医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 自閉症キレート療法で死亡 起訴は取り下げ/米国

<<   作成日時 : 2008/05/10 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自閉症キレート療法で死亡 起訴は取り下げ
 間違った薬を投薬して自閉症児が死亡したとしてペンシルバニアの医師が告発されたが取り消された。
 キレート療法は重金属中毒の治療として認可されているが、自閉症の治療としてはFDAは認可していない。Dr. Roy Kerry は昨年過失致死で地方検事により起訴されたが、最近起訴取り下げに動き、裁判官が認めた。ライセンスを取り上げられていたが、再認可される予定。
 2005/08 5才の自閉症の少年にキレート治療を施行、直後に心停止し死亡した。CDCの調査でCalcium Disodium EDTAの代わりにDisodium EDTAという合成アミノ酸を使用されたとわかった。州当局の調査では、時間をかけて投与すべきところを急速静注したことが致命的となったとされた。
 弁護士は、死亡が薬物によるものではないと主張し、"preferred"薬剤ではないが、間違った薬ではなく投与法も間違っていないとし、死亡原因は心臓の問題からきていると言う。
 両親は英国から子どもの自閉症の治療のためにピッツバーグに来ていた。その後帰国した。民事の家族代理人は、決定には同意できず失望しているが、刑事担当の地方検事には敬意を表すると述べた。不適切な行為で、間違った薬剤を間違った方法で治療したと述べた。
--------------------------------
FDAは1月に安全性情報を発表し、それをもとに、日本でも2月に厚労省から医薬品安全性情報が出された。
http://www.nihs.go.jp/dig/sireport/weekly6/04080221.pdf
医薬品安全性情報Vol.6 No.04(2008/02/21)
Vol.6(2008) No.04(02/21)R02
【 米FDA 】 Edetate disodium (EDTA):edetate calcium disodium との取り違え等に対する注意喚起
Edetate disodium 〔marketed as[‘Endrate’] and generic products〕
Public Health Advisory 通知日:2008/01/16
http://www.fda.gov/cder/drug/advisory/edetate_disodium.htm
◆公衆衛生勧告
FDA は,患者および医療従事者に対し,edetate disodium(EDTA)に関する重要な安全性情報に注意を喚起する。Edetate disodium をedetate calcium disodium(calcium disodium versenate)*1 と誤って投与したことや,edetate disodium を「キレート療法」その他のFDA 未承認の用法で使用したことにより,小児および成人が死亡した例が報告されている。これを受けてFDA は,edetate disodium のベネフィット対リスクのプロファイルをレビューし,本薬の承認適応におけるベネフィットが上記の重大なリスクを上回るかについて検討している。
上記のedetate disodium とedetate calcium disodium の名称は非常に類似しており,いずれも通常は単に「EDTA」と呼ばれている。このため,処方,調剤,投薬に際して取り違えが生じやすい。いずれも,体内の重金属やCa 等のミネラルと結合し,これらを体外に尿中排出させる作用がある。FDA は本来,この2 種の薬剤を下記のような非常に異なる特定の使用目的のため承認した。
Edetate disodium は,高カルシウム血症(血中カルシウム濃度が非常に高くなる)と呼ばれる症状を呈する患者や,血中ジギタリス濃度の著しい上昇に起因する心調律の異常が生じた患者に対する救急処置を適応として承認された後,長期間が経過している。本薬の承認以降に,同じ適応症をもつ新たな薬剤が数種承認されている。
Edetate calcium disodium も承認から長期間経過した薬剤であり,血中鉛濃度が著しく高い場合(重度の鉛中毒)に濃度を低下させる目的で現在も使用されている。重度の鉛中毒の治療薬がほとんどないため,edetate calcium disodium は医療上必要な薬剤である。
 長年の間に,この2 種の薬剤はFDA が承認していない複数の用途で臨床使用されるようになった。例として,通常「キレート療法」と呼ばれている血中からの重金属の除去および心疾患(冠動脈疾患)の治療がある。
2006 年3 月3 日,CDC(米国疾病管理予防センター)は,Morbidity and Mortality Weekly Report に,edetate disodium をedetate calcium disodium と誤って投与されたことによる死亡に関する記事A を公表した。FDA は2007 年初め,上記2 種の薬剤の混同により,さらに小児1 人が死亡したとの報告を受けた。このような投薬過誤は致死的な可能性があるため,CDC は病院に対し,薬剤部に edetate disodium の在庫を保持する必要性について検討するよう勧告した。FDA はこの勧告を,この2 種の医薬品を混同するリスクを減少させる方法であるとして支持している。

--------------------------------------------------
Charges Dropped Against Doctor Over Autistic Boy's Death
http://abcnews.go.com/Health/Autism/wireStory?id=4798504
Charges Dropped Against Pa. Doctor Accused of Giving Wrong Drug to Autistic Boy Who Died
By DAN NEPHIN Associated Press Writer
PITTSBURGH May 6, 2008 (AP)
The Associated Press

Criminal charges were dropped Tuesday against a doctor accused of causing the death of a 5-year-old autistic boy by incorrectly administering the wrong drug for him.
IV
画像Criminal charges against a Pennsylvania doctor who administered chelation therapy to a young patient who later died have been dropped.
(Getty Images)

Dr. Roy Kerry was trying to use chelation therapy on Abubakar Tariq Nadama in 2005. Chelation is an approved treatment for acute heavy metal poisoning and while some people believe it is a promising treatment for autism, the Food and Drug Administration and Centers for Disease Control and Prevention do not agree.

The Butler County district attorney charged Kerry last year with involuntary manslaughter, endangering the welfare of a child and reckless endangerment, but recently moved to drop charges. A judge granted the dismissal on Tuesday.

Kerry, 70, still faces a civil lawsuit by the boy's parents.

In a petition, prosecutor William Fullerton asked that the charges be dropped after reassessing the merits of the case and "given the existence of additional and more germane judicial avenues for addressing the conduct of Dr. Kerry."

A message left for the prosecutor seeking comment was not returned Tuesday.

Kerry had surrendered his license pending the outcome of the case, but his license will be reinstated based on the withdrawal of the criminal charges, a Department of State spokeswoman said.

The boy went into cardiac arrest in Kerry's office on Aug. 23, 2005, immediately after receiving chelation therapy.

The CDC, which investigated the boy's death, has said the boy was given a synthetic amino acid called Disodium EDTA instead of Calcium Disodium EDTA. Both are odorless, colorless liquids and may have been confused, the CDC found.

The Department of State also contended Kerry prescribed an IV push ― giving the drugs in one dose intravenously instead of over a period of time ― despite warnings that it could be lethal.

Kerry's attorney, Al Lindsay, denied that the drug caused the boy's death. He said Tuesday that the drug given was not the wrong drug, as prosecutors contended, though he said it was not the "preferred" drug. He also said it was not administered incorrectly.

"The administration by an IV push is the preferred method to do it," Lindsay said.

Lindsay said the boy died of a lack of oxygen to the brain, which was caused by a heart problem not associated with the drug. Lindsay commended the district attorney's office for dropping the charges and said his client was relieved.

"There was a lot of misinformation that was out there and we were anxious to present it to a jury," Lindsay said. "But the truth of the matter is, we're obviously grateful that the district attorney took this position."

The boy's parents, Mawra and Rufai Nadama, had moved from Plymouth, England, to the Pittsburgh area to seek treatment for the boy's autism. They have since returned to the United Kingdom.

Attorney John Gismondi, who represents the family in the civil case, said, "I don't agree with the decision and we're disappointed. But I respect that the district attorney is the boss of the criminal case."

He maintains Kerry acted improperly. "It was the wrong drug, given the wrong way," Gismondi said.

(This version CORRECTS prosecutor's surname Fullerton).)

Copyright 2008 The Associated Press. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten, or redistributed.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自閉症キレート療法で死亡 起訴は取り下げ/米国 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる