医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 病院コンピューター入力機器の多剤耐性菌汚染/キーボード・マウス MRSA 緑膿菌 アシネトバクター

<<   作成日時 : 2010/09/13 20:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 病棟コンピューター入力機器表面のMRSAとアシネトバクター・バウマニーと患者からの分離菌の関係 (2009)
画像 台湾の1600床のメディカルセンターで47病室と282台のコンピューターのキーボード・マウスからメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、緑膿菌、およびアシネトバクターbaumanniiを分離し病気との関連を調査した。汚染率は17.4%(49/282)だった。病室のコンピュータの汚染率はMRSA、A. baumanni、P.aeruginosaで 1.1%, 4.3%, 0% だった。同じ病室のコンピュータと臨床材料から分離された全てのアシネトバクター・バウマニーは異なるタイプであった。ただ、1つのアシネトバクター・バウマニーが同じ病室の2台のコンピュータから分離された。
 手の衛生管理を遵守すれば病室でのコンピュータ機器の汚染は比較的低く、大発生がなければルーチンの培養監視は必要ない。

--------------------------
病院内携帯電話による多剤耐性アシネトバクター汚染/医療用PHS 多剤耐性菌
http://kurie.at.webry.info/201009/article_8.html
新たな超薬剤耐性菌の広がり NDM-1
http://kurie.at.webry.info/201009/article_4.html
駆血帯による院内感染の危険
http://kurie.at.webry.info/200708/article_22.html
-----------------------------------------------------
BMC Infect Dis. 2009 Oct 1;9:164.
Methicillin-resistant Staphylococcus aureus and Acinetobacter baumannii on computer interface surfaces of hospital wards and association with clinical isolates.

Lu PL, Siu LK, Chen TC, Ma L, Chiang WG, Chen YH, Lin SF, Chen TP.

Department of Internal Medicine, Kaohsiung Medical University Hospital, Taiwan, Republic of China. idpaul@gmail.com
Abstract

BACKGROUND: Computer keyboards and mice are potential reservoirs of nosocomial pathogens, but routine disinfection for non-water-proof computer devices is a problem. With better hand hygiene compliance of health-care workers (HCWs), the impact of these potential sources of contamination on clinical infection needs to be clarified.

METHODS: This study was conducted in a 1600-bed medical center of southern Taiwan with 47 wards and 282 computers. With education and monitoring program of hand hygiene for HCWs, the average compliance rate was 74% before our surveillance. We investigated the association of methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA), Pseudomonas aeruginosa and Acinetobacter baumannii, three leading hospital-acquired pathogens, from ward computer keyboards, mice and from clinical isolates in non-outbreak period by pulsed field gel electrophoresis and antibiogram.

RESULTS: Our results revealed a 17.4% (49/282) contamination rate of these computer devices by S. aureus, Acinetobacter spp. or Pseudomonas spp. The contamination rates of MRSA and A. baumannii in the ward computers were 1.1% and 4.3%, respectively. No P. aeruginosa was isolated. All isolates from computers and clinical specimens at the same ward showed different pulsotypes. However, A. baumannii isolates on two ward computers had the same pulsotype.

CONCLUSION: With good hand hygiene compliance, we found relatively low contamination rates of MRSA, P. aeruginosa and A. baumannii on ward computer interface, and without further contribution to nosocomial infection. Our results suggested no necessity of routine culture surveillance in non-outbreak situation.

PMID: 19796381 [PubMed - indexed for MEDLINE]PMCID: PMC2765444

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
病院コンピューター入力機器の多剤耐性菌汚染/キーボード・マウス MRSA 緑膿菌 アシネトバクター 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる