医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 診療報酬 10年ぶり引き上げ

<<   作成日時 : 2009/12/24 00:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

診療報酬改定で急性期入院に4千億円投入へ
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/25716.html
 長妻昭厚生労働相と藤井裕久財務相が12月23日、来年度に診療報酬全体の改定率を0.19%引き上げることで合意したのを受けて、厚生労働省は同日、改定率の内訳を発表した。それによると、医師の技術料に相当する「本体部分」では、入院の診療報酬を3.03%引き上げ、急性期入院医療におおむね4000 億円を投入する。
 一方、薬価を1.23%、材料価格を0.13%共に引き下げ、薬価・材料価格全体では1.36%下げる。後発医薬品の使用促進による効果も別途、精算する。
 本体部分の内訳は医科1.74%、歯科2.09%、調剤0.52%のいずれも引き上げで、計1.55%上げる。
 医科の部分では、外来と入院の改定率の内訳を今回、初めて示した。それによると、医科では「外来」の0.31%に対し、「入院」は3.03%引き上げて配分を手厚くする。さらに、▽診療所や中小病院が算定する再診料▽診療科間の診療報酬―の大胆な配分の見直しや後発医薬品の使用促進で財源を捻出し、救急、産科、小児科、外科などに回す。
 民主党は先の衆院選で、地域医療などに貢献する医療機関の入院による診療報酬を来年度に1割増やす方針を掲げていた。長妻厚労相は23日、折衝終了後に厚労省内で記者会見し、外来、入院の内訳を示した理由を「より政治の意志を示すため」と説明。中でも救急医療や地域医療の立て直し、病院勤務医の待遇改善などを重視する考えを示した。
■年明けから点数配分が焦点に
 来年度の診療報酬の改定率をめぐっては、大臣間の21日の折衝で本体部分を引き上げることで認識が一致。23日の2回目の折衝で、本体と薬価・材料価格を合わせた診療報酬全体を0.19%引き上げることで合意した。
 診療報酬の大枠となる改定率が固まったことで、年明け以降は中央社会保険医療協議会による点数配分に焦点が移る。長妻厚労相は折衝終了後、財務省内で記者団に、「診療報酬については、10年ぶりのプラス改定ということで、ご指摘いただいた通り、内部の配分を見直していくことで国民の期待に応えていきたい」と述べた。

--------------------------------------------------------
診療報酬は0・19%増額 10年ぶり引き上げ改定 
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009122301000281.html
2009年12月23日 19時34分
画像 大詰めを迎えた来年度予算編成で折衝に臨む藤井財務相(左から2人目)ら4閣僚=23日午後、財務省
写真
 政府は23日、2010年度予算編成で、診療報酬全体の改定率を0・19%増とすることを決めた。医療費ベースで約700億円、国費ベースで約160億円の引き上げに当たる。全体で増額となるのは、0・2%増だった00年度改定以来10年ぶり。長妻昭厚生労働相と藤井裕久財務相が同日午後、財務省で最終調整し、合意した。
 民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)で診療報酬の増額を掲げていたが、予想を超える財政悪化のため、小幅改定にとどまった。
 診療報酬のうち、医師の技術料などに当たる「本体部分」は医療費ベースで約5700億円の増額。医科は1・74%増で、4400億円が病院中心の入院に付けられ、うち4千億円は救急、産科、小児科などの入院初期の医療に充てられる。一方、診療所中心の外来は400億円にとどまった。医薬品などの「薬価部分」は約5千億円引き下げた。
 また、歯科の改定率は医科を上回る2・09%(600億円弱)と異例の増額となった。
 厚労省の試算では、保険料の本人負担は年収374万円のサラリーマンの場合、年間で285円の増加、外来の1カ月平均の負担も3割負担で7・8円の増加が見込まれるという。
(共同)

----------------------------------------------------------
診療報酬 10年ぶり引き上げ
http://www.nhk.or.jp/news/k10014609511000.html
12月23日 18時13分
画像 医療機関に支払われる診療報酬の改定をめぐり、藤井財務大臣と長妻厚生労働大臣が協議し、医師不足などの問題に対応するため、診療報酬全体の改定率を、10年ぶりに、0.19%引き上げることを決めました。
 診療報酬の改定をめぐって、厚生労働省は、薬の価格を引き下げる一方、医師の診療行為などに対する報酬の本体部分は大幅に引き上げたうえで、総額でも引き上げるよう主張していました。これに対して、財務省は、財政状況が厳しいとして総額は引き下げるよう求め、調整が難航していました。この問題をめぐって23日午後、藤井財務大臣と長妻厚生労働大臣が協議した結果、医師不足などの問題に対応するため、診療報酬全体の改定率を0.19%引き上げることを決めました。診療報酬全体の改定率が引き上げられるのは、平成12年度の改定以来10年ぶりのことです。診療報酬のうち、医師の診療行為などに対する報酬の本体部分は、1.55%引き上げ、一方、薬や医療器具の価格は1.36%引き下げられることになります。長妻厚生労働大臣は記者会見で、「10年ぶりの引き上げによって、医師不足が深刻で非常に厳しい状況に陥っている救急医療や産科、小児科などの体制を充実させるきっかけになると思う」と述べました。

----------------------------------------------------
診療報酬、小幅増額へ 来春から10年ぶり
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20091223AT3S2202G22122009.html
 財務省と厚生労働省は22日、患者や公的保険が医療機関に支払う診療報酬について、2010年度改定では、診療報酬全体をどれだけ増減させるかを示す改定率を小幅のプラスにする方針を固めた。救急医療などの立て直しに報酬を手厚く配分する必要があると判断した。全体のプラス改定は10年ぶり。ただ財政難に配慮し0.05〜0.36%の小幅のプラス幅で調整し、来年4月から実施する。
 診療報酬は国が定める医療行為ごとの単価。税金や保険料などを財源に医療機関に支払う仕組みだ。厚労省は不足する病院勤務医の確保や救急・産科などの医療の提供体制を強化するため、全体で0.36%のプラス改定を主張。財務省は収入の多い開業医の報酬を削り勤務医に回すなどして対応すべきだと指摘。全体では1%程度のマイナス改定を求めていた。(07:00)

---------------------------
後発薬25%使用の薬局、診療報酬を重点的に配分 厚労省方針

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20091217AT3S1601I16122009.html
 厚生労働省は16日、医師が処方する後発医薬品の普及策を中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)に提示し、了承された。後発薬の使用割合(数量ベース)が25%以上の保険薬局に診療報酬を重点的に配分することなどが柱。2010年度から実施し、割安な後発薬を普及させて医療費の抑制につなげる。
 病院や診療所で使用している医療用医薬品の品目数のうち、後発薬が20%以上を占めている場合に、診療報酬で高く評価する方針も盛り込んだ。後発薬の使用が多い医療機関を奨励し、患者への処方を促す狙いだ。
 患者の同意があれば、薬剤師の判断で先発薬と同じ効果で量や形状が異なる後発薬への切り替えを認める案も示した。たとえばカプセル剤の先発薬を錠剤タイプの後発薬に薬剤師の判断で変更できるようになる。これまでは処方した医師に事前の確認が義務づけられていた。(07:00)

----------------------------
診療報酬改定、医師の技術料に6300億円 厚労省要求へ
http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20091216AT3S1502D15122009.html
 厚生労働省の足立信也政務官は15日の記者会見で、患者や公的保険が医療機関に支払う診療報酬の2010年度改定について「(医師の技術料に当たる)医科本体部分で6300億円の財源が必要だ」との考えを示した。緊急患者を受け入れる救急病院などに診療報酬を手厚く配分し、医療体制の強化や勤務医の確保につなげるためだ。財務省に今後要求する。
 診療報酬全体をどれだけ増減させる効果があるかを示す「改定率ベース」では、本体部分が約1.73%のプラスとなる計算だ。厚労省は6300億円のうち約5000億円を薬価部分の引き下げで賄いたい考え。差し引き1300億円の財源を探さなければならない。診療報酬全体の改定率は約0.36%のプラスで、300億円強の国庫負担が必要になる。
 厚労省は当初、医科本体で3%の増額改定を求める考えだった。だが診療報酬の大幅な引き上げは患者負担の増加や保険料の上昇につながる。中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)で改定率を巡る意見書がまとまらなかった点にも配慮し、要求水準を引き下げた。(15日 23:49)

----------------------
診療報酬改定のゆくえ 「中医協の意見書」密室で決裂
http://kurie.at.webry.info/200912/article_14.html
中医協、日医執行部外して新メンバーで審議開始
http://kurie.at.webry.info/200910/article_35.html
医師不足による産婦人科と小児科の診療休止急増

http://kurie.at.webry.info/200710/article_38.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
診療報酬10年ぶりプラス改訂!医者の給料増やしてどうすんの?この不況下に!って誤解してる人多いんだろ...
 診療報酬 10年振りのプラス改訂!! なに?この不況下に医者の給料あげてどうす ...続きを見る
背面飛行がとまらない
2009/12/24 03:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
診療報酬 10年ぶり引き上げ 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる