医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 新たな超薬剤耐性菌の広がり NDM-1

<<   作成日時 : 2010/09/06 20:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 最も強力な抗生物質にも抵抗力のある新たな超耐性菌が英国の病院に広まり始めた。NDM-1( New Delhi metallo-β-lactamase 1)と呼ばれる酵素を持ち、美容整形手術をインドやパキスタンに行って受けた患者が持ち込んだと見られる。確認されたのは約50例に過ぎないが広範に広がるだろうと思われ、厳格な監視と強力な新薬が必要である。
 NDM-1はいろいろな種類の細菌にみられる可能性があり、強力な抗生物質に耐性がありカルバペネムに耐性がある。そして、すでに多剤耐性がある細菌に入り込むことが恐れられている。急速に広がり治療不可能な危険な感染症を生み出す可能性があう。
 NDM-1感染症の少なくとも一つは、全ての抗生物質に抵抗力があった。米国、カナダ、オーストラリア、オランダで見られており、すでに英国では患者から患者への伝播が起きている。
 感染を止める方法は、迅速に診断し患者を隔離することである。手荒いなど通常の感染コントロールが広がりを抑える。
 多くの小規模発生が英国内で見られるが、多くのケースでインド亜大陸への旅行や病院での治療が関連するようであり、そこではすでに広範にこのタイプの耐性菌が広まっている。重大なグローバルな公衆衛生問題であり、保健省HPAは2009年にすでに全国的な警戒情報を出している。
 ランセットに発表された研究では、37人の患者の少なくとも17人は過去1年以内にインドかパキスタンに旅行し、14人は美容整形の手術のために入院していた。感染症状の重傷度は様々で何人かは血液感染を起こしていた。

画像

---------------------------------------------------
インド 新型耐性菌めぐり反発
9月8日 13時33分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100908/t10013853031000.html
 ほとんどの抗生物質が効かない新しいタイプの耐性菌が世界各地で確認されている問題で、ヨーロッパの専門家が、発生源とされるインドで外国人が医療行為を受けることに注意を促しているのに対し、インド政府は「科学的な根拠がない」と反発しています。
 この問題は、ほとんどの抗生物質が効かない新しいタイプの耐性菌が、インドやヨーロッパなどで確認され、日本でも初めて検出されたものです。ヨーロッパで確認された患者の中には、インドやパキスタンで医療行為を受けていた人が少なくなかったことから、イギリスやフランスなどの専門家は、医療費が安いインドへの「医療ツーリズム」がヨーロッパでの感染拡大の背景にあると指摘しています。このうち、フランス国立保健医学研究所のパトリス・ノルドマン教授は「インドでは抗生物質が乱用されており、インドの病院で手術を受けることについてはリスクがある」と指摘し、インドへ医療ツーリズムに行くことに注意を促しています。こうした指摘に対して、インド政府は「科学的な根拠がない」と反発するとともに、「インドでの医療行為は安全だ」と訴えています。インドでは医療ツーリズムが重要な産業になっており、インド政府としては安全性を強調することで医療ツーリズムへの打撃を最小限に抑えたいものとみられます。
--------------------------------------------
強力な多剤耐性菌が拡散=インド・パキスタンから−初の死者、監視訴え・国際チーム
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201008/2010081700004
 抗生物質がほとんど効かなくなる遺伝子を持つ多剤耐性菌がインドやパキスタンで広がり、両国に旅行して感染する例が増えていると、インド・マドラス大や英健康保護庁(HPA)などの国際研究チームが16日までに英医学誌ランセット電子版に発表した。
 AFP通信によると、パキスタンで交通事故に遭い、入院した際にこの耐性菌に感染したベルギー人男性が帰国後の6月に死亡。最初の死者と報じられた。インドなどで治療を受けた際に感染した人は英国やオーストラリアでも見つかった。
 この遺伝子は「ニューデリー・メタロベータラクタマーゼ1(NDM−1)」と呼ばれる酵素を作る働きがあり、大腸菌や肺炎桿(かん)菌などさまざまな細菌に広がっている。研究チームは、NDM−1遺伝子を持つ細菌が世界各地に拡散する可能性が高く、各国当局が協力して監視する必要があると指摘している。
 研究チームによると、この遺伝子は細菌が染色体とは別に持つ小さな環状DNA「プラスミド」にあるため、細菌から細菌へ移りやすい。多剤耐性菌によく使われる「カルバペネム系抗生物質」が効かないことが、懸念を高める要因となっている。(2010/08/17-00:07)
--------------------------------------------
スーパー耐性菌を国内初検出…インド帰りの男性
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100906-OYT1T00666.htm
 インドや欧米などで感染が広がっている、抗生物質がほとんど効かない新型耐性菌(スーパー細菌)が、栃木県壬生町の独協医科大病院に入院していた患者から検出されたことが6日わかった。
 日本で感染者が確認されたのは初めて。
 同病院などによると、昨年5月、インドから帰国し入院していた50代の日本人の男性患者に、発熱などの症状が出た。検査の結果、NDM1という酵素の遺伝子を持つ大腸菌が検出され、インドなどで問題となっている新型耐性菌であることがわかった。男性は治療の結果回復し、すでに退院。他の患者らに感染は広がっていないという。
 NDM1がある菌は、病院内だけでなく健康な人の間でも広がる可能性がある。この酵素は別の種類の細菌にも入り込む可能性があり、公衆衛生上の影響度の高さからスーパー細菌と呼ばれている。専門家はサルモネラ菌や赤痢菌など毒性の強い菌に耐性が備わる危険性を警戒。世界保健機関(WHO)が各国に注意を呼び掛けていた。
 厚生労働省は先月18日、新型耐性菌の疑い例があった場合、国立感染症研究所へ連絡するよう各医療機関に要請。医療機関には、他の患者への感染を防ぐ対策をとるとともに、海外渡航歴などを聴取するよう求めている。
 ◆NDM1(ニューデリー・メタロ・βラクタマーゼ1)=ほとんどの抗菌薬を分解してしまう酵素。この酵素の遺伝子を大腸菌や肺炎桿菌(かんきん)が獲得すると、感染した患者の治療が難しくなる。この酵素を備えた細菌がインドで発見された後、同国で手術を受けた患者を通じて英国や米国に広がっている。先月にはベルギーで初の死者が報告された。
(2010年9月6日14時37分 読売新聞)
-----------------------
新タイプの耐性菌 日本初検出
9月6日 18時46分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100906/k10013813541000.html
 インドやヨーロッパなどで感染が広がっている、ほとんどの抗生物質が効かない新しいタイプの耐性菌が、日本で初めて、栃木県の獨協医科大学病院で入院していた患者から検出されていたことがわかりました。この耐性菌は、病院内だけでなく、健康な人の間でも感染が広がるおそれがあるため、専門家は警戒を呼びかけています。
 これは、栃木県壬生町の獨協医科大学病院が、6日午後、記者会見して明らかにしたものです。それによりますと、去年5月、入院していた50代の日本人の男性患者に発熱などの症状が出たため検査したところ、血液から抗生物質が効かない大腸菌が検出されたということです。先月になって病院で菌の遺伝子を詳しく調べたところ、インドやヨーロッパで感染が広がっている「NDM−1」と呼ばれる酵素の遺伝子を持つ耐性菌であることがわかったということです。この男性は、入院する前にインドから帰国していて、治療の結果、回復して去年10月に退院したということです。病院では個室で男性の治療にあたり、感染対策を徹底したことから、ほかの患者に感染することはなかったということです。日本でNDM−1の遺伝子を持つ耐性菌が検出されたのは初めてです。記者会見した獨協医科大学の菱沼昭准教授は「この耐性菌は今後も日本に入ってくる可能性が高いと思われるため、国内の監視体制を強化する必要がある」と話しています。NDM−1の遺伝子を持つ耐性菌は、2年前にインドのニューデリーの病院の患者から初めて検出されたあと、ヨーロッパやアメリカで相次いで検出されています。大腸菌や肺炎かん菌から多く見つかり、健康な人の間でも感染してぼうこう炎や肺炎を引き起こし、死者も報告されていることから、先月にはWHO=世界保健機関が加盟各国に監視体制を強化するよう呼びかけています。これまで問題になってきたアシネトバクターや緑のう菌などの耐性菌は、病院内で抵抗力が落ちた患者の間で感染が広がってきましたが、NDM−1の遺伝子を持つ耐性菌は、病院内だけでなく、健康な人の間でも感染が広がるおそれがあるため、専門家は警戒を呼びかけています。
-------------------------
新耐性菌、独協医大で国内初確認 インド帰りの50代男性
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010090601000357.html
2010年9月6日 23時17分
 独協医大病院(栃木県)は6日、ほとんどの抗生物質が効かない新たな菌(多剤耐性菌)が、インドから帰国後の50代の日本人男性から見つかったと発表した。国内での確認は初。患者は既に回復し、ほかの患者への感染もなかったという。
 新たな菌は多くの抗生物質に耐性を示す「NDM1」という遺伝子を持つ。インドやパキスタンが発生源とされ、欧州などで患者が増加。世界保健機関(WHO)などが各国に監視を呼び掛けていた。
 男性はインドで病院にかかっていた。菌は現地で確認されているものと同じで、院内感染対策の責任者、菱沼昭准教授は「感染経路は不明だが、菌はインドから持ち込まれたと考えている」との見解を示した。
 独協医大病院によると、男性は昨年4月に入院、翌5月に約38度の発熱があり血液検査で多剤耐性の大腸菌が1度、検出されたが、当時日本で多かった耐性遺伝子はなく原因不明とされていた。個室で治療するなどの感染対策を取り、感染の拡大はなかったという。男性は10月に退院した。
 厚生労働省の注意喚起などを受け、今年8月に保存していた菌を培養して検査。NDM1と確認した。
(共同)
---------------------------------------------------
11 August 2010 Last updated at 13:14 GMT
New 'superbug' found in UK hospitals
By Michelle Roberts Health reporter, BBC News
http://www.bbc.co.uk/news/health-10925411

A new superbug that is resistant to even the most powerful antibiotics has entered UK hospitals, experts warn.

They say bacteria that make an enzyme called NDM-1 have travelled back with NHS patients who went abroad to countries like India and Pakistan for treatments such as cosmetic surgery.
Although there have only been about 50 cases identified in the UK so far, scientists fear it will go global.
Tight surveillance and new drugs are needed says Lancet Infectious Diseases.
NDM-1 can exist inside different bacteria, like E.coli, and it makes them resistant to one of the most powerful groups of antibiotics - carbapenems.
These are generally reserved for use in emergencies and to combat hard-to-treat infections caused by other multi-resistant bacteria.
And experts fear NDM-1 could now jump to other strains of bacteria that are already resistant to many other antibiotics.
Ultimately, this could produce dangerous infections that would spread rapidly from person to person and be almost impossible to treat.
At least one of the NDM-1 infections the researchers analysed was resistant to all known antibiotics.
Similar infections have been seen in the US, Canada, Australia and the Netherlands and international researchers say that NDM-1 could become a major global health problem.
Infections have already been passed from patient to patient in UK hospitals.
Map showing infection hotspots in the UK and India
The way to stop NDM-1, say researchers, is to rapidly identify and isolate any hospital patients who are infected.
Normal infection control measures, such as disinfecting hospital equipment and doctors and nurses washing their hands with antibacterial soap, can stop the spread.

And currently, most of the bacteria carrying NDM-1 have been treatable using a combination of different antibiotics.
Continue reading the main story
Analysis
Geeta Pandey BBC News, Delhi

The Indian health ministry and the medical fraternity are yet to see the Lancet report but doctors in India say they are not surprised by the discovery of the new superbug.
"There is little drug control in India and an irrational use of antibiotics," Delhi-based Dr Arti Vashisth told the BBC.
Doctors say common antibiotics have become ineffective in India partly because people can buy them over the counter and indulge in self-medication. They also take small doses and discontinue treatment.
Gastroenterologist Vishnu Chandra Agarwal says in the past year he has come across many patients with E.coli infections who have not responded to regular antibiotics.
"In about a dozen cases, I have used a chemical - furadantin - to treat my patients. And it has worked. It makes them horribly nauseous, but it works," he says.
But the potential of NDM-1 to become endemic worldwide is "clear and frightening", say the researchers in The Lancet infectious diseases paper.
The research was carried out by experts at Cardiff University, the Health Protection Agency and international colleagues.
Dr David Livermore, one of the researchers and who works for the UK's Health Protection Agency (HPA), said: "There have been a number of small clusters within the UK, but far and away the greater number of cases appear to be associated with travel and hospital treatment in the Indian subcontinent.
"This type of resistance has become quite widespread there.
"The fear would be that it gets into a strain of bacteria that is very good at being transmitted between patients."
He said the threat was a serious global public health problem as there are few suitable new antibiotics in development and none that are effective against NDM-1.
The Department of Health has already put out an alert on the issue, he said.
"We issue these alerts very sparingly when we see new and disturbing resistance."
Travel history
The National Resistance Alert came in 2009 after the HPA noted an increasing number of cases - some fatal - emerging in the UK.
The Lancet study looked back at some of the NDM-1 cases referred to the HPA up to 2009 from hospitals scattered across the UK.
At least 17 of the 37 patients they studied had a history of travelling to India or Pakistan within the past year, and 14 of them had been admitted to a hospital in these countries - many for cosmetic surgery.
For some of the patients the infection was mild, while others were seriously ill, and some with blood poisoning.
A Department of Health spokeswoman said: "We are working with the HPA on this issue.
"Hospitals need to ensure they continue to provide good infection control to prevent any spread, consider whether patients have recently been treated abroad and send samples to HPA for testing.
"So far there has only been a small number of cases in UK hospital patients. The HPA is continuing to monitor the situation and we are investigating ways of encouraging the development of new antibiotics with our European colleagues."
The Welsh Assembly Government said it would be "fully considering" the report.
"The NHS in Wales is used to dealing with multi-resistant bacteria using standard microbiological approaches, and would deal with any new bacteria in a similar way," said a spokesperson.

-----------------------------------------------------
The Lancet Infectious Diseases, Volume 10, Issue 9, Pages 597 - 602, September 2010
doi:10.1016/S1473-3099(10)70143-2Cite or Link Using DOI
Published Online: 11 August 2010

Emergence of a new antibiotic resistance mechanism in India, Pakistan, and the UK: a molecular, biological, and epidemiological study

Original Text
Karthikeyan K Kumarasamy MPhil a, Mark A Toleman PhD b, Prof Timothy R Walsh PhD b Corresponding AuthorEmail Address, Jay Bagaria MD c, Fafhana Butt MD d, Ravikumar Balakrishnan MD c, Uma Chaudhary MD e, Michel Doumith PhD c, Christian G Giske MD f, Seema Irfan MD g, Padma Krishnan PhD a, Anil V Kumar MD h, Sunil Maharjan MD c, Shazad Mushtaq MD c, Tabassum Noorie MD c, David L Paterson MD i, Andrew Pearson PhD c, Claire Perry PhD c, Rachel Pike PhD c, Bhargavi Rao MD c, Ujjwayini Ray MD j, Jayanta B Sarma MD k, Madhu Sharma MD e, Elizabeth Sheridan PhD c, Mandayam A Thirunarayan MD l, Jane Turton PhD c, Supriya Upadhyay PhD m, Marina Warner PhD c, William Welfare PhD c, David M Livermore PhD c, Neil Woodford PhD c
Summary
Background
Gram-negative Enterobacteriaceae with resistance to carbapenem conferred by New Delhi metallo-β-lactamase 1 (NDM-1) are potentially a major global health problem. We investigated the prevalence of NDM-1, in multidrug-resistant Enterobacteriaceae in India, Pakistan, and the UK.
Methods
Enterobacteriaceae isolates were studied from two major centres in India―Chennai (south India), Haryana (north India)―and those referred to the UK's national reference laboratory. Antibiotic susceptibilities were assessed, and the presence of the carbapenem resistance gene blaNDM-1 was established by PCR. Isolates were typed by pulsed-field gel electrophoresis of XbaI-restricted genomic DNA. Plasmids were analysed by S1 nuclease digestion and PCR typing. Case data for UK patients were reviewed for evidence of travel and recent admission to hospitals in India or Pakistan.
Findings
We identified 44 isolates with NDM-1 in Chennai, 26 in Haryana, 37 in the UK, and 73 in other sites in India and Pakistan. NDM-1 was mostly found among Escherichia coli (36) and Klebsiella pneumoniae (111), which were highly resistant to all antibiotics except to tigecycline and colistin. K pneumoniae isolates from Haryana were clonal but NDM-1 producers from the UK and Chennai were clonally diverse. Most isolates carried the NDM-1 gene on plasmids: those from UK and Chennai were readily transferable whereas those from Haryana were not conjugative. Many of the UK NDM-1 positive patients had travelled to India or Pakistan within the past year, or had links with these countries.
Interpretation
The potential of NDM-1 to be a worldwide public health problem is great, and co-ordinated international surveillance is needed.
Funding
European Union, Wellcome Trust, and Wyeth.


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
新たな超薬剤耐性菌の広がり NDM-1 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる