医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 新型インフルエンザワクチン 13歳未満・妊婦は2回、医療従事者は1回接種

<<   作成日時 : 2009/10/20 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

新型ワクチン接種、13歳未満・妊婦らは2回
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091020-OYT1T00942.htm
画像 新型インフルエンザ用ワクチンの接種回数について、厚生労働省は20日、20代〜50代の健康な医療従事者について、1回接種とする方針を決めた。
 1歳〜13歳未満の子どもは2回接種とした。
 妊婦や持病のある人など、他の優先接種対象者については、2回接種を原則とするが、現在行われている臨床試験の結果などを踏まえて、1回でもいいかどうか判断するとしている。
 新型インフルエンザのワクチンをめぐっては、16日にあった専門家による意見交換会で、優先接種対象者のうち13歳以上は原則1回にするの方向性で一致した。だが、19日にあった別の会合では、妊婦や持病のある人も1回とすることについて、「科学的データがなく決定は拙速」との異論が出たため、再検討していた。(2009年10月20日18時32分 読売新聞)
---------------------------------------------------
ワクチン接種、1〜12歳は2回 健康な医療従事者1回
http://www.asahi.com/national/update/1020/TKY200910200355.html
2009年10月20日19時0分
 新型の豚インフルエンザの国内産ワクチンをめぐり、厚生労働省は20日、20代〜50代の健康な医療従事者への接種を1回とすることを正式に決めた。妊婦や持病のある人、中高生については、当面は2回接種を前提とするが、1回目を予定通り接種し、臨床試験のデータを集め、2回目を接種するかを決める。1〜12歳の子どもには2回接種とする。
 妊婦については今後、健康な大人を対象にした臨床試験のうち、11月中旬にまとまる予定の2回目の接種結果や、妊婦を対象に新たに実施する臨床試験の1回目の接種結果(12月中旬めど)を踏まえ、原則1回にするかどうか判断する。
 持病がある人については、11月中旬をめどにした、同じ健康な大人を対象した臨床試験の結果を踏まえて決める。ただ、1回接種という結論が出た場合も、免疫反応が著しく抑えられている人が含まれていることから、医師と相談のうえ、2回接種でも差し支えないと判断した。
 厚労省の専門家による意見交換会は16日、健康な大人約200人の臨床試験の中間報告や欧米での臨床試験、過去の季節性インフルのワクチンの状況などをもとに、健康な大人について「原則1回接種」との方針で合意した。
 中高生や妊婦、持病のある人についても、専門家らは「原則1回」でまとまったが、医師でもある足立信也政務官が、大人だけを対象にした臨床試験だったことを理由に批判。会議のメンバーを一部入れ替えて19日に改めて意見交換会を開いたところ、健康な大人以外も原則1回とすることに慎重な意見が多かった。これを受けて20日、長妻昭厚労相ら政務3役が協議し、結論を出した。
---------------------------------------------------
医療従事者の接種 1回に決定
http://www3.nhk.or.jp/news/t10013244521000.html
10月20日 19時19分
画像 新型インフルエンザのワクチンの接種回数について、厚生労働省はすでに接種が始まっている医療従事者は基本的に1回とすることを正式に決め、重症になりやすい妊婦や持病のある人などへの接種は当面、2回を原則としたうえで、これから行う臨床試験の結果などを踏まえて判断することになりました。
 これは20日夕方、厚生労働省の足立政務官が記者会見して明らかにしました。それによりますと、新型インフルエンザの国産ワクチンの接種回数について、19日から始まっている医療従事者は基本的に1回とし、重症になりやすい妊婦や持病のある人などへの接種の回数については当面、2回を原則としたうえで、これから行う臨床検査の結果などを踏まえて判断するとしています。また、1歳から13歳未満の子どもの接種回数は2回とすることを決めました。ワクチンの接種回数をめぐっては、先週行われた臨床試験の中間報告で13歳未満を除いて1回でも十分に効果があるとする見解が示されましたが、19日夜の専門家会議では「拙速だ」などといった異論が相次いでいました。これについて、足立政務官は「各地の自治体や医療現場に混乱を与えたことはおわびしたい」と述べたうえで、「重症化しやすい妊婦や持病のある人への接種をできるだけ早く行うことを念頭に、医療従事者は1回とした。新型インフルエンザはわれわれが初めて遭遇する病気であり、接種回数は今後も科学的な根拠に基づいて検討していく」と話しています。
-----------------------------------------------------
インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/theme/b0edbea92d.html
ワクチン
http://kurie.at.webry.info/theme/317e90096c.html
子どもの死亡 1週間で11人増加 ワクチンの供給不足で感染拡大の予測/米国CDC 新型インフルエンザ
http://kurie.at.webry.info/200910/article_20.html
ニューヨーク州の医療労働者に対するインフルエンザ予防接種義務化に批判/米国 ワクチン
http://kurie.at.webry.info/200910/article_21.html
季節性インフルエンザワクチン不足の危機/米国
http://kurie.at.webry.info/200910/article_14.html
季節性インフルエンザワクチンが新型に対して部分的に効果あり/新型インフルエンザ ワクチン
http://kurie.at.webry.info/200910/article_9.html
ワクチン1回接種でほとんどの小児に免疫/新型インフルエンザ・ワクチン 米国
http://kurie.at.webry.info/200909/article_31.html
新型インフルエンザ・ワクチン1回接種で効果/ブタインフルエンザ CSL
http://kurie.at.webry.info/200909/article_15.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新型インフルエンザワクチン 13歳未満・妊婦は2回、医療従事者は1回接種 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる