医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国製輸入粉ミルクにFDAが警告

<<   作成日時 : 2008/09/13 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 中国からの輸入粉ミルクにFDAが警告
画像 華僑人口の多い南カリフォルニアを含め米国の華僑コミュニティに向けて警告が出された。中国からの粉ミルク輸入は違法であるが、2004年にニューヨークで見つけられたケースがある。米国では乳児用の粉ミルクはFDAが厳密に制限する権限を持ち、6つの会社(6つのメーカーは、英国を本拠地としているアボットNutrition、ミードジョンソンNutritionals、ネッスル米国、PBM Nutritionals、Solus Products、およびSHS/Nutricia)が販売するのみである。
 2007年に数千匹の犬と猫を病気にしたり、殺した汚染ペットフードの中に入っていたのと同じ物質メラミンが、中国製の粉ミルクに見つかった。メラミンの摂取は腎不全を起こす。
 中国で金曜日にSanlu社がリコールを発表したが、1人が死亡、59人が腎結石と診断された。
 2004年に中国製の粉ミルクがニューヨークの華僑市場で発見されたが、中国ではその年に少なくとも13人の乳児が死亡し、170人以上が重大な栄養障害をきたした。粉ミルクはでんぷん・小麦粉・砂糖で作られていた。
----------------
汚染されたペットフードで犬猫数千匹が死亡で起訴/米国
http://kurie.at.webry.info/200802/article_13.html
---------------------------------------------------
FDA issues warning on imported Chinese baby formula
The agency says that dozens of children in that country have fallen ill and at least one died from kidney problems after consuming tainted formula.
By Rong-Gong Lin II, Los Angeles Times Staff Writer
September 12, 2008
http://www.latimes.com/features/health/la-me-formula12-2008sep12,0,3017065.story

Federal officials on Thursday warned consumers to avoid buying any infant formula imported from China, citing reports of dozens of babies in that country who fell ill with kidney stones after drinking a brand called Sanlu, resulting in at least one death.

The warning was aimed at Chinese American communities across the United States, including Southern California, home to one of the largest ethnic Chinese populations in the nation.

Importing Chinese-manufactured baby formula into the U.S. is illegal, but federal officials say they know of at least one case in which a Chinese brand was found in a New York store in 2004.

"We're concerned that there may be some formula that has come in illegally and could potentially be in the ethnic Chinese markets," said Janice Oliver, a deputy director at the U.S. Food and Drug Administration's Center for Food Safety and Applied Nutrition in College Park, Md.

There is no indication that tainted formula has made it onto U.S. store shelves.

The FDA has strict regulatory authority over baby formula and allows only six companies to distribute it in the United States. None of the firms import ingredients from China, Oliver said.

The six manufacturers are Abbott Nutrition, Mead Johnson Nutritionals, Nestle USA, PBM Nutritionals, Solus Products -- which are all based in the U.S. -- and SHS/Nutricia, based in Britain.

The contaminant in the Chinese infant formula is melamine, the same substance found in tainted pet food that sickened or killed thousands of dogs and cats in 2007.

The addition of melamine, which is normally found in plastics, can make food appear, in testing, to have higher levels of protein. Ingestion of melamine can cause kidney failure.

Cat Chao, a Mandarin-language radio host for Pasadena-based KAZN-AM (1300), said the brand of the tainted baby formula, Sanlu, is popular in China, but said she didn't believe it was available in the U.S.

Nonetheless, the news was a topic of conversation among her co-workers Thursday.

"We do feel like those business guys who want to make money from this product, sometimes you really get angry at those people," Chao said.

In the meantime, Sanlu company officials ordered a recall of its infant formula on Friday, according to the China Daily, the Chinese state-run English newspaper.

The recall came a day after the death of an infant in the northwestern province of Gansu, the newspaper reported.

The infant was among 59 who have been diagnosed with kidney stones in Gansu province this year; there were none in 2006 and 2007.

Reports of kidney stones in infants have spread to six other provinces, according to Chinese media reports.

This is not the first time that problems have been identified with baby formula made in China.

The FDA said that in 2004, Chinese-manufactured infant formula was found in an ethnic Chinese market in New York .

There were no reported illnesses, but lab tests found low quantities of protein, fat, calcium and magnesium in the formula.

Earlier that year in China, at least 13 babies died and more than 170 suffered serious malnutrition when they drank fake milk powder in the impoverished eastern province of Anhui, which is one of the seven provinces affected by the current illnesses.

Lab tests showed that the purported formula was made of starch, flour and sugar.

ron.lin@latimes.com
-------------------------------------------------------
中国の粉ミルク汚染、全国的な広がり…患者は432人に
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080913-OYT1T00516.htm
 【北京=佐伯聡士】中国の甘粛省などで有害物質のメラミンに汚染された同じブランドの粉ミルクを飲んだ乳幼児が相次いで腎結石にかかった問題が、全国的な広がりを見せている。
 中国製冷凍ギョーザの中毒事件に続き、「食の安全」に対する不安が国内外で改めて強まりそうだ。
 新華社電などによると、粉ミルクを製造したのは国内大手の「三鹿集団」(河北省石家荘市)。比較的安価なため、消費者は小都市や農村などの低所得層が中心という。12日までに類似症例が甘粛省で59例見つかり、1人の死亡が確認されたほか、北京や上海、湖北省、江蘇省など少なくとも10省・直轄市に拡大している。衛生省は13日の記者会見で、国内各地の患者数が432人に上ると発表した。
 同集団は、今年3月から8月5日までに製造された粉ミルクがメラミンに汚染されていたことを認めたが、「(酪農家の)不法分子が蛋白質の含有量を高めるため、原料の牛乳にメラミンを添加した」と説明、製造過程での混入を否定している。政府は、同集団を生産停止にしたほか、同集団も9月10日までに問題の粉ミルク8210トンを回収、さらに700トンを回収中という。警察当局は、関係者78人を事情聴取し、メラミンを添加したとみられる容疑者19人を拘束するなど捜査に乗り出した。
 しかし、異常を訴えていた消費者や医療関係者が早くからいたにもかかわらず、対応が後手に回ったことが判明し、インターネット上で激しい批判が噴出している。特に、8月の北京五輪を控えて、同集団や当局が情報を隠ぺいしていた可能性を指摘する見方も出ており、消費者の間では、粉ミルク以外の商品や他のメーカーの乳製品の安全性についても不安が広がっている。
 【メラミン】 食器や日用品などに使われる樹脂の主原料となる有機化合物。無色の結晶で、尿素とアンモニアから合成される。毒性は高くないとされるが、動物実験ではほかの化学物質と反応して結晶化し、腎臓障害を起こす可能性も指摘されている。北米で昨春、ペットフードを食べた犬や猫が大量死した問題でも、原料の中国産小麦グルテンに混入したメラミンが原因とみられている。
(2008年9月13日20時25分 読売新聞)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中国でまた食料汚染!粉ミルクに有害物質混入
中国の食料汚染はひどいものですね。また、今度は粉ミルクに有害物質!罪のない民衆が ...続きを見る
田舎人の日記
2008/09/13 23:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国製輸入粉ミルクにFDAが警告 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる