医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京都の水道水から乳児の基準超す放射性ヨウ素

<<   作成日時 : 2011/03/23 19:03   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

“乳児の水道水摂取 控えて”
http://www.nhk.or.jp/shutoken/lnews/1004848991.html
 東京都葛飾区にある都の浄水場の水から、乳児の摂取量の上限となる暫定基準値を上回る量の放射性ヨウ素が検出されました。
東京都は、この浄水場の水道水を利用する東京23区と多摩地区の5つの市で、乳児に限って水道水の摂取を控えるよう呼びかけていますが、長期的に摂取しなければ健康に影響はないとしています。東京都によりますと東京都葛飾区にある都の金町浄水場で22日午前9時に検査のため採水した水から放射性ヨウ素131が1リットルあたり210ベクレル検出されました。
 また、23日午前9時に同じ金町浄水場で採水した水からも、1リットルあたり190ベクレル前後の放射性ヨウ素131が検出されたということです。
これは大人の摂取量の上限となる暫定基準値、水1リットルあたり300ベクレル以内に収まっていますが、乳児の摂取量の上限となる基準値の1リットルあたり100ベクレルを超えていて、東京都は金町浄水場の水道水を利用する東京23区と、武蔵野市、町田市、多摩市、稲城市、三鷹市で乳児に限って、水道水の摂取を控えるよう呼びかけています。
 さらにこの地域の事業者に対しても乳児が飲む可能性のある飲み物の原料にこの水道水を使わないよう呼びかけています。
東京都は放射性ヨウ素の量をめぐる基準は長期間にわたって摂取した場合の健康の影響を考えて設けられたもので、長期的に摂取しなければ健康に影響はないとし、代わりの飲料水が確保できない場合はこの水道水を摂取しても差し支えないと説明しています。
03月23日 14時21分

-----------------------------------------------------
水道水から放射性ヨウ素=乳児飲用基準の2倍―東京都
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110323-00000075-jij-soci
時事通信 3月23日(水)14時26分配信
 東京都は23日、金町浄水場(葛飾区)の水道水から乳児向けの飲用基準の約2倍に当たる放射性ヨウ素131を検出したと発表した。23区と武蔵野、町田、多摩、稲城、三鷹の5市に居住する都民に対し、乳児の水道水の摂取を控えるよう要請した。
 都は「基準は長期にわたって摂取した場合の健康影響を考慮して設定したもので、代替となる飲用水が確保できない場合、数回にわたって飲んでも健康にはまったく影響がない」としている。
 食品衛生法に基づき定められた、乳児向けの飲用基準の暫定的な指標値は1キログラム当たり100ベクレル。22日午前9時の時点では同浄水場の水道水からは2倍以上の210ベクレルが検出された。都によると、23日午前9時の段階では190ベクレルに下がったという。 最終更新:3月23日(水)15時4分

----------------------------------------------------
東京の浄水場から放射性ヨウ素検出 乳児の基準値2倍超 「飲用控えて」23区と5市
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110323/dst11032314280032-n1.htm
2011.3.23 14:28
画像金町浄水場=平成11年1月28日(本社ヘリから、佐藤一典撮影)
 東京都は23日、水道局の金町浄水場(葛飾区)から、放射性物質が乳児の暫定基準値の2倍を超える数値を測定したことを明らかにした。
 都によると、放射性ヨウ素を水道水1キロあたり210ベクレルを検出したといい、乳児に水道水の飲用を控えるよう要請した。乳児の水道水の摂取を控える地域は、東京23区、武蔵野市、町田市、多摩市、稲城市、三鷹市。
 厚生労働省が示した乳児の飲用を控える暫定規制値は1キロあたり100ベクレル。

------------------------------------------------------
ヨウ素・乳児の基準値2倍超も「数回飲んでも影響なし」と東京都
2011.3.23 14:45
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110323/dst11032314460033-n1.htm
金町浄水場=平成11年1月28日(本社ヘリから、佐藤一典撮影)
 東京都によると、水道水の放射性物質の検査は22日に都内3カ所で実施。金町浄水場(葛飾区)以外の1カ所では乳児の規制値を下回る1キロあたり放射性ヨウ素32ベクレルで、もう1カ所は検出されなかった。
 また「飲用基準を超えた水道水を数回にわたって飲んでも、健康にはまったく影響がない」とし、冷静な対応を求めた。

-----------------------------------------------------
東京 浄水場からヨウ素検出
3月23日 14時26分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110323/t10014849611000.html
 東京都は、葛飾区にある都の浄水場の水から1リットル当たり210ベクレルの放射性ヨウ素131が検出されたと発表しました。東京都は、乳児が摂取してよい基準の上限となる1リットル当たり100ベクレルを超えているとして、この浄水場の水道水を利用する東京23区と武蔵野市、町田市、多摩市、稲城市、三鷹市で、乳児に限って水道水の摂取を控えるよう呼びかけています。

----------------------------------------------------
金町浄水場で放射性物質…乳児には飲ませないで
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110323-OYT1T00598.htm
 東京都水道局は23日午後、記者会見し、東京都葛飾区の金町浄水場の水道水から、乳児向け飲用基準を上回る放射性ヨウ素が検出された、と発表した。
 23区と武蔵野、町田、多摩、稲城、三鷹の各市の全域で乳児に水道水を飲ませないよう呼びかけている。
 この基準は、長期にわたり摂取した場合の健康への影響を考慮して厚労省が設定したものであり、代わりとなる飲用水がない場合には、摂取しても健康上差し支えず、生活用水としての利用には問題ないという。
(2011年3月23日14時34分 読売新聞)

----------------------------------------------------
都内の浄水場から放射性ヨウ素 乳児飲用に適さぬ濃度
http://www.asahi.com/national/update/0323/TKY201103230282.html
2011年3月23日14時31分
 東京都水道局は23日、金町浄水場(葛飾区)から乳児の飲用に適さない濃度の放射性ヨウ素が検出されたと発表した。検出濃度は1キロ当たり210ベクレルで、厚生労働省が21日に示した乳児の飲用に関する指標値の100ベクレルを110ベクレル上回っていた。
 都は23区と武蔵野、町田、多摩、稲城各市での乳児の飲用を控えるよう呼びかけている。ただ、「厚労省設定の数値は長期間飲用した場合の健康被害を考慮したもので、代替飲用水が確保できない場合は摂取しても差し支えない」としている。

----------------------------------------------------
首都圏、放射性降下物増える 東京で前日比10倍も
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103220536.html
2011年3月23日0時1分
 文部科学省は22日、福島第一原発事故の影響を受け、上空からちりなどとともに落ちた放射性物質の測定結果を発表した。首都圏などを中心に増加傾向を示した。東京都新宿区で1平方メートルあたり5300ベクレルのセシウム137、3万2千ベクレルのヨウ素131を検出、前日に比べ、いずれも約10倍の濃度に上がった。健康に影響を与える値ではないが、長期に及ぶ監視が必要になる。
 放射性降下物の測定は、文科省が21日午前9時から22日午前9時にかけて全国で行い、分析した。
 東京都の値は、前日のセシウム560ベクレル、ヨウ素2900ベクレルから急上昇した。22日発表のセシウムの値は、放射線管理区域の基準値4万ベクレルの8分の1、ヨウ素の値は、5分の4にあたる。
 この他の自治体のセシウムの値も、さいたま市が1600ベクレル(前日790ベクレル)、甲府市が400ベクレル(同不検出)、宇都宮市が440ベクレル(同250ベクレル)と、軒並み上昇した。
 前日に、最も高い値を記録した茨城県ひたちなか市では、やや下がったものの、セシウム1万2千ベクレル、ヨウ素8万5千ベクレルと、依然、高い値を記録している。福島や宮城は震災の影響で計測できていない。

 東日本は22日も、雨や雪が降ったところが多く、大気中に漂うちりとともに、放射性物質が落下したとみられる。ヨウ素の半減期は8日間と短いが、セシウムの半減期は30年で、地面に降りた後も長期間放射線を出し続ける。土壌や水、農作物への放射能汚染につながりかねないため、今後も監視を続ける必要がある。

-----------------------------------------------------
雨の影響で…9都県で降下物の放射性物質大幅増
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/03/22/kiji/K20110322000473960.html
 文部科学省は20日朝から24時間の雨やちり、ほこりなど降下物の検査結果について、21日の雨の影響で、放射性のヨウ素やセシウムの量が大幅に増えた地域があったと発表した。
 21日の検査で両物質か一方が検出されたのは岩手、栃木など9都県。1平方キロ当たりの量はヨウ素が山形22メガベクレル(1メガベクレルは100万ベクレル)、栃木540メガベクレル、群馬190メガベクレル、東京40メガベクレル、新潟2・5メガベクレルなど。セシウムは岩手0・24メガベクレル、栃木45メガベクレル、群馬63メガベクレル、千葉3・8メガベクレルなど。文科省は「健康に問題ないレベル」としたが「農作物への影響は、厚生労働省を中心に検査する必要がある」と説明した。
 気象庁は21日の気象情報に「雨が降っても健康に影響はありません」との説明を添えた。
 保安院は21日、屋内退避が指示されている範囲の住民らに対し、雨が降って濡れた場合は念のため体を洗うことや、使った雨具は屋外で保管することなどを呼び掛けた。
 濡れた場合には、体を水道水で洗い、水道水がない場合は濡れたタオル、なければ乾いたタオルで体を拭く。拭いたタオルや雨に濡れた服、靴などは洗濯すれば基本的に大丈夫だが、心配ならポリ袋に入れて廃棄する。使ったかっぱや傘などはポリ袋に入れ、屋外で保管。雨具を繰り返し使うことは可能という。
[ 2011年3月22日 06:00 ]

-------------------------------------------------------
首都圏、放射性降下物増える 東京で前日比10倍も
http://www.asahi.com/national/update/0322/TKY201103220536.html
2011年3月23日0時1分
 文部科学省は22日、福島第一原発事故の影響を受け、上空からちりなどとともに落ちた放射性物質の測定結果を発表した。首都圏などを中心に増加傾向を示した。東京都新宿区で1平方メートルあたり5300ベクレルのセシウム137、3万2千ベクレルのヨウ素131を検出、前日に比べ、いずれも約10倍の濃度に上がった。健康に影響を与える値ではないが、長期に及ぶ監視が必要になる。
 放射性降下物の測定は、文科省が21日午前9時から22日午前9時にかけて全国で行い、分析した。
 東京都の値は、前日のセシウム560ベクレル、ヨウ素2900ベクレルから急上昇した。22日発表のセシウムの値は、放射線管理区域の基準値4万ベクレルの8分の1、ヨウ素の値は、5分の4にあたる。
 この他の自治体のセシウムの値も、さいたま市が1600ベクレル(前日790ベクレル)、甲府市が400ベクレル(同不検出)、宇都宮市が440ベクレル(同250ベクレル)と、軒並み上昇した。
 前日に、最も高い値を記録した茨城県ひたちなか市では、やや下がったものの、セシウム1万2千ベクレル、ヨウ素8万5千ベクレルと、依然、高い値を記録している。福島や宮城は震災の影響で計測できていない。
 東日本は22日も、雨や雪が降ったところが多く、大気中に漂うちりとともに、放射性物質が落下したとみられる。ヨウ素の半減期は8日間と短いが、セシウムの半減期は30年で、地面に降りた後も長期間放射線を出し続ける。土壌や水、農作物への放射能汚染につながりかねないため、今後も監視を続ける必要がある。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京都の水道水から乳児の基準超す放射性ヨウ素 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる