医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 自閉症では脳の表情認識部分の活動が低下

<<   作成日時 : 2011/03/08 20:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

自閉症 脳の特定部分活動が低下
3月8日 6時30分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110308/k10014510921000.html
 対人関係をうまく築けない自閉症の人は、相手の表情を認識する脳の特定の部分の活動が低下しているとする研究結果を浜松医科大学などのグループがまとめました。自閉症の早期発見につながる可能性があると注目されています。
 対人関係をうまく築けない自閉症の障害のある人は、増加傾向にあるとみられていますが、原因はよく分かっていません。浜松医科大学などのグループは、自閉症に特徴的な、話をするときに視線を合わせないという症状に着目し、自閉症とそうでないあわせて40人の脳をPETと呼ばれる装置で撮影して調べました。その結果、自閉症がある場合、相手の表情を認識する脳の「紡錘状回」と呼ばれる部分で「アセチルコリン」という物質が30%ほど減少し、減り方が大きいほど症状が重くなることが分かったということです。アセチルコリンには神経細胞のつなぎ目で刺激を伝える働きがあることから、研究グループでは、相手の表情を認識する脳の活動の低下によって、自閉症の症状が起きていると結論づけています。研究グループの鈴木勝昭准教授は「自閉症の人がなるべく早く支援を受けて社会に適応できるよう、早期に発見できる検査法の開発につなげたい」と話しています。

-----------------------------------------------------
自閉症:症状の原因一端を解明…顔認識の神経、働きが低下
http://mainichi.jp/select/science/news/20110308k0000m040125000c.html
 自閉症患者の脳では、人の顔を認識する部位の神経の働きが低下していることを、鈴木勝昭・浜松医科大准教授(精神科)らのチームが突き止めた。患者は人の目を見ない傾向が強く、「相手の気持ちを読めない」などの障害が指摘されている。自閉症の特徴的な症状の原因の一端が明らかになったのは初めてで、症状の悪化防止に道を開く成果という。8日発行の米精神医学誌に発表する。
 チームは、18〜33歳の患者20人の脳を、陽電子放射断層撮影(PET)という装置で撮影し、一般の人の脳の画像と比較。患者では、脳下部にある顔の認知にかかわる部位「紡錘(ぼうすい)状回」で、脳の活動を調節する「アセチルコリン神経」の働きが最大4割低下していることを発見した。
 鈴木准教授は「人と視線を合わせないことが、自閉症による脳の機能低下を示している。この症状に早く気付くことで、社会性を養う訓練開始など症状を重くしない対応が可能になる」と話す。【永山悦子】
毎日新聞 2011年3月8日 6時00分(最終更新 3月8日 7時54分)

-----------------------------------------------------
自閉症の症状出現のメカニズム解明- 表情を認識する脳部位に障害
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/32876.html
画像 相手の気持ちが読めない―。自閉症の特徴的な症状とされる社会性の障害が現れる原因が、アセチルコリン神経というヒトの表情を視覚的に認識する脳の部位の機能低下に関係していることが明らかになった。この研究成果は、浜松医科大と中京大、NPO法人アスペ・エルデの会でつくる共同研究チームによるもの。3 月7日付で、米国の専門誌「Archives of General Psychiatry」に掲載された。
 自閉症は、▽相手の気持ちが読めない社会的相互作用の障害▽自分の気持ちをうまく伝えられないコミュニケーションの障害▽「こだわり」として限定され、いつも同じような形で繰り返される行動・興味・活動―という3つの特徴を持つ神経発達障害。
 研究では、このうち「相手の気持ちが読めない」という特徴に着目。その原因は以前から、相手と視線を合わせないためと考えられてきたが、脳の紡錘状回というヒトの表情を認識する部位でアセチルコリン神経の活動が低下していることが判明。さらに、アセチルコリン神経の活動異常を頭部専用PET(陽電子放射断層撮影)で画像としてとらえることに成功した。
 アセチルコリン神経の神経終末には、アセチルコリンエステラーゼ(AChE)というたんぱく質が存在する。神経の機能が低下すると神経終末が少なくなり、AChEもそれに伴って減少する。PETは生きた脳の神経の働きをとらえることが可能で、今回の研究では、自閉症の18歳−33歳の20人と同年代の健常者20人をそれぞれ調べたところ、自閉症の人では、紡錘状回のアセチルコリン神経の機能が健常者より低下しており、その程度が大きいほど「相手の気持ちが読めない」という症状が強いことが分かった。
 掲載に先立ち、文部科学省で記者会見した研究チームの中村和彦・浜松医科大精神神経医学講座准教授は、「自閉症は、喜怒哀楽を示す顔を認知することができないというのが特徴。『見る』ということは、情報の中で9割程度を占める。その情報を解析する脳の部位に障害が確認されたことで、今後の療育の在り方や工夫につながるエビデンスになれば」と述べた。
( 2011年03月08日 06:00 キャリアブレイン )

------------------------------------------------------
Reduced Acetylcholinesterase Activity in the Fusiform Gyrus in Adults With Autism Spectrum Disorders

Katsuaki Suzuki, MD, PhD; Genichi Sugihara, MD, PhD; Yasuomi Ouchi, MD, PhD; Kazuhiko Nakamura, MD, PhD; Masatsugu Tsujii, MA; Masami Futatsubashi, BS; Yasuhide Iwata, MD, PhD; Kenji J. Tsuchiya, MD, PhD; Kaori Matsumoto, MA; Kiyokazu Takebayashi, MD, PhD; Tomoyasu Wakuda, MD, PhD; Yujiro Yoshihara, MD, PhD; Shiro Suda, MD, PhD; Mitsuru Kikuchi, MD, PhD; Nori Takei, MD, PhD, MSc; Toshirou Sugiyama, MD, PhD; Toshiaki Irie, PhD; Norio Mori, MD, PhD

Arch Gen Psychiatry. 2011;68(3):306-313. doi:10.1001/archgenpsychiatry.2011.4

Context Both neuropsychological and functional magnetic resonance imaging studies have shown deficiencies in face perception in subjects with autism spectrum disorders (ASD). The fusiform gyrus has been regarded as the key structure in face perception. The cholinergic system is known to regulate the function of the visual pathway, including the fusiform gyrus.

Objectives To determine whether central acetylcholinesterase activity, a marker for the cholinergic system, is altered in ASD and whether the alteration in acetylcholinesterase activity, if any, is correlated with their social functioning.

Design Using positron emission tomography and a radiotracer, N -[11C]methyl-4-piperidyl acetate ([11C]MP4A), regional cerebrocortical acetylcholinesterase activities were estimated by reference tissue--based linear least-squares analysis and expressed in terms of the rate constant k3. Current and childhood autism symptoms in the adult subjects with ASD were assessed by the Autism Diagnostic Observation Schedule and the Autism Diagnostic Interview--Revised, respectively. Voxel-based analyses as well as region of interest--based methods were used for between-subject analysis and within-subject correlation analysis with respect to clinical variables.

Setting Participants recruited from the community.

Participants Twenty adult subjects with ASD (14 male and 6 female; age range, 18-33 years; mean [SD] intelligence quotient, 91.6 [4.3]) and 20 age-, sex-, and intelligence quotient--matched healthy controls.

Results Both voxel- and region of interest--based analyses revealed significantly lower [11C]MP4A k3 values in the bilateral fusiform gyri of subjects with ASD than in those of controls (P < .05, corrected). The fusiform k3 values in subjects with ASD were negatively correlated with their social disabilities as assessed by Autism Diagnostic Observation Schedule as well as Autism Diagnostic Interview--Revised.

Conclusions The results suggest that a deficit in cholinergic innervations of the fusiform gyrus, which can be observed in adults with ASD, may be related to not only current but also childhood impairment of social functioning.


Author Affiliations: Research Center for Child Mental Development (Drs Suzuki, Sugihara, Tsuchiya, Takebayashi, Suda, and Takei and Ms Matsumoto), Molecular Imaging Frontier Research Center (Dr Ouchi), and the Departments of Psychiatry and Neurology (Drs Nakamura, Iwata, Wakuda, and Mori), and Child Psychiatry (Dr Sugiyama), Hamamatsu University School of Medicine, Hamamatsu; Positron Medical Center, Hamamatsu Medical Center, Hamamatsu (Dr Ouchi and Mr Futatsubashi); Department of Psychiatry and Neurobiology, Graduate School of Medical Science, Kanazawa University, Kanazawa (Dr Kikuchi); Faculty of Sociology, Chukyo University, Toyota (Mr Tsujii); Koujin Hospital, Nagoya (Dr Yoshihara); and Advanced Technology for Medical Imaging, National Institute of Radiological Sciences, Chiba (Dr Irie), Japan.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自閉症では脳の表情認識部分の活動が低下 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる