医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島原発 放水口・沖の海水から高濃度の放射性物質

<<   作成日時 : 2011/03/30 21:34   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

4385倍の放射性物質検出
3月31日 12時20分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110331/t10015014171000.html
 福島第一原子力発電所周辺の海水から、法律で定められた基準値の4385倍に当たる放射性のヨウ素131が検出されたことが分かりました。同じ場所で29日に検出された値をさらに上回り、これまでで最も高い値になっています。経済産業省の原子力安全・保安院は、「調査地点を増やして、海での拡散の実態を捉えたい」と話しています。
 東京電力が福島第一原子力発電所の周辺で行っている海水の調査によりますと、1号機から4号機の水を流す放水口の南330メートルの地点で、30日午後1時55分に採取した海水から、国の基準値の4385倍に当たる、1cc当たり180ベクレルのヨウ素131が検出されました。同じ地点では、29日、基準値の3355倍に当たるヨウ素131が検出されていて、今回はこれを上回り、これまでで最も高い値となりました。30日の調査では、セシウム134が基準の783.7倍、半減期がおよそ30年と長いセシウム137が527.4倍と、いずれもこれまでで最も高い値となりました。さらに、この地点からおよそ1.6キロ北にある、福島第一原発の5号機と6号機の水を流す放水口の北50メートルの地点でも、30日午前8時40分に採取された海水から、国の基準の1425倍に当たるヨウ素131が検出されていて、これもこの地点としては、これまでで最も高い値です。これについて、原子力安全・保安院は、「原発から半径20キロの範囲は避難指示が出され、漁業は行われていないうえ、今後、海流で拡散するため、海産物を通して人が摂取するまでに相当薄まると考えられる。放射性物質に汚染された水が継続して放出されている可能性があり、文部科学省が沖合30キロで行っている調査に加えて、中間点に当たる沖合15キロの調査を行って、拡散の実態を調べ、海への影響を評価したい」と話しています。

-------------------------------------------------------------
海水の放射性物質 濃度が上昇
3月30日 16時36分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110330/t10014996511000.html
画像 福島第一原子力発電所の事故で放射性物質の漏えいが続くなか、周辺の海水から検出される放射性のヨウ素131の濃度が再び上昇し、国の基準の3355倍という、これまでで最も高い濃度になりました。東京電力では、福島第一原発から放射性物質に汚染された水の流出が続いているとみて、調査の範囲を沖合まで広げるとともに、対応を検討しています。
 福島第一原発の1号機から4号機の水を流す「放水口」の南330メートルの地点では、海水のヨウ素131の濃度が、一時、国の基準の1000倍を超えましたが、28日午後の時点では27.9倍まで下がりました。しかし、29日の朝になって再び上昇し、午後1時55分には、これまでで最も高い基準値の3355倍に当たる、1cc当たり130ベクレルのヨウ素131が検出されました。また、半減期がおよそ30年と長い、セシウム137も、これまでで最も高い、基準値の352.4倍に当たる、1cc当たり32ベクレルが検出されました。高い濃度のヨウ素131は、5号機と6号機の水を流す放水口の北50メートルの地点でも、29日午後2時10分に、この地点としては最も高い、国の基準の1262.5倍の値が検出されました。再び海水中の放射性物質の濃度が高くなってきていることについて、東京電力は、「きのうは雨が降っていないので、雨で陸地の放射性物質が流されての上昇ではないとみられる。原発の作業を見ても、特別、多くの水が海に出るようなことはなかったとみられ、それ以外の原因があると思う」と述べ、流出経路の特定を急ぐとともに、海水の調査の範囲を沖合まで広げる考えを示しました。原子力安全・保安院は、30日午前の記者会見で「今後、海流で拡散するため、海産物を通して人が摂取するまでに相当薄まると考えられるが、汚染された水が海に流れ込むことは避けなければならない」と述べ、対応を検討する考えを示しました。これに関連して、原子力安全・保安院は、事故で施設内に放出された放射性物質が海や施設の外に流出しないようにするため、水溶性の合成樹脂を敷地の土壌にまく対策を、31日から試験的に行うことを明らかにしました。この対策は、のり面や埋め立て地で土が飛散しないよう塗りつけるために開発されたもので、まずは1号機から4号機の海に近い場所で行うとしています。一方、事態の収拾に向けた作業の妨げになっている、タービン建屋地下の放射性物質に汚染された水については、まず1号機で今月24日から、蒸気を水に戻す復水器という装置の中にポンプで移す作業が行われています。しかし、29日午前7時半ごろ、復水器が満水になったため、東京電力は排水作業を一時、中断したということです。経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、これまでの排水で、当初40センチだった水位は、半分の20センチ程度に下がっているということで、復水器の水を別のタンクに移すための準備を進めているということです。また、2号機と3号機では、復水器がすでに満水だったため、別のタンクに玉突きのように水を移し替えて最終的に復水器に入れる計画です。復水器の水を入れる予定の「復水貯蔵タンク」の水を、別の「サージタンク」と呼ばれるタンクに移す作業を進めています。しかし、サージタンクに移す作業だけで3日間かかるということで、汚染された水の排水に取りかかるまでにはさらに時間がかかる見通しです。

-----------------------------------------------------
3000倍超 放射性物質検出
3月30日 12時8分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110330/t10014987581000.html
福島第一原子力発電所周辺の海水から、国の基準の3355倍に当たる放射性のヨウ素131が検出されたことが分かりました。原発周辺で採取した海水の中ではこれまでで最も高い値で、経済産業省の原子力安全・保安院は、福島第一原発から放射性物質に汚染された水の流出が続いているとみて、対応を検討しています。

経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、福島第一原子力発電所の1号機から4号機の水を流す「放水口」の南330メートルの地点で採取した海水では、ヨウ素131が、▽29日午前8時20分の時点で、法律で定められた基準値の2572.5倍、▽29日午後1時55分の時点で、これまでで最も高い基準値の3355倍に上りました。また、この地点からおよそ1.6キロ北にある福島第一原発の5号機と6号機の水を流す放水口の北50メートルの地点で、29日午後2時10分に採取された海水から、ヨウ素131が国の基準の1262.5倍の濃度で検出されました。この濃度も、この地点としてはこれまでで最も高くなりました。30日午前の記者会見で、原子力安全・保安院は「原発から半径20キロの範囲は避難指示が出されているうえ、今後、海流で拡散して薄まるため、海産物を通して人が摂取するまでに相当薄まると考えられるが、汚染された水が海に流れ込むことは避けなければならない」と述べ、原因を調べて対応を検討する考えを示しました。

---------------------------------------------------
第一原発南側の海水、放射性ヨウ素基準の3355倍
http://www.asahi.com/national/update/0330/TKY201103300233.html
2011年3月30日12時50分
 東京電力は30日、福島第一原子力発電所1〜4号機の放水口から南に約330メートルの海岸沿いで、29日午後に採取した海水から、原子炉等規制法が定める基準の3355倍にあたる濃度の放射性ヨウ素131を検出した、と発表した。5、6号機の放水口から約30メートル北の地点でも、同日午後の海水から1263倍のヨウ素131を検出した。
 海水中のヨウ素131の濃度については、南側で25日に基準の1251倍を検出。26日には1851倍に上昇していたが、28日には28倍にまで低下していた。北側では27日に1150倍を検出したが、28日には666倍にまで下がっていた。29日に入って南北いずれでも濃度が急上昇した。ヨウ素131の放射能が半分になる半減期は、8日と短い。
 半減期が長いセシウムも高濃度で見つかった。東電によると、29日午後に採取した海水から、南側ではセシウム134も基準の520倍、セシウム137は352倍検出された。北側でもセシウム134は202倍、セシウム137が137倍の濃度だった。
 経済産業省原子力安全・保安院は、放射性物質を含むちりが海に流れたり、周辺に飛び散ったりするのを防ぐため、のり面工事などに使う粉じん防止剤の溶液を散水車でまき、固める実験を1〜4号機の付近で31日から始める予定と発表した。
 原子力安全・保安院の西山英彦審議官は会見で「汚染水の海への流れ込みを避けなければならないが、潮流で拡散され、周辺住民にただちに影響はないと考えられる。早く原因を突き止め、食い止めることが重要だ」と述べた。

--------------------------------------------------------------
海水中のヨウ素 さらに高濃度に
3月27日 11時44分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110327/k10014927281000.html
 福島第一原子力発電所の放水口の近くで25日に採取された海水から国の基準のおよそ1250倍という高濃度の放射性物質が検出されましたが、26日、同じ地点で採取された海水からさらに高い1850.5倍の放射性のヨウ素131が検出されました。経済産業省の原子力安全・保安院は、原子炉から漏れ出た放射性物質を含む水が流れ出ているとみていますが、「原発から半径20キロの範囲は避難指示が出されているので、周辺の住民に直ちに影響があるとは考えていない。また海水は潮流に流されて拡散するので、ある程度低減すると考えられる」としています。
------------------------------------
海水中のヨウ素、1850.5倍に上昇 福島第一原発
http://www.asahi.com/national/update/0327/TKY201103270082.html
2011年3月27日12時4分
 原子力安全・保安院は27日午前、東京電力が26日午後2時半に福島第一原発付近で採取した海水から、安全基準の1850.5倍の濃度にあたる放射性ヨウ素が検出された、と発表した。

----------------------------------------------------
海水 1250倍の放射性ヨウ素
3月26日 11時27分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110326/t10014914951000.html
 福島第一原子力発電所の放水口の南、330メートルで、海水から国の基準のおよそ1250倍の濃度の放射性のヨウ素131が検出されたことが分かりました。
 経済産業省の原子力安全・保安院によりますと、福島第一原発の1号機から4号機の水を流す「放水口」の南、330メートルの地点で、25日午前8時半に採取された海水から、国の基準の1250.8倍の濃度のヨウ素131が検出されました。この濃度は、500ミリリットル飲むと一般の人が1年間に浴びても差し支えないとされる1ミリシーベルトに相当する値だということです。原子力安全・保安院は「原発から半径20キロの範囲は避難指示が出されているので、周辺の住民に直ちに影響があるとは考えていない。また、海水は潮流に流されて拡散するので、ある程度、低減すると考えられる」としています。この地点の海水からは、今月23日にもヨウ素131が146.9倍の濃度で検出されていて、今回はそれを大きく上回っています。

----------------------------------------------------
原発沖16キロ、基準の16〜80倍放射性物質
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866921/news/20110322-OYT1T00616.htm
画像 東日本巨大地震で被災した福島第一原子力発電所の近くで採取した海水から高濃度の放射性物質が検出された問題で、東京電力は22日午後、原発から20キロ・メートル圏内の沿岸の海水から、安全基準の16〜80倍の放射性ヨウ素131が検出されたと発表した。
 東電によると、第一原発から8キロ離れた地点の海水から、原子炉等規制法が定める基準の80倍に相当する濃度の放射性ヨウ素131が検出された。10キロ地点で27倍、16キロ地点では16倍が検出され、汚染が広範囲に及ぶことがわかった。
 21日に基準の127倍の放射性ヨウ素が検出された第一原発の放水口付近では22日、濃度が30倍に下がり、セシウム134も基準の25倍だったものが、3倍に下がった。笠井篤・元日本原子力研究所研究室長は「安全基準は、海水をそのまま飲んだ場合の人体への影響を基に計算されたもので、現時点で海産物に影響があるとは考えにくい」と話している。
(2011年3月22日21時31分 読売新聞)

----------------------------------------------------
放水口海水から126倍のヨウ素 3地点でも基準値超える
2011.3.22 21:26
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110322/dst11032221300057-n1.htm
 東京電力は22日、福島第1原発の放水口付近など4地点で海水を調査した結果、基準値を超える高濃度の放射性物質(放射能)が検出されたと発表した。21日午後の調査で同原発取水口付近で放射性物質のヨウ素131が基準値の126・7倍の濃度で検出され、22日朝の調査では、29・8倍に低下。南に8〜16キロ離れた3地点でも16・4〜80・3倍だった。東電は「普通でない汚染が広がっている」としたうえで、「海水なのでただちに影響はない」と説明した。
 原因は分かっていないが、原子炉から放出された大気中の放射性物質が雨などで海面に落ちたか、放水された水に放射性物質が含まれ海に流れ出た可能性などが指摘されている。
 基準値は仮に海水を毎日飲んだ場合、一般人の1年間の被曝(ひばく)線量の上限1ミリシーベルトに達する値。第1原発の放水口付近と、南に8、10、16キロ離れた海岸沿い3地点で実施した。
 21日昼の放水口付近の調査では、ヨウ素131の濃度が5・066ベクレルと基準値の126・7倍に達したほか、セシウム134が24・8倍、同137も16・5倍の濃度で、微量のコバルト58も検出。22日朝の調査ではヨウ素131のほか、セシウム134が2・5倍、同137は1・7倍に低下した。
 8〜16キロの3地点では、21日深夜から22日未明に実施。ヨウ素131が近い場所からそれぞれ80・3倍、27・1倍、16・4倍の濃度で検出。セシウムも基準値を0・4〜1・3倍上回った。東電では調査を継続して監視するほか、データを蓄積して原因を究明する。
 文部科学省も23日中に調査船で沿岸約30キロの8カ所で海水を採取し分析する。厚生労働省は22日、茨城、千葉両県と漁業が再開されていない福島県にも沿岸水産物のモニタリング強化を要請。福島県は「漁業権が放棄されている」とし、この海域の水産物が市場に出た可能性を否定した。
 濃度上昇の原因について、経済産業省原子力安全・保安院は22日、大気中の放射性物質が雨で降下したほか、建屋内の放射性物質が放水で洗い流され、海に流れ込んだ可能性を指摘した。また爆発で放射性物質が付着した残骸が吹き飛ばされ、海中に沈んだ可能性も指摘されている。
 原子炉内の水が海に流出している可能性については、「この程度の数値では済まないと考えられる」(保安院)とし、否定的な見解を示した。

-----------------------------------------------------
福島原発近く海水から放射性物質 最大で基準の126倍
http://www.asahi.com/national/update/0322/TKY201103210384.html
2011年3月22日12時38分
 東日本大震災で被害を受けた福島第一原発近くの海水から、最大で安全基準の126倍にあたる濃度の放射性物質が検出されたことを、東京電力が22日未明の記者会見で明らかにした。漁業への影響などを評価するため、今後も調査を続けるという。
 東電によると、21日午後2時半に放水口付近で0.5リットルの海水を採取して調べたところ、ヨウ素131が原子炉等規制法が定める基準の126.7倍、検出された。仮にこの水を3日間飲むと、一般人の年間限度にあたる放射線(医療被曝〈ひばく〉を除く)を被曝することになる。ヨウ素131は、放射線の量が半分になる「半減期」が8日間。
 このほかセシウム134が基準の24.8倍、セシウム137が16.5倍検出された。
 福島県の環境放射能測定基本計画によると、福島第一原発では年に2回、検査することが定められている。
 海水の放射性物質は、魚などの体内にとりこまれて濃縮され、さらにその魚を食べた人に影響を及ぼす恐れもある。東電は22日にも、21日の1地点を含む4地点から採取した海水を調べる予定。
 海水への流入原因は今のところ、複数考えられる。原発から漏れ出て空中を漂っていた放射性物質が雨とともに海に落ちたり、使用済み核燃料のプールに向けた放水で地下にしみ込んだ水が海に流れたりした可能性があるという。
 東電からは防災計画に基づいて経済産業省原子力安全・保安院に連絡。経産相や福島県大熊町、双葉町の町長のほか、漁協がある同県浪江町、富岡町にも21日午後11時すぎから22日午前0時すぎにかけて連絡したという。
 海産物への影響について、細川律夫厚生労働相は22日、会見で「色々な海域で分析をしっかりさせていただきたい。魚介類の出荷が始まる際には、検査実施について県と協議をしていきたい」と述べた。また、同省は22日、茨城、千葉両県に対し、沿岸の水産物へのモニタリング検査を強化するよう要請した。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島原発 放水口・沖の海水から高濃度の放射性物質 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる