医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 新型インフルエンザで4歳男児が死亡 国内最年少 都内で2人目の死者

<<   作成日時 : 2009/10/14 20:19   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

新型インフル、都内の4歳男児が死亡
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4258366.html
画像 東京都によりますと、都内に住む4歳の男の子が新型インフルエンザによる急性脳炎で死亡しました。
 この男の子は今月4日の夜に40度近い熱が出て、翌日の朝、病院で受診。タミフルを処方されて帰宅する途中でけいれんを起こし救急搬送されました。
 6日の朝から血圧が低下して意識がなくなり、人工呼吸器を装着して治療を行ってきましたが、13日夜に死亡しました。
 都内では先週、5歳の男の子が死亡するなど新型インフルエンザウイルスが原因で脳炎を発症する子供が今月に入ってから急増していて、都では「重症化を防ぐためにも早期のワクチン接種が重要」としています。(14日16:06)
----------------------------------------------------
都内で新型インフルの4歳男児、脳炎で死亡
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091014-OYT1T00685.htm
 東京都は14日、新型インフルエンザに感染した都内の4歳男児が、インフルエンザ脳炎で死亡したことを明らかにした。
 国内の死者は疑い例を含め、24人目。このうち男児は最年少で、基礎疾患(持病)はなかったという。
 都によると、男児は今月4日に40度近い発熱などの症状を訴え、5日に受けた簡易検査で陽性と診断され、タミフルを処方された。けいれんを起こすなど症状が悪化したため、都内の病院に入院。呼吸困難のため、人工呼吸器を装着して治療を受けていたが、13日に死亡した。
 都内では、今月6日にも新型インフルエンザに感染した基礎疾患のない5歳男児が死亡したばかり。厚生労働省によると、小児は持病の有無にかかわらず重症化しやすいとされる。
(2009年10月14日14時08分 読売新聞)
---------------------------------------------------
【新型インフル】4歳男児が死亡 国内最年少
2009.10.14 13:37
http://sankei.jp.msn.com/affairs/disaster/091014/dst0910141340005-n1.htm
 東京都は14日、都内在住の幼稚園に通う4歳男児が新型インフルエンザによる脳炎で死亡したと発表した。都内で死者が出たのは2人目で、4歳児の死亡は国内最年少となる。
 都によると、男児は今月4日に発熱し、自宅近くの病院で受診。5日にインフルエンザの簡易キットでA型陽性と判定されたためタミフルの処方を受けた。しかし、帰宅途中にけいれんを起こすなど容体が急変、救急搬送された。
 入院後に意識がなくなるなど症状は急激に悪化し、急性脳炎を疑われ、人工呼吸器を装着されていた。6日に遺伝子検査で新型インフルエンザが確定したが、13日に死亡した。
 都内では、今月6日にも5歳男児がインフルエンザによる脳炎で死亡している。--------------------------------------------------
新型インフル感染、都内の4歳男児死亡 最年少
2009年10月14日13時43分
http://www.asahi.com/national/update/1014/TKY200910140252.html
 東京都は14日、新型インフルエンザに感染した都内在住の男児(4)が13日に死亡したと発表した。厚生労働省によると、新型インフルエンザに感染したり、感染が疑われたりした患者の死亡例は24人目で、4歳は最年少という。
 都によると、男児は4日に約40度の高熱を出した後、5日に入院。6日から人工呼吸器を装着していた。急性脳炎も発症していたという。
--------------------------------------------------
新型インフル 4歳男児が死亡
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013106321000.html
10月14日 18時20分
 新型インフルエンザに感染していた東京都内の4歳の男の子が、急性脳炎のため、入院先の病院で死亡しました。新型インフルエンザに感染して死亡した人の中で、これまでで最も低い年齢だということです。
 東京都によりますと、死亡したのは都内に住む4歳の男の子です。男の子は、今月4日に40度近い熱が出て、自宅近くの医療機関でインフルエンザ治療薬のタミフルの投与を受けましたが、帰宅途中に体がけいれんし始めたため、そのまま救急車で運ばれて、別の病院に入院しました。入院後は意識がなくなり、自力呼吸も困難な状態で、遺伝子検査の結果、新型インフルエンザに感染していることがわかりました。その後も、集中治療室で治療を続けてきましたが、13日に急性脳炎のため死亡したということです。男の子に基礎疾患はありませんでした。厚生労働省によりますと、新型インフルエンザに感染して死亡したのは、感染の疑いのある人を含めて24人目で、4歳はこれまでで最も低い年齢だということです。都内の4歳の男の子が死亡したことについて、新型インフルエンザに詳しい岡山大学の森島恒雄教授は「流行が広がるにつれ、4歳や5歳という小さな子どもがインフルエンザ脳症になって重症化するケースが増えており、今後も、多くの患者が出てくると予想される。症状が急速に悪化するケースが見られるので、十分な注意が必要だ。けいれんや意識障害など、重症化の兆候が見られる場合には、直ちに医療機関を受診する必要がある」と話しています。
---------------------------------------------------
新型インフルエンザで5歳男児が死亡 国内最年少 都内で初の死者
http://kurie.at.webry.info/200910/article_10.html
新型インフルエンザ流行ピーク時に小児病床不足/東京都
http://kurie.at.webry.info/200909/article_39.html
小児の新型インフルエンザ重症例
http://kurie.at.webry.info/200908/article_26.html
ブタインフルエンザによる小児の脳炎・脳症/新型インフルエンザ 急性脳症
http://kurie.at.webry.info/200907/article_34.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新型インフルエンザで4歳男児が死亡 国内最年少 都内で2人目の死者 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる