been approved by the U.S. Food and Drug Administration.

The liquid vaccine is given in a two-dose series to infants aged 6 weeks to 24 weeks. Gastroenteritis, affecting some 2.7 million children in the United States each year, causes vomiting and diarrhea. As many as 70,000 of these cases require hospitalization, and as many as 60 deaths are caused by the virus each year, the FDA said.

The agency estimated that without vaccination, nearly every child in the United States would be infected at least once by age 5. Rotarix is the second vaccine approved in the United States to prevent rotavirus.

Rotarix, manufactured by GlaxoSmithKline, proved effective in clinical testing involving more than 24,000 infants, the FDA said. Reported side effects included fussiness, irritability, cough, runny nose, fever, loss of appetite and vomiting.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小児に対するロタウイルス・ワクチンRotarix 認可/米国 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる