医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS ヨウ素剤投与の基準を引き下げ、早期投与を推奨 仏専門家グループ/甲状腺ガン

<<   作成日時 : 2011/04/01 20:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 原発災害に取り組む日本の当局は、甲状腺ガンの発症を予防するために可能な限り広範囲にヨウ素製剤を配布すべきであると、放射線専門家のグループは言っている。
 フランスのCRIIRADグループによれば、日本は放射能に対する甲状腺の感受性を低く見積っており、ヨウ素を投与すべきとする100ミリシーベルト(mSv)の閾値を下げなければいけないと言う。コリン・カスタニエは木曜日のインタビューで、迅速に実行できないと、今後数年で、予期されるよりかなり高い甲状腺ガンの発症増加を引き起こす可能性があると言った。「汚染が続いているので、現在でもまだ、ヨウ素を配布すべきだが、有効性は低下してしまっている」。起こりうる障害を抑制する必要がある。「実行に移すのに、まだ遅すぎないけれども、可能な限り広く、速く配布する必要がある」と言った。
 2009年にフランスでは、チェルノブイリ事故後に世界保健機構(WHO)によって設定された100のmSvの核災害時のヨウ素剤投与の基準値を50mSvに下げた。WHOはまた、子供、妊婦、母乳を与えている女性の場合はその基準をに10mSvに決めた。原子力事故で最も大きな健康上のリスクを及ぼすものは大気中へのヨウ素131の放出である。ヨウ素131放射能は8日で半減する。吸い込んだり、飲み込むと甲状腺に集まり、甲状腺ガンのリスクを増加させる。この時にヨウ化カリウムを服用することで甲状腺へのヨウ素131の取り込みを減らすことができる。
 津波の5日後の3月16日に、日本の当局は、原発から半径20km以内の住民にヨウ素剤を服用するように勧めた。
 「日本当局は福島第一原発の周囲半径100-150キロメートルの地域にヨウ素剤を配布し、しかも事故のすぐ後にそうすべきだった」とカスタニエは言った。「ヨウ素剤には大きな副作用は全然ないので可能な限り広く配布すべきだ」。
 被災原発近くの海水の放射性ヨウ素のレベルは木曜日に基準限界の4,385倍であったと日本の原子力保安院は発表した。危機が始まって以来最も高いレベルであった。
 福島工場からの放射能放出レベルは事故後の最初の日に非常に高かったとカスタニエは述べた。
画像

------------------------
放射能汚染による甲状腺ガンのリスクは長期にわたる/チェルノブイリ原発事故 放射性ヨウ素
http://kurie.at.webry.info/201103/article_18.html
東京都の水道水から乳児の基準超す放射性ヨウ素
http://kurie.at.webry.info/201103/article_20.html
福島県飯舘村でIAEAの避難基準値超える放射性物質
http://kurie.at.webry.info/201103/article_30.html
-----------------------------------------------------
Japan must distribute iodine tablets now: expert
http://www.reuters.com/article/2011/03/31/us-japan-iodine-tablets-idUSTRE72U7BV20110331

By Muriel Boselli
PARIS | Thu Mar 31, 2011 5:31pm EDT

(Reuters) - Japanese authorities grappling with a nuclear disaster must hand out iodine tablets now and as widely as possible to avoid a potential leap in thyroid cancers, the head of a group of independent radiation experts said.

France's CRIIRAD group says Japan has underestimated the sensitivity of the thyroid gland to radioactivity and must lower its 100 millisieverts (mSv) threshold for administering iodine.

Failure to do so quickly could lead to an even higher jump in thyroid cancer cases in coming years than is anticipated, Corinne Castanier told Reuters in an interview on Thursday.

"They should still do it (distribute iodine) now because the contamination continues but it will be less efficient. They have to limit the damage. It's not too late to act but they have to distribute them as widely and as fast as possible," she said.

In 2009 France lowered the threshold at which it administers iodine pills in case of nuclear disaster to 50 mSv, a measure of the amount of radiation received by people, from 100 mSv, following guidelines established by the World Health Organization (WHO) in the wake of the Chernobyl accident.

The WHO also set its threshold for children, pregnant women and women breastfeeding at 10 mSv.

In a nuclear accident, it is the discharge of iodine 131 into the atmosphere that constitutes the greatest health risk. The nuclide's radioactivity halves after 8 days.

If radioactive iodine is breathed in or swallowed, it will concentrate in the thyroid gland and increase the risk of thyroid cancer, the WHO said.

This risk can be lowered by taking potassium iodide pills to saturate the gland and help prevent the uptake of radioactive material when given before or shortly after exposure.

On March 16 Japanese authorities advised people living in a 20-km radius of the crippled plant to take iodine tablets 5 days after the catastrophic 9.0 earthquake and tsunami.

"Japanese authorities should have given out iodine tablets in a radius of 100-150 kilometers around the Fukushima-Daiichi plant and done so right after the accident," Castanier said.

"There is no major negative impact in iodine tablets so they should distribute them as widely as possible," she said.

The level of radioactive iodine found in seawater near the stricken nuclear power plant was 4,385 times the legal limit on Thursday, the Japanese nuclear safety agency said. That was the highest level registered since the crisis began.

Radioactive discharge levels from the Fukushima plant were very high in the first days after the accident, Castanier said.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヨウ素剤投与の基準を引き下げ、早期投与を推奨 仏専門家グループ/甲状腺ガン 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる