医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 12才男児が新型インフルエンザで死亡/横浜

<<   作成日時 : 2009/09/18 00:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

新型インフル:小6男児が死亡 ぜんそくの持病 横浜
http://mainichi.jp/select/today/news/20090918k0000m040106000c.html
2009年9月17日 21時57分 更新:9月17日 23時46分
 横浜市は17日、新型インフルエンザに感染した同市都筑区の市立小6年の男児(12)が同日夕、入院先の市内の病院で死亡したと発表した。気管支ぜんそくの基礎疾患があり、死因は頭蓋(ずがい)内血管腫からの出血とみられるが、インフルエンザウイルスとの関連は不明という。男児はインフルエンザ脳症には罹患(りかん)していなかった。3日未明からウイルス性心筋炎の治療のため集中治療室(ICU)に入っていた。厚生労働省によると、国内の新型インフルエンザ感染者の死亡は疑い例も含めて15人目、未成年の死者は初めて。
 市によると、男児は2日午前、39度台の発熱と嘔吐(おうと)を訴え、近くの医療機関を受診した。簡易検査では新型インフルエンザ陰性だったが、気管支ぜんそくの症状があり、医師の紹介で別の病院を受診。熱が37度台に下がったため帰宅した。
 しかし、翌3日に熱が40度に上がり、再受診して心筋炎と診断された。この時も2回の検査で新型インフルエンザ陰性だったという。
 だが、血液検査の結果、10日にA型インフルエンザ陽性と判明し、14日夕に市衛生研究所の遺伝子検査で感染を確認。17日夕に死亡した。タミフルは投与されなかった。
 タミフルを投与しなかった理由について、市は「発症から感染確定まで48時間以上経過しており、効果がないと判断したのではないか」と話している。【池田知広、高橋直純】
 ◇心筋炎に注意必要 専門家指摘
 心筋炎は心臓の筋肉(心筋)にウイルスなどが感染し炎症を起こし心機能が低下する病気。心筋炎により体内に分泌された物質の影響で、脳出血を起こしやすくなる恐れがある。また、心筋炎の治療には人工補助心臓を使うことがある。血液が固まるのを防ぐ抗凝固剤を用いるため、脳内の血管に弱い部分があると、そこから出血する可能性もある。
 野々山恵章・防衛医大教授(小児科学)によると、インフルエンザウイルスによる心筋炎は、季節性ではあまり起こらないが、新型では報告があり、注意すべき合併症という。野々山教授は「小児の心筋炎は急速に容体が悪化しやすいため警戒が必要だ。新型インフルエンザに伴う心筋炎は頻度としては非常にまれだが、脈が弱かったり元気がなく、ぐったりしていれば、重症化の兆候なので、早期に医療機関で受診してほしい」と指摘している。【江口一、河内敏康】
---------------------------------------------------
新型インフル 小学生初の死者
http://www3.nhk.or.jp/news/t10015575381000.html
9月17日 22時3分
 気管支ぜんそくを患っていた横浜市の12歳の小学生が新型インフルエンザに感染し、17日夕方、死亡しました。厚生労働省によりますと、新型インフルエンザに感染して小学生が死亡したのは、国内で初めてだということです。
 死亡したのは、横浜市都筑区の12歳の小学校6年生の男の子です。横浜市によりますと、男の子は今月2日に発熱やおう吐の症状を訴えました。翌日には熱が40度台まで上がり、意識がもうろうとなったため、横浜市内の病院に入院しました。その際、男の子は心臓の筋肉がウイルスで炎症を起こす「心筋炎」と診断され、治療を受けていました。その後、今月14日に横浜市衛生研究所が遺伝子検査をしたところ、男の子が新型インフルエンザに感染していることがわかり、集中治療室で治療を受けていましたが、17日午後5時50分ごろ、脳内出血のため死亡しました。男の子は、気管支ぜんそくを患っていたということです。厚生労働省によりますと、新型インフルエンザに感染して小学生が死亡したのは国内で初めてだということです。日本小児科学会の横田俊平会長は「日本で新型インフルエンザに感染して肺炎を起こした子どもを見ると、一定程度がぜんそくがある子どもなので、注意が必要だ。新型インフルエンザが疑われる場合は、できるだけ早く治療薬の投与を受けることが重要だ」と話しています。
---------------------------------------------------
新型インフルで12歳男児死亡 横浜、国内最年少
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009091701001048.html
2009年9月17日 22時48分
 横浜市によると、新型インフルエンザに感染した同市内の市立小学校6年の男児(12)が17日、死亡した。気管支ぜんそくの既往症があったという。新型インフルエンザに感染した患者の死亡としては国内15例目。最年少で、未成年は初めて。
 男児は2日に39度の発熱や嘔吐(おうと)の症状を訴えて医療機関で受診。熱が下がらず、意識がもうろうとなったため、3日に再受診し入院した。その際、心臓の筋肉が炎症を起こす心筋炎と診断され、治療を受けていた。
 14日に横浜市衛生研究所の検査で新型インフルエンザと確認され、集中治療室(ICU)で治療を受けていたが、17日午後、頭蓋(ずがい)内出血で死亡した。心筋炎の治療を優先したため、治療薬タミフルなどは投与されなかったという。
 横浜市の担当者は17日の記者会見で「新型インフルエンザ感染と、死因となった頭蓋内出血に因果関係があるかどうかは、現時点では分からない」としている。
 厚生労働省によると、新型インフルエンザの感染は未成年に広がっており、12日までの1週間に臨時休校や学級閉鎖などの措置を取った小中学校、高校、幼稚園、保育園は前週の約2・8倍の約2100施設に上っている。
 15日までの1週間に入院した102人(速報値)のうち、19歳以下の未成年は約8割にあたる84人。一方、約3割が基礎疾患(持病)があるなど重症化のリスクが高い人だった。
(共同)
---------------------------------------------------
新型インフルエンザに感染の12歳死亡 横浜
http://www.asahi.com/national/update/0917/TKY200909170448.html
2009年9月17日22時52分
 横浜市は17日、新型インフルエンザに感染した同市都筑区の小学6年の男児(12)が死亡したと発表した。頭蓋(ずがい)内出血が死因とみられる。気管支ぜんそくの病歴があるが、新型インフルエンザ感染との因果関係は不明という。厚生労働省によると、新型インフルエンザの感染が疑われる患者の死亡は全国15人目。未成年者で亡くなったのは初という。
 市によると、男児は今月2日午前、39度台の熱と吐き気のため近くの病院を受診。発熱が続き、意識がもうろうとしたため翌3日に市内の別の病院に入院した。ウイルスが原因とされることが多いという「心筋炎」と診断され、集中治療室で治療を受けていた。入院後の血液検査でインフルエンザが疑われ、14日に横浜市衛生研究所でA型が確認されたという。
 死因は頭蓋内の血管腫から出血を起こしたためとみられている。横浜市の修理淳・医務担当部長は「心筋炎で出血を起こしやすくなるが、頭蓋内出血も含め、インフルエンザとの関連も現時点では分からない」と説明した。
 日本アレルギー学会によれば、インフルエンザ感染はぜんそくを悪化させる原因のひとつ。呼吸器へのウイルス感染が発作を起こしやすくするという研究があるという。
 厚生労働省のまとめでは、7月28日〜9月1日に新型インフルで入院した患者579人のうち半数弱に持病があり、ぜんそくなど慢性呼吸器疾患は138人と持病の中で最多だった。
 横浜市では夏休み終了後から17日まで、延べ70校82クラスがインフルエンザによる学級閉鎖となっている。
---------------------------------------------------
新型インフル感染の小6男児死亡
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4237210.html
画像 新型インフルエンザに感染した横浜市の小学6年の男子生徒が死亡しました。国内で死亡した患者では最年少です。
 この男子生徒はぜんそくの持病があり、39度台の熱が出たため、今月3日から、市内の病院に入院していました。
 14日に新型インフルエンザの感染が確認され、集中治療室で治療を受けていましたが、17日夕方、死亡しました。
 死因は脳内出血と見られていますが、新型インフルエンザとの関連についてはわからないということです。(17日22:00)
---------------------------------------------------
インフルエンザ/医師の一分
http://kurie.at.webry.info/theme/b0edbea92d.html
ブタインフルエンザ重症型への警告/新型インフルエンザH1N1 WHO
http://kurie.at.webry.info/200908/article_44.html
ブタインフルエンザウイルスは持続的に呼吸器を攻撃/新型インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200908/article_25.html
小児の新型インフルエンザ重症例
http://kurie.at.webry.info/200908/article_26.html
ブタインフルエンザによる妊婦のリスク/新型インフルエンザ CDC
http://kurie.at.webry.info/200907/article_40.html
肥満が新型インフルエンザの重症化に関係/米国医療事情 豚インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200905/article_39.html
厚生労働省による新型インフルエンザの流行予測/2009パンデミック日本版
http://kurie.at.webry.info/200908/article_43.html
米国人の40%がブタインフルエンザに感染し数十万人が死亡と予測/CDC 新型インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200907/article_37.html
今秋のブタインフルエンザ逆襲に警告/新型インフルエンザ オバマ政権
http://kurie.at.webry.info/200907/article_18.html
ブタインフルエンザのより正確な感染流行データが必要/英国 新型インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200907/article_22.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
12才男児が新型インフルエンザで死亡/横浜 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる