医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS ワクチン同時接種 乳児が死亡6人目 /熊本

<<   作成日時 : 2011/03/10 23:53   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ヒブ・3種ワクチン接種後に乳児死亡 熊本市で 2011年03月10日
http://kumanichi.com/news/local/main/20110310003.shtml
画像 ヒブ・3種ワクチン接種後に乳児死亡 熊本市での写真、図解
熊本市の男児がワクチン接種後に死亡した事例について発表する田上健二衛生部長(左から2人目)ら市幹部=10日午前9時過ぎ、熊本市役所
 熊本市は10日、同市内の医療機関でインフルエンザ菌b型(ヒブ)と3種混合ワクチンの同時接種を受けた7カ月の男児が、接種から7日後に死亡していたと発表した。子どもの細菌性髄膜炎などを予防するヒブワクチンや肺炎球菌ワクチンの接種を受けた乳幼児の死亡が3月に入り全国で相次いでおり、これで6例目。
 市衛生部によると、男児は2月15日に医療機関でヒブワクチンとジフテリア、百日ぜき、破傷風の3種混合ワクチンを同時に接種、同22日に死亡した。ヒブワクチンは年齢によって3〜4回の接種が必要で、男児はこの日が初回。法定接種の3種混合ワクチンは2回目だった。持病はなかったという。
 医療機関が「副作用の疑いがある」と判断して市に報告したのは9日で、市は同日、国と県に報告した。市は「現時点で接種と死亡との因果関係は不明」としている。
 熊本市は今年2月から、生後2カ月〜4歳の約3万4千人を対象に、ヒブと小児用肺炎球菌のワクチン接種が無料で受けられる事業を開始。市内の医療機関約140カ所で実施していた。しかし、3月に入り全国で死亡例が相次ぎ報告されたため、国の通知を受けて5日から両ワクチン接種を見合わせている。
 8日の厚労省専門家会議では、これまでの5例について「現時点では死亡とワクチン接種の直接的な因果関係は認められない」としたものの、安全性についての判断は先送りした。同省結核感染症課は「熊本市の事例についても早急に専門家会議に諮り、詳細に検討する」としている。(森紀子)

-----------------------------------------------------
ワクチン同時接種 乳児が死亡
3月10日 14時32分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110310/k10014571481000.html
 先月、細菌性髄膜炎などを予防するヒブワクチンと別のワクチンの接種を同時に受けた熊本市の生後7か月の男の子が1週間後に死亡したことが分かりました。ヒブワクチンなどと別のワクチンを同時に接種したあとに死亡するケースは、先月以降、全国で6例目です。
 熊本市の発表によりますと、亡くなったのは熊本市の生後7か月の男の子です。男の子は、先月15日、熊本市内の医療機関で、▽細菌性髄膜炎などを予防する「ヒブワクチン」と、▽ジフテリアと破傷風、それに百日せきを予防する「3種混合ワクチン」の接種を同時に受けたあと、1週間後に死亡しました。これは、医療機関から熊本市に9日に報告があったことから明らかになったもので、男の子に持病はなかったということです。細菌性髄膜炎などを予防するヒブワクチンや小児用肺炎球菌ワクチンを巡っては、去年11月から国が予防接種の助成を始めていましたが、先月から今月にかけて全国で別のワクチンと同時に接種したあとに死亡する事例が相次ぎ、今回のケースで6例目となります。いずれも死亡と接種の因果関係は分かっていませんが、厚生労働省は、今月4日、全国の自治体にヒブワクチンや小児用肺炎球菌のワクチンの接種を一時見合わせるよう連絡しています。

-----------------------------------------------------
ワクチン同時接種後に乳児死亡、6例目
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110310-OYT1T00366.htm
 厚生労働省は10日、細菌性髄膜炎などを予防するヒブワクチン「アクトヒブ」と、DPT(ジフテリア・百日ぜき・破傷風の混合ワクチン)を同時接種した熊本市の生後7か月の男児が、2月22日に死亡していたことがわかったと発表した。
 乳幼児へのワクチン同時接種による死亡は6例目。
 同省によると、男児は同月15日に両ワクチンを接種した。その後、特に異状はなかったが、7日後に急死したという。男児に持病はなかった。
 主治医はワクチンと死亡との因果関係について、「評価不能」と報告している。
(2011年3月10日11時06分 読売新聞)

-----------------------------------------------------
熊本でヒブ接種後の7カ月男児が死亡 厚労省発表
2011年3月10日
http://www.asahi.com/health/news/TKY201103100102.html
 厚生労働省は10日、熊本市でインフルエンザ菌b型(ヒブ)ワクチンの接種を受けた7カ月の男児が、7日後に亡くなったと発表した。男児は2月15日、ヒブと三種混合DPTワクチンの同時接種を受けた。持病はないという。同省は専門家による検討会を開いて因果関係を調べる。厚労省によると、同様の死亡例は6例目。

-------------------
ワクチンの同時接種見合わせ
http://kurie.at.webry.info/201103/article_8.html
ワクチン同時接種で4人死亡
http://kurie.at.webry.info/201103/article_5.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワクチン同時接種 乳児が死亡6人目 /熊本 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる