医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 新型インフルエンザで国内初の死者/沖縄

<<   作成日時 : 2009/08/15 17:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新型インフル、国内2人目の死者 神戸の77歳男性
http://www.asahi.com/national/update/0818/OSK200908180072.html
2009年8月18日21時18分
 神戸市は18日、新型の豚インフルエンザに感染した同市垂水区の男性(77)が同日早朝に入院先の病院で死亡した、と発表した。国内で新型インフルエンザ感染者の死者は、沖縄県の患者に次いで2人目。男性は糖尿病による腎不全で人工透析の治療を受けていた。急性気管支炎を起こし、持病の肺気腫が悪化したのが直接の死因。市は、新型インフルエンザが急性気管支炎を発症させた可能性があるとみている。
 市によると、男性は16日に38度の熱が出て、翌17日にかかりつけの市内の医療機関を受診。簡易検査では陰性だったが、せきなどの症状が重いため、午後1時ごろに別の市内の病院に入院。改めて簡易検査をしたところインフルエンザウイルスの陽性反応が出た。治療薬タミフルの処方を受けたが、翌18日早朝に容体が急変し、死亡した。
 市が男性から採取した検体をPCR検査(遺伝子検査)したところ、同日午後に新型インフルエンザに感染していたことが判明。男性は糖尿病で腎臓の働きが悪くなり、週に3回、人工透析の治療を受けていた上、もともと重い肺気腫があったという。現在のところ、家族や入院先での感染の報告はないという。
 国立感染症研究所によると、インフルエンザの感染は全国的に拡大傾向にある。沖縄県が最も多く、大阪府や奈良県など関西でも顕著になっているとしている。
------------------------------------------------------------
新型インフル感染の男性死亡
http://www3.nhk.or.jp/news/t10014923091000.html
08月15日 17時43分
 新型インフルエンザに感染した沖縄県に住む50代の男性が、15日朝早く、入院先の病院で死亡しました。厚生労働省によりますと、国内で新型インフルエンザの患者が死亡したのは初めてです。
 沖縄県によりますと、死亡したのは沖縄県に住む50代の男性で、これまでに心筋こうそくを起こしたことがあり、現在は慢性腎不全で人工透析を受けていたということです。男性は今月9日にのどの痛みやせきが出て、12日には39度の発熱に加え悪寒やおう吐の症状を訴え、14日には意識不明になって、15日午前7時前、入院先の病院で死亡したということです。患者から採取した検体を詳しく調べたところ、15日午後、新型インフルエンザに感染していることが確認されたということです。沖縄県は、この男性が心臓病や慢性腎不全を起こしていたうえに、新型インフルエンザに感染したことで死亡したとみています。男性に海外への渡航歴はなく、周囲にインフルエンザの症状を訴える人はいないということです。厚生労働省によりますと、国内で新型インフルエンザの患者が死亡したのは初めてです。厚生労働省は午後6時半から記者会見し、男性が死亡した詳しい経緯や重症になりやすい患者への注意を呼びかけることにしています。
--------------------------------------------------
患者死亡で注意呼びかけ
http://www3.nhk.or.jp/news/t10014926341000.html
8月16日 6時25分
画像 新型インフルエンザに感染した沖縄県に住む50代の男性が、15日に国内の患者としては初めて死亡しました。厚生労働省は、男性のウイルスを国立感染症研究所に送って詳しく調べるとともに、新型インフルエンザの感染が夏に入って広がっていることから注意を呼びかけています。
 死亡したのは、沖縄県宜野湾市に住む57歳の男性です。厚生労働省によりますと、男性は、発熱などインフルエンザの症状を訴え、今月12日から入院して治療を受けていましたが、肝機能障害や肺炎を起こし、15日の朝、死亡しました。男性は、心筋こうそくを起こしたことがあるうえ、慢性腎不全で人工透析を受けていたということで、厚生労働省は、新型インフルエンザへの感染で症状が悪化したとみています。国内で新型インフルエンザの患者が死亡したのは初めてで、厚生労働省は、男性から採取したウイルスを国立感染症研究所に送って、毒性に変化がないか詳しく調べることにしています。また、今月9日までの1週間に報告された新型インフルエンザの集団感染は、全国で554件と、2週続けて増えていて、厚生労働省は注意を呼びかけています。厚生労働省感染症情報管理室の中嶋建介室長は、「通常、インフルエンザは夏に流行しないが、新型インフルエンザは感染が広がっている。重症化しやすい病気の人には、感染の予防や早めの受診を呼びかけたい」と話しています。
--------------------------------------------------
新型インフル国内初の死者、沖縄の50歳代男性
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090815-OYT1T00634.htm
 沖縄県は15日、新型インフルエンザに感染した沖縄本島中部の50歳代の男性が同日未明、入院先の病院で死亡したことを明らかにした。
 同県によると、新型インフルエンザによる死者は国内で初めて。
 同県によると、男性は人工透析を受けており、心臓にも持病があったという。
(2009年8月15日16時57分 読売新聞)
--------------------------------------------------
新型インフル:国内初の死者 沖縄の57歳男性
http://mainichi.jp/select/today/news/20090815k0000e040085000c.html
2009年8月15日 16時52分
 沖縄県は15日、新型インフルエンザに感染した同県宜野湾市の57歳男性が同日午前1時ごろ、入院先の病院で死亡したことを明らかにした。新型インフルエンザによる死者は国内では初めて。
 同県によると、男性は心臓と腎臓に持病があり、人工透析を受けていたという。
--------------------------------------------------
インフルエンザ、県内患者数全国25%2009年8月14日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-148455-storytopic-1.html
 7月27日〜8月2日(第31週)の間に県内で報告されたインフルエンザ患者数684人が、同期間中の全国のインフルエンザ患者数2655人の約4分の1(25・7%)を占めていることが分かった。8月3日〜8月9日(第32週)の全国患者数は13日時点で集計されていないが、県内患者数は同期間1181人と前週に比べ増加していることから、全国に占める県内患者数の割合はさらに高まる公算だ。県によると、報告数の大半が新型インフルエンザの患者とみられる。
 県福祉保健部は、県内感染者が多いことについて「沖縄は梅雨が明けて空気が乾燥した状態にあるのが、県外と比べて感染のスピードが速い一因になっているのではないか」と分析している。
 国立感染症研究所のまとめによると、インフルエンザ患者発生状況の目安となる県内患者報告数を報告施設数で割った定点当たり報告数で、沖縄県は5月11日以降、毎週全国1位を継続して記録。第31週の定点当たり報告数は沖縄が11・97で、2位大阪1・68や全国平均0・56を大きく上回る。
 県新型インフルエンザ対策本部は13日、夏休み明けの学校の休校措置緩和などを決めた。「祭りや部活など多くの人がいる所に行く時、咳(せき)などの症状を感じた人はマスクを着用する習慣を身に付けてほしい。拡大防止のための予防策を心掛けてほしい」と呼び掛けている。
----------------------------
県、インフルエンザ注意報を発令 2009年8月6日
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-148115-storytopic-183.html
 県医務課は6日午前、インフルエンザ流行注意報を発令した。新型インフルエンザの急増が全体の患者数を大きく押し上げ、注意報発令レベルに至った。今後さらに流行する可能性があるという。県は手洗いやうがいの励行のほか、急な発熱やせき、いんとう痛などがある場合、外出を控え、軽症であれば水分・栄養補給を十分に行い、自宅療養するよう呼び掛けている。【琉球新報電子版】
----------------------------
沖縄県がインフルエンザ流行注意報発令、新型が優位
http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20090811/173796/
2009年8月11日
 沖縄県が8月6日、第31週(7月27日〜8月2日)の定点当たり報告数が10人を超えたため、インフルエンザの流行注意報を発令した。流行の特徴は、例年のB型ではなくA型が優位である点。ほとんどの報告が新型インフルエンザ患者であると見られることから、県としては「今後さらに拡大する可能性がある」とし注意を促している。
 沖縄県では例年、夏場にもインフルエンザ流行のピークがあり、そのほとんどはB型によるものだった。今年も第21週(5月18日〜24日)に定点当たり報告数が10人を超えたため、流行注意報を発令していた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新型インフルエンザで国内初の死者/沖縄 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる