医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 新型インフルエンザ国内初の二次感染/豚インフルエンザ

<<   作成日時 : 2009/05/16 14:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

新型インフル、国内初の発生確認 神戸の高校生、陽性
http://www.asahi.com/national/update/0516/TKY200905160090.html
2009年5月16日13時10分
 厚生労働省は16日、国立感染症研究所での詳しい検査で、神戸市内の県立高校3年生の男子が新型の豚インフルエンザに感染していることを確認した、と発表した。検疫を除く国内で初めての発生。同じ高校に通う2人の高校生も、神戸市環境保健研究所の検査で、陽性反応が出ている。政府は同日午後、対策本部の幹事会を開き、国内対策をこれまでの「第1段階(海外発生期)」から「第2段階(国内発生早期)」に切り替える予定。
 厚労省によると、3人とも渡航歴はなく、国内で、人から人への感染が広がっている可能性がある。この高校ではほかにも17人が体調不良を訴えており、感染の広がりを調べる疫学調査は5月10日にさかのぼって実施する。
 朝日新聞の取材では、県立神戸高校の生徒らだという。
 政府の方針は今後、水際での食い止め重視から、地域での感染拡大防止を主眼にした段階に移る。
 舛添厚労相は16日午後、記者会見し、「国民の皆さんは正しい情報にもとづき、どうか冷静に対応頂くようお願いします」と呼びかけた。
 舛添厚労相は会見で「患者と濃厚接触した方には外出自粛の要請を行うことになる」と話した。今後については、「まずは正確な情勢把握を急ぎたい」とする一方、国内対策について「感染の状況に応じて、臨機応変に適切にやっていきたい」と述べた。
 神戸市は16日午前7時、矢田立郎市長を本部長とする「新型インフルエンザ対策本部」を開催。3人が通う神戸高校がある同市灘区と、東灘区や中央区の全市立小中高校と幼稚園の計75校園を22日まで7日間、休校・休園にすることを決めた。
 神戸高校も休校を生徒らに通知。市はさらに、隣接する兵庫県芦屋市と3区内の県立・私立高校などにも休校を要請した。芦屋市教委は市内の小中学校と幼稚園を休校・休園とし、神戸大も休講することを決めた。厚生労働省も職員を派遣した。対象の児童、生徒は3万6千人にのぼるという。
 新型インフルエンザの感染が確認されたのは、神戸高校に通う3年生男子(17)。さらに、同市環境保健研究所で陽性反応が出ているのは、同校に通う2年生の男子(16)、2年生の女子(16)。
 感染が確認された3年生男子生徒は11日に悪寒を訴え、12日に登校したが、37.4度の発熱で早退し、市内の診療所を受診し、簡易検査でインフルエンザと判明。15日に同市環境保健研究所がウイルスの遺伝子を調べるPCR検査をしたところ、新型インフルエンザの陽性反応が出た。
 男子生徒は治療薬リレンザの処方を受け、自宅療養していたが、16日、感染の広がりを抑えるために市内の指定病院に入院している。現在の容体は安定しているという。
 2年生男子は15日に発熱し、市内の別の診療所を受診し、簡易検査でインフルエンザと判明。夕方には39.7度の熱が出て、リレンザで治療している。16日未明に市内の指定病院に入院し、同日朝、遺伝子検査で新型インフルエンザの陽性反応が出た。
 2年生女子は12日に発熱。3年生男子と同じ診療所を受診、簡易検査をしたところインフルエンザと判明し、16日未明に市内の指定病院に入院した。16日朝の遺伝子検査で、新型のインフルエンザの陽性反応が出た。現在は熱も下がり、ほぼ回復しているという。
 神戸市は家族などから、3人の行動や接触者らの調査を始めた。いずれも海外渡航歴はなく、家族などには発熱症状などはみられないという。陽性反応が出た3人とは別に、体調不良を訴えている17人の一部は薬で治療を受けている。
 国の新型インフルエンザ行動計画の第2段階は、国内で感染の広がりをできるかぎり抑えることが最大の目的となる。
 都道府県は必要に応じ、学校に臨時休校を勧める。指針では、休校が始まるのは原則として都道府県で1例目の患者が出た場合とされている。ただし、生活圏や通学の状況などを踏まえ、市区町村単位で判断することもありうる。
---------------------------------------------------
運動部が交流した別の高校 11人インフルエンザの診断
http://www.asahi.com/special/09015/OSK200905160068.html
2009年5月16日13時28分
 神戸高校と8日にバレーボールや野球、サッカーなど運動部の交流戦をした神戸市内の県立高校によると、同校で11日からインフルエンザと診断される生徒が出始め、現在、計11人にのぼっているという。この学校では16日朝から、部活動を自粛している。校長は「子どもの安全を第一に考えて対応したい」と話している。
----------------------------------------------------
東灘・灘・中央区の市立校が休校 芦屋市内も神戸大も
http://www.asahi.com/national/update/0516/OSK200905160003.html
2009年5月16日13時4分
写真:小学校の校門の前には、学校行事の中止を知らせる掲示が出された=16日午前11時26分、神戸市、南部泰博撮影小学校の校門の前には、学校行事の中止を知らせる掲示が出された=16日午前11時26分、神戸市、南部泰博撮影
写真:神戸まつり関連のイベントが中止になったことを知らせる張り紙を掲げる市職員ら=16日午前10時15分、神戸市中央区の東遊園地、西畑志朗撮影神戸まつり関連のイベントが中止になったことを知らせる張り紙を掲げる市職員ら=16日午前10時15分、神戸市中央区の東遊園地、西畑志朗撮影
写真:新型インフルエンザについて会見する矢田立郎市長=16日午前8時59分、神戸市中央区、西畑志朗撮影新型インフルエンザについて会見する矢田立郎市長=16日午前8時59分、神戸市中央区、西畑志朗撮影
 神戸市は16日午前7時から、矢田立郎市長を本部長とする「新型インフルエンザ対策本部員会議」を開催。3人が通う県立神戸高校がある灘区、隣接する東灘と中央の計3区の全市立小中高校と幼稚園の計75校園を22日まで7日間、休校・休園にすることを決めた。対象の児童、生徒は約3万6千人にのぼる。神戸高校も休校を生徒らに通知。市はさらに、隣接する兵庫県芦屋市と3区内の県立・私立高校などにも休校を要請した。芦屋市教委は市内の小中学と幼稚園を休校・休園とし、神戸大も休講することを決めた。
 神戸市は、15日から始まった「第39回神戸まつり」についても、約7千人が参加するパレードを含めた大半の催しを中止することにした。
 また、矢田市長は「市民・事業者へのお願い」として、不要不急の外出を自粛するよう呼びかけた。
 市はほかに、修学旅行の延期▽3区と芦屋市の保育所、高齢者通所施設への休所要請▽市民からの電話相談窓口(078・322・5000)の新設▽市発熱相談センター(078・335・2151)の回線増加――などを決めた。市役所など公共施設については開館するという。
 一方、兵庫県は高校生1人の感染が国立感染症研究所で確認されたことを受け、新型インフルエンザ対策計画の対策レベルの引き上げなどを検討する。
---------------------------------------------------
〈神戸の高校生、新型インフル確認までの経緯〉
http://www.asahi.com/national/update/0516/OSK200905160054.html
2009年5月16日13時2分
【神戸高校での新型インフルエンザをめぐる経緯】(厚生労働省や神戸市の発表内容などから作成)
5月8日 インフルエンザと思われる症状で部活動を休む生徒が出始める
 11日 バレーボール部の3年男子生徒Aが悪寒を訴える
 12日 生徒Aが発熱、診療所での簡易検査でインフルエンザA型陽性。診療所が詳しい検査を神戸市環境保健研究所に依頼。同日夜に同じ高校の2年女子生徒Bが発熱
 13日 簡易検査で生徒BがA型陽性
 15日 同じ高校のサッカー部の2年男子生徒Cが発熱で高校を早退、簡易検査でA型陽性。生徒Aの検体の詳しい検査で新型の豚インフルエンザ陽性
 同日午後11時ごろ 市が生徒Aに自宅から出ないよう要請、厚生労働省に連絡
 16日午前0時ごろ 市が生徒Aと高校に新型インフルエンザの疑いを伝える
 同日午前0時半ごろ 高校に教職員が集まり、各生徒の家庭に新型インフルエンザの疑いについて連絡
 同日午前1時すぎ 市が記者会見で「新型インフルエンザ国内初感染の疑い濃厚」と説明。同じころ生徒Cが指定病院に入院
 同日午前3時15分 生徒Aが指定病院に入院。この時点でほぼ回復
 同日午前4時半 生徒Bが指定病院に入院、その後に新型インフルエンザ陽性
 同日午前7時 市が新型インフルエンザ対策本部員会議を開催。この高校と同じ学区の市立幼稚園・小中高校などを22日まで休校にすることを決定
 同日午前9時ごろ 市が記者会見で、同じ高校の別の生徒17人が体調不良を訴えていると説明
 同日午前11時ごろ 国立感染症研究所が生徒Aの新型インフルエンザ感染を確認
---------------------------------------------------
神戸の高校生 市の検体検査、採取の3日後
http://www.asahi.com/national/update/0516/OSK200905160038.html
2009年5月16日11時4分
 神戸市環境保健研究所が新型インフルエンザの陽性反応を示した男子高校生の検体を遺伝子検査にかけたのは、診察した医師から届けられてから3日後だった。神戸市が16日、明らかにした。
 市などによると、男子生徒を診察した医師から12日に、季節性インフルエンザの疑いがあると検体が届いた。同じ日に市の発熱外来からも検体が届き、研究所はそちらを優先。その後、市内でノロウイルスによる食中毒が発生し、そちらの検査もしたため、男子生徒の検体の検査に取りかかったのは15日午後になったという。
---------------------------------------------------
新型インフル陽性反応3人に 同じ高校の17人体調不良
http://www.asahi.com/special/09015/TKY200905160009.html
2009年5月16日10時54分
 神戸市は16日、市内の同じ県立高校に通う生徒3人が同市環境保健研究所による遺伝子検査で新型の豚インフルエンザに陽性反応を示したと発表した。神戸市は高校生3人の検体を国立感染症研究所(東京)に送っており、同研究所が詳しく調べる。一部の結果は16日午後にも判明する見通し。3人とも海外渡航歴はなく、国内で人から人へ感染が広がっている疑いが強くなった。感染が確認されれば、空港の検疫を除き、国内初の感染例になる。
 この高校ではほかにも17人が体調不良を訴えており、校内で感染が広がっていないか、神戸市が調べている。神戸市教育委員会は一部の市立幼稚園や小中学校、高校で7日間の休校を決めた。
 新型インフルエンザの陽性反応が出たのは、市内の同じ高校に通う3年生男子(17)、2年生の男子(16)、2年生の女子(16)。
 最初に発覚した3年生男子生徒は11日に悪寒を訴え、12日に登校したが37.4度の発熱があったことから早退し、市内の診療所を受診した。そこで、簡易検査でインフルエンザと判明。15日に同市環境保健研究所がウイルスの遺伝子を調べるPCR検査をしたところ、新型インフルエンザの陽性反応が出た。
 男子生徒は治療薬のリレンザの処方を受け自宅療養していたが、16日、感染の広がりを抑えるために市内の指定病院に入院した。現在の容体は安定しているという。
 2人目の2年生男子は15日に発熱し、市内の別の診療所を受診し、簡易検査でインフルエンザと判明。夕方には39.7度の熱が出て、リレンザで治療している。16日未明に市内の指定病院に入院し、同日朝、遺伝子検査で新型インフルエンザの陽性反応が出た。
 2年生女子は12日に発熱。3年生男子と同じ診療所を受診、簡易検査をしたところインフルエンザと判明し、16日未明に市内の指定病院に入院した。16日朝の遺伝子検査で、新型インフルエンザの陽性反応が出た。現在は熱も下がり、ほぼ回復しているという。
 神戸市は家族などから、3人の行動や接触者らの調査を始めた。いずれも海外渡航歴はなく、家族などには発熱症状などはみられないという。
 3人とは別に、体の不調を訴えている17人の一部は、薬で治療を受けている。
 3人の感染が確認されれば、政府の対策本部は行動計画に基づいて、水際での食い止め重視から、地域での感染拡大防止を主眼にした新たな段階に移るかを検討する。
 国の新型インフルエンザ行動計画は段階に応じてとるべき対策を整理している。国内で患者が確認されれば、これまでの「第1段階(海外発生期)」から、「第2段階(国内発生早期)」に上がる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新型インフルエンザ国内初の二次感染/豚インフルエンザ 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる