医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 持病のない24才女性が新型インフルエンザで死亡/沖縄

<<   作成日時 : 2009/09/17 02:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

インフルエンザ/医師の一分
http://kurie.at.webry.info/theme/b0edbea92d.html
ブタインフルエンザ重症型への警告/新型インフルエンザH1N1 WHO
http://kurie.at.webry.info/200908/article_44.html
ブタインフルエンザウイルスは持続的に呼吸器を攻撃/新型インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200908/article_25.html
小児の新型インフルエンザ重症例
http://kurie.at.webry.info/200908/article_26.html
ブタインフルエンザによる妊婦のリスク/新型インフルエンザ CDC
http://kurie.at.webry.info/200907/article_40.html
肥満が新型インフルエンザの重症化に関係/米国医療事情 豚インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200905/article_39.html
厚生労働省による新型インフルエンザの流行予測/2009パンデミック日本版
http://kurie.at.webry.info/200908/article_43.html
米国人の40%がブタインフルエンザに感染し数十万人が死亡と予測/CDC 新型インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200907/article_37.html
今秋のブタインフルエンザ逆襲に警告/新型インフルエンザ オバマ政権
http://kurie.at.webry.info/200907/article_18.html
ブタインフルエンザのより正確な感染流行データが必要/英国 新型インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200907/article_22.html
----------------------------------------------------------
持病のない感染者 初めて死亡
http://www.nhk.or.jp/news/k10015516051000.html
9月15日17時10分
 新型インフルエンザに感染した持病がない沖縄県の24歳の女性が、15日昼前、入院先の病院で亡くなりました。厚生労働省によりますと、持病のない人が新型インフルエンザによって死亡したのが確認されたのは、国内で初めてです。
 沖縄県によりますと、南風原町に住む24歳の女性が先月26日に発熱の症状が出たため、病院で簡易検査を受けたところ、新型インフルエンザと同じA型と判定され、抗ウイルス薬のリレンザの処方を受けて自宅で療養していました。ところが、31日に症状が悪化し、病院で診察を受けたところ、肺の中でウイルスが増殖するウイルス性肺炎と診断され、この翌日には新型インフルエンザに感染していることも確認されました。このため、この女性は沖縄県内の病院に入院し、集中治療室で人工呼吸器をつけて治療を受けていましたが、症状に改善が見られないまま、15日午前11時すぎに死亡しました。女性に海外渡航歴はなく、持病もなかったということです。厚生労働省によりますと、持病のない人が新型インフルエンザによって死亡したのが確認されたのは、国内で初めてです。
-----------------------------------------------------
新型インフル:沖縄で24歳女性が死亡 基礎疾患なく
http://mainichi.jp/select/science/news/20090916k0000m040049000c.html
 沖縄県は15日、新型インフルエンザに感染した南風原(はえばる)町の女性(24)が入院先の病院で死亡したと発表した。女性に基礎疾患はなかった。厚生労働省によると、国内での新型インフルエンザ感染者の死亡は疑い例も含めて14人となった。20代以下の死者は初めて。基礎疾患のない感染者の死亡は2例目という。
 沖縄県によると、女性は8月26日に発熱して病院で受診。A型インフルエンザ感染が判明し、吸入式治療薬リレンザを投与されたが、熱が下がらず31日に再受診。新型インフルエンザ感染が分かり、ウイルス性肺炎と診断されて別の病院に入院した。9月9日にくも膜下出血を併発し、15日午前11時過ぎに死亡した。
 女性は3人家族で、母親と弟も新型インフルエンザに感染していたが、既に治ったという。【三森輝久】

----------------------------------------------------
新型インフルの24歳女性死亡=持病ない若年層で初−沖縄県
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2009091500666
 沖縄県は15日、新型インフルエンザに感染した県内の女性(24)が同日死亡したと発表した。女性に持病はなかった。直接の死因はくも膜下出血。厚生労働省によると、持病のない感染者の死亡は大阪府の男性(45)に続いて2人目。20代では初の死者となった。
 新型インフルエンザは、頻度は低いものの健康な若年層も重症化するリスクがあるとされ、厚労省は注意を呼び掛けている。
 新型に感染したか感染の疑いのある人の死亡は国内で14人目。
 県によると、女性は8月26日に発熱。簡易検査でA型陽性と診断された。リレンザで治療を始めたが、ウイルス性肺炎となり、集中治療室に入院。今月9日にくも膜下出血を起こした。
 県は家族内感染の可能性が高いとみている。(2009/09/15-19:59)

------------------------------------------------------
新型インフル、世界の重症患者4割は持病なし
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090425-436828/news/20090916-OYT1T00099.htm
 持病のない元々健康な20歳代女性が、新型インフルエンザが原因とみられる症状で亡くなった。
 世界的に見ても重症患者の4割は持病がなく、今後も同様のケースが起きる可能性がある。
 季節性インフルエンザの致死率は0・1%以下で、持病のない人が重症化によって死亡する例があるが、犠牲者は高齢者に多い。一方、多くの人に免疫がない新型インフルエンザの致死率は0・4%とされ、65歳以下の人の入院や死亡例が目立っている。発症してから短時間で重いウイルス性肺炎を起こすなど、15日に亡くなった女性と同様の症状を呈するのが特徴だ。
 厚生労働省の推計では、全国の患者数は今月6日までの1週間で15万人。感染が広がると死者も増えるだろう。重症化予防が期待されるワクチンも、接種が始まるのは10月下旬以降だ。さらに、妊婦や持病を抱える患者から優先的に接種するため、多くの健康な人が接種することは難しい。
 一人一人が手洗いを励行し、人込みを避けるなど感染防止に努め、発症が疑われる場合は早期受診を心がけることが大事だ。(科学部 木村達矢)
(2009年9月16日07時02分 読売新聞)
---------------------------------------------------
新型、軽くてもタミフル早めに…感染症学会
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20090916-OYT1T00336.htm
 日本感染症学会は15日、新型インフルエンザの感染が疑われた場合には、軽症でも、タミフルなどの治療薬を早期に投与すべきだとする提言をまとめた。
 世界保健機関(WHO)は、6歳以上の若年者や64歳以下の成人で、かつ軽症の場合、治療薬の投与は不要とする指針を示している。これに対して、今回の提言は「WHOの指針は治療薬の備蓄が少ない国々の事情を踏まえたもの。備蓄が豊富な日本では、感染が少しでも疑われたら、できるかぎり早く治療薬を投与すべきだ」としている。
(2009年9月16日10時40分 読売新聞)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
持病のない24才女性が新型インフルエンザで死亡/沖縄 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる