医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS インドで代理出産の赤ちゃん、夫婦離婚で帰国困難に

<<   作成日時 : 2008/08/08 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

BBCには実名で掲載されている。
 両親が離婚した後でインド人代理母から生まれた日本の乳児の未来は不透明である。母親と代理母の両方が引き取りを拒んでいる。インドの法律上は父親が引き取れない。両親は11月に代理出産の協定にサインし、グジャラート州西部で7/25に生まれ、ジャイプルのラージャスターン病院にいる。インドの法律では未婚者が養子を持つことを禁止している。
 インドでは2002年に営利の代理出産が合法となり、誕生した子どもは法律上の実父母が養子にする必要がある。6月半ばに離婚したためDoctor Yamadaが子どもの保護に来たが、インド法律によれば、独身の父親は女の子どもを養子にできない。 最近数年、インドは代理出産の主要なセンターとなっており、グジャラート州西部がそのハブの役割を担っており、米英その他の国々から顧客を集めている。
 代理出産は6,250〜15,000ドル(25万〜60万ルピー)で貧困層の女性が引き受けている。
-------------
急拡大するインドの代理出産ビジネス
http://kurie.at.webry.info/200803/article_18.html
子宮のアウトソーシング Outsourced Wombs
http://kurie.at.webry.info/200801/article_12.html
-------------------------------------------------
Page last updated at 07:31 GMT, Wednesday, 6 August 2008 08:31 UK
India-Japan baby in legal wrangle
http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/7544430.stm
画像The Japanese baby born to a surrogate Indian mother
The baby is now being looked after by her grandmother

The future of a Japanese baby born to a surrogate Indian mother is uncertain after her parents divorced.
Both the infant's natural and surrogate mothers say they do not want to take custody of her. Her father does, but he is not entitled to under Indian law.
Ikufumi Yamada, 45, and his then-wife Yuki Yamada, 41, signed a surrogacy agreement in November.
The baby was born on 25 July in the western state of Gujarat and is now in a hospital in Jaipur, in Rajasthan.
According to reports, Yuki Yamada no longer wants to adopt the baby. And Indian laws prohibit single men from adopting children.
Commercial surrogacy has been legal in India since 2002 but the child born of such an agreement has to be legally adopted by its biological parents.
'Major hassle'
After her mother refused to adopt the baby, the surrogate mother has also left the infant who is admitted to a hospital in Jaipur.
"Doctor Yamada got divorced around mid-June and after his divorce he came alone to claim the custody of the child," news agency Reuters quoted Dr Sanjay Arya, who is looking after the baby, as saying.
"But, according to Indian laws, a single father cannot adopt a girl child. This is the major legal hassle arising in this case.
The Japanese baby born to a surrogate Indian mother with her grandmother
My son loves the baby very much, says the infant's grandmother
"But the question is when the child has 50 percent of its father's DNA, where does the point arise of him having to adopt the child as he is her natural father?"
The baby is now being looked after by Mr Yamada's mother who doesn't speak any Hindi or English.
"My son loves his daughter very much. I shower all my love and affection on this baby. Tears keep rolling down my cheeks all the time," the baby's grandmother told the BBC through an interpreter.
"The grandmother becomes very emotional when she is told that the child cannot be taken out of India. The lawmakers will have to find some solution for this," Dr Arya said.
In the past few years, India has emerged as a major centre for surrogate pregnancies.
The western state of Gujarat is the hub for such births and gets customers regularly from the US, UK and many other countries.
Working as a surrogate mother, or "renting the womb" as it is generally called, can fetch a woman anywhere from $6,250 to $15,000 (250,000 to 600,000 rupees) - a handsome sum for these women who mostly come from poor backgrounds.
Some commentators argue that the Indian government - often criticised for being conservative in relation to family law - has been remarkably free of prudery in its attitude towards surrogacy.
At a time when the practice is still illegal in many countries around the world, India has drafted guidelines giving women the right to a fee for surrogacy.
The proposals are expected to be turned into law soon.
--------------------------------------------------
インドで代理出産の赤ちゃん、夫婦離婚し帰国困難に
http://www.asahi.com/national/update/0807/TKY200808070382.html
2008年8月7日23時37分
 日本人夫婦が、代理出産が認められているインドに渡航し、契約を結んだインド人代理母から女の赤ちゃんを得たが、帰国が難しくなっていることが7日わかった。出産前に夫婦が離婚をしており、赤ちゃんがパスポートの取得ができずにいるためだ。このトラブルを現地や海外のメディアが報じている。
 代理出産については、日本学術会議が、日本人夫婦による海外での代理出産には子どもの福祉からも、代理母の福祉からも問題があると指摘。今年4月に国内での実施も含め、代理出産の原則禁止をうたった報告書をまとめている。
 現在、赤ちゃんがいる西部ジャイプールの病院などによると、愛媛県の40代の男性医師と妻はインド人女性と代理出産契約を結び、インドの不妊治療クリニックから第三者の卵子提供を受けて7月25日に女児が生まれた。夫婦は子どもが誕生する前の6月に離婚しており、元妻は女児の引き取りを拒否しているという。
 男性医師は赤ちゃんを引き取る意向で、女児はインドのパスポートを取得する方向で検討を始めた。女児は、男性の母親が現地で世話をしているという。
 男性医師によると、すでに代理母を母とする出生届をもらっている。日本大使館からインドでの養子縁組を求められたが、養子縁組を求める自分の名が出生届の父親欄にあるため、養子縁組は難しいと現地で言われたという。
 さらに、養子縁組については、インドでは独身男性は女子を養子にむかえられないという。ただ、病院側は「生物学的な父親なので、本来は養子縁組をする必要はない。インドで生まれたので、市民権を得て、インドのパスポートを取れるはず」と話す。
 インドでは04年に代理出産が認められ、海外からの依頼が急増していると言われる。代理母には多額の報酬が支払われる。経済的理由で貧しい女性が引き受ける場合が多いなどと問題視する声もある。
 女児の場合、かりにインドの市民権、パスポートを得て出国できても、すぐに日本国籍が得られるわけではない。インド人の代理母を母とする出生届を日本で出すだけでなく、父親が認知のための裁判手続きもする必要があるとみられる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インドで代理出産の赤ちゃん、夫婦離婚で帰国困難に 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる