医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 子宮頸がんワクチン 発売

<<   作成日時 : 2009/12/23 00:14   >>

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

国内初の子宮頸がんワクチン、22日発売
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091209-OYT1T01209.htm
 製薬企業のグラクソ・スミスクラインは9日、国内初の子宮頸(けい)がんワクチンを今月22日から発売すると発表した。
 子宮頸がんを引き起こすウイルスの感染を防ぎ、発症を7割減らせると期待される。接種対象は10歳以上の女性。3回の接種が必要で、費用は自己負担。同社の希望価格は1回分で1万2000円。
 子宮頸がんは国内で年間1万人以上が発症、3500人が死亡すると推定されている。日本産科婦人科学会などは公費負担による無料接種を国に求めている。
(2009年12月9日21時13分 読売新聞)
---------------------------------------------
子宮頸がんワクチン 発売
http://www.nhk.or.jp/news/k10014577351000.html
12月22日 7時34分
画像 女性特有のがんのうち乳がんに次いで患者の多い「子宮頸(けい)がん」を予防するワクチンの販売が、22日から国内で始まります。予防には、半年間に3回の接種が必要だということで、患者団体などは、国に対し、接種費用を公費で負担するよう訴えています。
 子宮頸がんは、子宮の入り口付近に出来るがんで、ウイルスへの感染が主な原因とされています。このウイルスへの感染を予防するためのワクチンが、国内では、ことし10月に初めて承認され、22日から販売が始まることになりました。販売が始まるのは、イギリスに本社がある製薬会社グラクソ・スミスクライン社の「サーバリックス」と呼ばれるワクチンで、海外では、すでに100か国以上で承認されています。がん研究振興財団によりますと、国内では、1年間におよそ8000人が子宮頸がんと診断されているとみられています。予防には、半年間に3回の接種が必要だということで、患者団体などは、国に対し、接種費用を公費で負担するよう訴えています。子宮頸がんのワクチンを接種できる医療機関は今後製薬会社のホームページに掲載されています。
-------------------
ZARD坂井泉水死去/子宮頚癌とHPVウイルス(19) 英国08年子宮頸がんワクチン接種開始
http://kurie.at.webry.info/200710/article_63.html
子宮頚癌予防のHPVワクチンの安全性/米国医療事情 Gardasil
http://kurie.at.webry.info/200908/article_38.html
子宮頚がんワクチン接種後14才女子が死亡/英国 HPVワクチン
http://kurie.at.webry.info/200909/article_40.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子宮頸がんワクチン 発売 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる