医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS インフルエンザ早期治療の徹底を推奨 小児科学会 /新型インフルエンザ 肺炎

<<   作成日時 : 2009/09/23 20:45   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

小児科学会 早期治療の徹底を
http://www.nhk.or.jp/news/t10015654241000.html
9月23日19時38分
画像 新型インフルエンザに感染した子どもが重症になったり、死亡したりするケースが相次いでいることから、23日、日本小児科学会の緊急フォーラムが開かれ、治療にあたった医師が、発熱からわずか十数時間で呼吸困難になるなど急速に症状が悪化するケースがあり、子どもの命を守るためには早期の治療を徹底する必要があると訴えました。
 このフォーラムは日本小児科学会が緊急に開いたもので、都内の会場には、全国の小児科の医師300人余りが集まりました。フォーラムでは、まず、新型インフルエンザで脳症になった子どもは全国で20人に、またウイルス性の肺炎など重症の呼吸障害になった子どもは14人に上ることが報告され、実際に重症の子どもの治療にあたった医師から詳しい報告が行われました。このうち、東京の3つの都立病院の医師らは、これまでに子ども19人が重い肺炎など呼吸障害で入院したと報告し、季節性のインフルエンザよりも高い割合で重症の肺炎が起きているおそれがあり、注意が必要だと訴えました。また、福島県の医師は、9歳の男の子が発熱からわずか十数時間でウイルス性肺炎になり、人工呼吸器が必要となったケースを報告し、急速に症状が悪化するので重症化の兆候を見落とさないことが大切だと訴えました。学会では、各地の医師の報告を基に新たな治療のガイドラインをまとめており、近くインターネットなどを通じて全国の小児科の医師に周知することにしています。日本小児科学会の横田俊平会長は「重症になる子どもは今後、増えると考えられる。ウイルス性の肺炎など季節性のインフルエンザではほとんど見られない症状があり、小児科の医師はより慎重な診療が求められている」と話していました。
------------------------------------------------------
「新型」で入院の子ども、8割に呼吸障害
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090923-OYT1T00652.htm
 新型インフルエンザで入院した子どもの約8割は肺炎など呼吸障害が原因で、熱性けいれんや意識障害などが主な原因となる季節性インフルエンザとは異なる特徴が見られることが、東京都立府中病院などの集計でわかった。
 23日、都内で開かれた日本小児科学会の緊急フォーラムで報告された。
 同病院の寺川敏郎・小児科医長らが、同病院と都立墨東病院、都公社荏原病院に7月から9月7日まで、新型インフルエンザの疑いで入院した子ども23人を調査した。19人が呼吸障害で入院しており、うち7人はぜんそくの持病があった。いずれも重症のぜんそくではなく、既往歴はあるが現在治療をしていない子どももいた。入院した23人は全員、治療で回復した。
 寺川医長は、「ぜんそくがあれば軽くても要注意で、発熱やせきなどに加えて息苦しい、顔色が悪いなどの症状があればすぐに受診してほしい」としている。
(2009年9月23日20時22分 読売新聞)
------------------------------------------------------
新型インフル、呼吸不全も注意 急に症状悪化 小児学会
http://www.asahi.com/health/news/TKY200909230188.html
2009年9月23日21時58分
 新型の豚インフルエンザで脳症になった子どもは全国で20人、呼吸ができなくなる重い呼吸不全(ARDS)になった子どもは14人にのぼることがわかった。いずれも15歳以下で、23日に東京都内で開かれた日本小児科学会の緊急フォーラムで報告された。ARDSにつながる恐れのある呼吸障害が季節性インフルエンザより起こりやすいことを示す調査も報告された。
 厚生労働省のインフル脳症研究班代表を務める森島恒雄・岡山大教授は21日までに新型インフルで脳症になった子どもは20人と報告。「脳症の比率は季節性より多い」という。感染者に小学生以上が多いためか、平均年齢は7.3歳と、3歳以下が多い従来の季節性より高かった。
 また、同学会のまとめでは、21日までに14人の子どもがARDSになった。急激に症状が悪化するので迅速な治療が必要とされる。学会は今回、ARDSの治療戦略も発表した。肺がしぼむのを防ぐため、人工呼吸器で従来より高い圧力で酸素を供給するよう推奨している。経験のある医師がいない場合、地域の他の病院に患者を送ることも必要だという。
 ARDSや肺炎の治療に詳しい小児科医11人の名前や連絡先も小児科学会のウェブサイト(http://www.jpeds.or.jp/)で公開した。
 また、都立府中病院の寺川敏郎医師(小児科)によると、都立府中、墨東、荏原の3病院で7〜9月に新型インフルで入院した小児は23人。うち19人が呼吸障害と、大半を占めた。これに対して過去2年間に都立府中病院に季節性で入院した小児23人では、19人がけいれんや意識障害などで、神経症状の方が圧倒的に多かった。(大岩ゆり)
------------------------------------------------------
インフルエンザ/医師の一分
http://kurie.at.webry.info/theme/b0edbea92d.html
7歳男児が新型インフルエンザで死亡/滋賀 インフルエンザ脳症
http://kurie.at.webry.info/200909/article_30.html
12才男児が新型インフルエンザで死亡/横浜
http://kurie.at.webry.info/200909/article_23.html
迅速検査陰性でも治療薬投与を/新型インフルエンザ検査
http://kurie.at.webry.info/200909/article_29.html
新型インフルエンザはウイルス検出期間が予想より長い
http://kurie.at.webry.info/200909/article_27.html
早期の学校閉鎖が有効/新型インフルエンザ・パンデミック WHO
http://kurie.at.webry.info/200909/article_17.html
ブタインフルエンザによる子どもの死亡は神経疾患を持つ年長児に多い/CDC 新型インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200909/article_4.html
ブタインフルエンザ重症型への警告/新型インフルエンザH1N1 WHO
http://kurie.at.webry.info/200908/article_44.html
ブタインフルエンザウイルスは持続的に呼吸器を攻撃/新型インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200908/article_25.html
小児の新型インフルエンザ重症例
http://kurie.at.webry.info/200908/article_26.html
ブタインフルエンザによる小児の脳炎・脳症/新型インフルエンザ 急性脳症
http://kurie.at.webry.info/200907/article_34.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
インフルエンザ早期治療の徹底を推奨 小児科学会 /新型インフルエンザ 肺炎 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる