医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS クジラの町 住民の毛髪に水銀

<<   作成日時 : 2010/05/12 20:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

クジラの町 住民の毛髪に水銀
5月9日 18時9分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100509/t10014324511000.html
画像 クジラの町として知られる和歌山県太地町で、一部の住民の髪の毛から、WHO=世界保健機関の基準を上回る水銀が検出され、町は、健康への影響は確認されていないものの、継続的に調査するとしています。
 和歌山県太地町の沿岸では、国際的な規制から外れている小型のゴンドウクジラなどの漁が行われ、町は、クジラの体内に蓄積した水銀が住民の健康に影響していないか、国立水俣病総合研究センターに調査を依頼していました。その結果、住民1137人のうち43人の髪の毛から、WHOの基準を上回るメチル水銀が検出されたということです。平均の濃度は、男性が11ppm、女性で6ppm余りで、平成12年から国内で行われた調査の平均のいずれも4倍以上でした。また、クジラの肉をよく食べる人ほど濃度が高い傾向にあったということです。メチル水銀は、水俣病の原因物質で、大量に摂取すると手足の震えや言語障害などの症状が出ることが知られていますが、これまでのところ、住民にこうした症状は確認されていないということです。国立水俣病総合研究センターの岡本浩二所長は「基準を超えたからといって、すぐに健康に影響があるわけではない」としたうえで、「メチル水銀については知られていないことも多く、今後、継続的に検診を行う必要がある」と話してます。

-----------------------------------------------
クジラの街・太地町住民の毛髪から高濃度水銀
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20100509-OYT1T00778.htm
画像 環境省の国立水俣病総合研究センターは9日、クジラやイルカを食べる習慣がある和歌山県太地町の全住民の3割にあたる1137人を調査し、全国の他地域と比べて平均で4倍超の水銀濃度を毛髪から検出したと発表した。
 水銀中毒の可能性を疑わせる症状はみられなかったが、うち43人は世界保健機関(WHO)の基準値50ppmを超えていた。
 同町は古式捕鯨発祥の地で、沿岸では国際的な規制対象外の小型のゴンドウクジラなどの漁が行われている。反捕鯨団体がイルカ、クジラ類に高濃度の水銀が含まれていると主張し、一部研究者からも健康被害を心配する声があることから、町が2009年、同センターに調査を依頼していた。
 発表によると、調査は夏季(09年6〜8月)と、クジラ類をよく食べる冬季(10年2月)の2回実施。町民から魚介類の摂取状況を聞き、毛髪を検査した。
 夏季調査の毛髪水銀濃度は男性が平均11・0ppm、女性が6・63ppmで、同センターが国内14地域で調べた平均値(男性2・47ppm、女性1・64ppm)を大きく上回った。神経障害の症状が出る可能性があるとして、WHOが定めた基準値の50ppmを上回ったのは、夏季、冬季を合わせて43人だった。
 夏季調査対象者のうち、調査前の1か月間にクジラ、イルカを食べた人は36・8%で、国内14地域の調査で「クジラをよく食べる」とした人が1%未満だったことから、同センターは、同町のクジラ類の摂取状況と毛髪水銀濃度に相関関係があると結論づけた。
 岡本浩二・同センター所長は「平均を上回る水銀濃度は、イルカ、クジラを摂取した影響と推定される。特に健康被害は認められないが、濃度が非常に高い人がいるため、引き続き調査したい」と話している。
(2010年5月10日01時56分 読売新聞)

------------------------------------------
太地町民の水銀影響、知事「適正量なら問題なし」
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20100512-OYT1T00513.htm
 和歌山県太地町の住民の毛髪から、全国平均の4倍超の水銀濃度が検出されたとする環境省国立水俣病総合研究センターの調査結果について、仁坂知事は、11日の記者会見で「適正量を守っていれば問題ないということが、ある意味では立証された」との認識を示した。
 同センターは、全町民の3割にあたる1137人を調査。町民のクジラやイルカの摂取状況と水銀濃度には、「相関関係がある」と結論づける一方、水銀中毒の症状は見られないとした。
 仁坂知事は、「今より、もっと食べていた時代があった」とし、今回の調査で「水俣病のような健康被害はなく、医学的にも精査された」とした。ただし、妊婦については、「危険というわけではないが、量的に控えた方がいい」とも述べた。
(2010年5月12日16時22分 読売新聞)

-------------------------------
レストランのマグロ寿司はスーパーのものより水銀濃度が高い/米国
http://kurie.at.webry.info/201004/article_20.html
半数以上のツナ缶から基準以上の水銀/米国
http://kurie.at.webry.info/201002/article_5.html
魚の摂取制限を緩和すべきか/米国 FDA
http://kurie.at.webry.info/200812/article_42.html
妊婦はもっと魚を食べるべきか?
http://kurie.at.webry.info/200710/article_24.html
妊娠中の魚の食べ方が子どもに影響
http://kurie.at.webry.info/200812/article_40.html
水銀による健康障害
http://kurie.at.webry.info/200801/article_45.html
マグロ寿司に高濃度の水銀/ニューヨーク
http://kurie.at.webry.info/200801/article_44.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クジラの町 住民の毛髪に水銀 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる