医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 7ヶ月と1才8ヶ月の男児が新型インフルエンザで死亡

<<   作成日時 : 2009/11/09 20:23   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

新型インフル感染で国内最年少、7カ月男児死亡 愛知
http://www.asahi.com/health/news/NGY200911090012.html
2009年11月9日20時36分
 愛知県は9日、新型インフルエンザに感染した同県犬山市の生後7カ月の男児が死亡したと、発表した。厚生労働省によると、新型インフルエンザに感染した患者や感染が疑われた患者の死亡は54例目で、国内最年少となる。
 県健康対策課によると、男児の直接の死因ははっきりしておらず、感染は死後の検査で判明した。基礎疾患もなく、CTやレントゲン検査をしたが急性脳炎や肺炎などは確認されなかったという。
 男児は8日夜、機嫌が悪くぐずっていた。9日午前6時20分ごろ、呼吸をしていないことに家族が気づき119番通報。愛知県江南市内の病院に搬送されたが、同7時過ぎに死亡が確認された。その後の検査で、新型インフルエンザに感染していることが分かった。8日夜には体温測定はしておらず、発熱などインフルエンザの症状があったかどうかは分かっていない。
 母親は6日、父親は7日ごろから風邪のような症状があった。また、死亡した男児の双子の兄は9日になってインフルエンザの症状が出ており、簡易検査の結果、A型陽性と判明した。兄の症状は落ち着いているという。
-----------------------------------------------------------
新型インフル 7か月乳児死亡
http://www.nhk.or.jp/news/k10013668441000.html
11月9日 19時12分 NHK News
 新型インフルエンザに感染した愛知県犬山市の生後7か月の男の赤ちゃんが9日朝、死亡しました。厚生労働省によりますと、新型インフルエンザに感染した乳児が死亡したのは国内では初めてで、7か月は最年少です。
 愛知県によりますと、死亡したのは愛知県犬山市の生後7か月の男の赤ちゃんです。9日午前6時すぎ、自宅でぐったりとして呼吸をしていないのに家族が気づき、救急車で病院に運ばれましたが、すでに心肺停止の状態で、まもなく死亡が確認されました。詳しい死因はわかっていませんが、その後の検査で新型インフルエンザに感染していたことがわかりました。赤ちゃんにぜんそくなどの持病はなかったということです。愛知県によりますと、赤ちゃんは8日夜、機嫌が悪く、ぐずっていたということですが、発熱などの症状があったかどうかはわかっていません。厚生労働省によりますと、新型インフルエンザに感染して死亡した人は、疑いも含めて全国で54人に上り、乳児が死亡したのは国内では初めてで、7か月は最年少です。新型インフルエンザに感染した生後7か月の乳児が死亡したことを受けて、厚生労働省は「1歳未満の乳児はワクチンを打っても効果が薄いためにワクチン接種の対象にはなっていない。しかし、感染すれば持病がなくても重症化するおそれがあるので、乳児の保護者や乳児に接する機会のある人はウイルスを感染させないように、うがいや手洗いなどの感染防止策を徹底してほしい」と呼びかけています。
----------------------------------------------------
新型インフル、生後7か月の男児死亡…愛知
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091109-OYT1T00693.htm
 愛知県は9日、新型インフルエンザに感染した同県犬山市の生後7か月の男の子が死亡したと発表した。男の子に基礎疾患はなかった。
 厚生労働省によると、国内の死者は、疑い例も含めて54人目で、生後7か月は最年少という。
 県新型インフルエンザ対策室によると、男の子は8日夜に機嫌が悪くなり、ぐずり始めた。9日午前6時20分頃、呼吸をしてないのに気付き、両親が119番した。救急隊が到着した時には心肺停止状態で、搬送先の病院で死亡が確認された。検査では、肺炎や脳炎を起こした形跡はなく、直接の死因は不明という。
(2009年11月9日18時24分 読売新聞)
----------------------------------------------------
新型インフル、京都で1歳8か月男児が死亡
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091109-OYT1T00788.htm
 京都市は9日、新型インフルエンザに感染した同市北区の1歳8か月の男児が死亡したと発表した。
 市保健医療課によると、男児は7日夕方に37・2度の微熱があった。翌朝、母親(34)が男児が呼吸をしていないことに気づき、市内の病院に搬送したが死亡が確認されたという。男児に持病はなく、市衛生公害研究所の検査で新型インフルエンザへの感染が確認された。
(2009年11月9日20時08分 読売新聞)
---------------------------------------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7ヶ月と1才8ヶ月の男児が新型インフルエンザで死亡 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる