医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 百日咳 1913

<<   作成日時 : 2010/04/14 23:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

百日咳 1913
 whooping cough百日咳は数百年前からよく知られた病気で、18世紀から“pertussis”と呼ばれてきた。激しい咳の発作で喘ぎ声をあげ、顔は赤や紫となり、しばしば嘔吐する。しかし次の咳発作まで落ち着いている。20世紀初頭まではその原因は不明だった。
 19世紀、The New-York Daily Timesに流行時に数回取り上げられている。1853年3月19日に、市の検死官の前年のレポートを掲載した。177人が“teething”で死亡、“abscess”68人、“eruption”3人だった。百日咳は記載がない。
 1913年8月23日に最初の百日咳の記事が載った。whooping coughは Bordet and Gengou により桿菌bacillus pertussis により発症すると確認されたというものである。
 1914年4月10日に「百日咳と闘う医師たち」という記事が載った。隔離病棟の設置を薦める医学会の会合記事で、不完全なデータだが、1913年のニューヨーク市で500人の子どもが犠牲になったとある。
 効果的なワクチンがない中、誤った治療法に希望が集中した。1923年3月23日の記事で、2人のボストンの医師が、X線照射がどの治療よりも有効であり、26人に治療して多数が改善したと発表したという。
 その後多数のワクチンや治療法が開発されたが、1941年10月18日まではタイムズはそれほど関心を示さなかった。その日、ミシガン州保健省がジフテリアトキソイドとの組み合わせ百日咳ワクチンの有効性を発表した。
 1941年12月に、その年ニューヨーク市で6,865人が百日咳にかかり38人の死者が報告されたと報告された。
 第二次大戦の数年後から百日咳は減少していたが、1990年から増加し2005年には25,000人以上の発症となった。2008年に13,000人以上の発症があり、19人の子どもの死者が多くは1歳未満ででている。
------------------------
成人の百日咳患者が、重症化しやすい乳幼児への感染源に/百日ぜき ワクチン
http://kurie.at.webry.info/200706/article_21.html
百日ぜき流行の再来/米国医療事情
http://kurie.at.webry.info/200812/article_46.html
間違いだった百日ぜきの流行/検査による擬陽性 米国
http://kurie.at.webry.info/200708/article_45.html
原因不明の長引くせき、大人も百日ぜき注意
http://kurie.at.webry.info/200706/article_39.html
百日ぜきの患者数増加/大人の割合増加 /百日ぜき ワクチン
http://kurie.at.webry.info/200708/article_5.html
---------------------------------------------------
Pertussis, 1913
By NICHOLAS BAKALAR
Published: April 12, 2010
http://www.nytimes.com/2010/04/13/health/13first.html

画像Whooping cough has been a well-known disease for hundreds of years, and the term “pertussis” has been in use since the 18th century. Its symptoms are vivid: severe coughing spells ending with a whooping gasp for breath and a face that turns red or purple, often followed by vomiting and then a return to feeling fine until the next episode. But until the early 20th century, no one knew what caused it.

During the 19th century, The New-York Daily Times, as it was then called, mentioned pertussis several times in passing. On March 19, 1853, it used the word in an account of the city inspector’s mortality report for the previous year, which listed 177 deaths caused by “teething,” 68 by “abscess” and 3 by “eruption.” No figure was given for pertussis.

The first substantive mention of pertussis came on Aug. 23, 1913, in an article that began, “It has just been definitely established that whooping cough is caused by a germ which has been named the bacillus pertussis by Bordet and Gengou, its discoverers.” On April 10, 1914, The Times ran an unsigned article under the headline “Physicians in War on Whooping Cough,” reporting on a medical meeting that recommended setting up special wards for the isolation and treatment of pertussis cases. “In New York City in 1913, from the imperfect statistics available,” the article said, “500 children fell victims to the disease.”

In the absence of an effective vaccine, treatment or cure, false hope flourished. On March 8, 1923, The Times reported that two Boston physicians had announced that “the X-ray may prove of more value in the treatment of whooping cough than any other form of treatment,” and told of “definite improvement” in “most of twenty-six cases of active pertussis treated with the X-ray.” The doctors admitted that “they could not give any rational explanation” for the effect, which we now know was imaginary.

Even though a number of vaccines and treatments of variable efficacy were developed starting soon after the discovery of the bacillus, The Times considered few worthy of serious attention until Oct. 18, 1941. That day, an unsigned article reported that the Michigan Department of Health had had “favorable results with pertussis vaccine, either alone or in combination with diphtheria toxoid.” In December 1941, The Times reported that there had been 6,865 cases of pertussis in New York City that year, and 38 deaths.

After declining for some years after World War II, the number of pertussis infections rose steadily from 1990 to a peak of more than 25,000 cases nationwide in 2005, when the rate began to decline, possibly helped by the introduction of a new vaccine that year. There are now widely used pertussis vaccines and booster shots that are safe and effective for children and adults. Still, according to Dr. Thomas Clark, a medical epidemiologist with the Centers for Disease Control and Prevention, there were just over 13,000 pertussis infections nationwide in 2008, and 19 children, all less than a year old, died from whooping cough.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
百日咳 1913 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる