医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS マサチューセッツ州 30,000人の移民への医療保障予算を一部復活/米国医療事情 医療制度改革

<<   作成日時 : 2009/08/03 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 マサチューセッツ州は、30,000人の合法移民への完全給付を実現するための予算確保が議会でできなかったため、事実上全ての住民に医療保険を提供するという野心的な計画の調整を余儀なくされた。しかし思ったほどの削減がされず、部分的な保障は残された。
 先月州議会は、赤字削減のため年間約1億3000万ドルかかる移民のための健康保険予算を削除した。水曜日に約30%、4000万ドルを復活したが、どの程度保障されるのかが不明瞭である。影響を受けるのは、5年未満のグリーンカードを持っている永住者である。
 連邦議会が医療制度改革のモデルとして目を向けている中での医療制度実験の最初の後退である。
 民主党のパトリック知事は7000万ドルの復活を希望していたが、議会リーダーは拒否した。影響を受ける移民は、州の皆保険法で低所得層に与えられる助成プログラムであるCommonwealth Careでカバーされている。18-65才で障害のない成人が9月から影響が出る。少なくとも救急医療といくらかの予防医療は利用できるように期待される。
 1996年の連邦法改正により、30,000人の移民がメディケイドなどの連邦助成を受ける資格がなくなった。しかし、カリフォルニア、ニューヨーク、ペンシルベニアとともにマサチューセッツは、そうした移民に何らかの医療保障を行っている数少ない州の一つである。
 3年前にできた法律により、マサチューセッツは無保険者が全国で最も少なく、全国平均15%に対し2.6%である。連邦貧困レベルの3倍の4人家族で年収66,150ドルまでを助成している。しかし景気後退の影響が出てきた。多くの人が失業して、Commonwealth Care への登録が急増している。州の財政も悪化し、昨年の水準維持は困難となっている。
画像

--------------------
マサチューセッツ州 包括支払い方式採用へ/米国医療事情
http://kurie.at.webry.info/200907/article_28.html
皆保険モデル マサチューセッツの現状/米国医療事情
http://kurie.at.webry.info/200905/article_53.html
高騰する医療費問題に直面するマサチューセッツ/米国医療事情
http://kurie.at.webry.info/200903/article_21.html
マサチューセッツ州 無保険者が1年で半減/米国医療事情
http://kurie.at.webry.info/200806/article_4.html
皆保険により逼迫するマサチューセッツの医療/米国医療事情
http://kurie.at.webry.info/200804/article_9.html
---------------------------------------------------
Massachusetts Adjusts a Cut, Providing Some Health Care for 30,000 Immigrants
By ABBY GOODNOUGH
Published: July 29, 2009

BOSTON ― Massachusetts trimmed its ambitious plan to provide health care for virtually all its residents on Wednesday when the legislature failed to restore enough money to the budget to provide full benefits for 30,000 legal immigrants.

It did, however, provide for partial coverage, relieving some supporters of the program, who had feared that the cuts would be deeper.

Last month, to help close a gaping deficit, the legislature eliminated health insurance for the immigrants, which cost about $130 million a year. Wednesday’s vote restored $40 million ― about 30 percent ― leaving unclear just how much care the affected immigrants would qualify for. Those affected are permanent residents who have had green cards for less than five years.

It was the first retreat for the health care experiment just as Congress looked to the state as a model.

“It’s a first step, and we’re pleased they will be covered,” Eva Millona, executive director of the Massachusetts Immigrant and Refugee Advocacy Coalition, said of the partial restoration. “But we still remain very concerned as to what type of coverage they will receive.”

Ms. Millona and other critics of the original cut had said it unfairly affected taxpaying residents and reversed progress toward near-universal coverage.

Gov. Deval Patrick, a Democrat, wanted lawmakers to restore $70 million to the program, but legislative leaders resisted, saying too many other vital programs would have to be cut.

The affected immigrants are covered under Commonwealth Care, a subsidized insurance program for low-income residents that is central to the state’s landmark universal health care law.

The reduced benefits, which will affect only nondisabled adults ages 18 to 65, will take effect in September. Ms. Millona said she hoped that the immigrants would at least remain eligible for emergency care and some preventive care.

Under the 1996 federal law that overhauled the nation’s welfare system, the 30,000 immigrants affected by the loss of coverage do not qualify for Medicaid or other federal aid. Massachusetts is one of the few states ― others are California, New York and Pennsylvania ― that nonetheless provide at least some health coverage for such immigrants.

Because of its three-year-old law, Massachusetts has the country’s lowest percentage of uninsured residents: 2.6 percent, compared with a national average of 15 percent. The law requires that almost every resident have insurance, and to meet that goal, the state subsidizes coverage for those earning up to three times the federal poverty level, or $66,150 for a family of four.

But the recession has made an already difficult experiment far more challenging. Enrollment in Commonwealth Care has risen sharply in recent months, to 181,000, as more people have lost jobs. That increase, combined with plummeting state revenues, made it impossible to maintain last year’s level of service, state officials said.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マサチューセッツ州 30,000人の移民への医療保障予算を一部復活/米国医療事情 医療制度改革 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる