医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS ワクチン同時接種後に乳児死亡 ヒブ・肺炎球菌ワクチン再開後初/熊本

<<   作成日時 : 2011/06/13 20:04   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

ワクチン同時接種で男児死亡、全国で8例目
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110614-OYT1T00328.htm
画像 熊本市は13日、細菌性髄膜炎などを予防するヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンを3日に同時接種した同市の2か月の男児が、接種の翌日に死亡したと発表した。
 両ワクチンの接種後に乳幼児が死亡したのは全国で8例目。厚生労働省が4月に接種の再開を認めてからは初めて。
 発表によると、男児は市内の医療機関で接種を受け、4日未明に死亡した。持病はなかった。担当した医師によると、接種との因果関係は不明という。
 両ワクチンを巡っては、全国で乳幼児の死亡が相次いだため、厚労省は3月、各都道府県に使用を見合わせるよう通知し、安全性に問題はなかったとして4月に再開を認めていた。
(2011年6月14日16時42分 読売新聞)
----------------------------------------------------
乳児死亡、ヒブ・肺炎球菌ワクチン接種の翌日
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110613-OYT1T00553.htm
 熊本市は13日、細菌性髄膜炎などを予防するヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンを同時接種した市内の生後2か月の男児が、接種の翌日に死亡したと発表した。
 発表によると、男児は今月3日に市内の医療機関で接種を受け、4日に死亡した。持病はなかった。接種との因果関係は不明という。
(2011年6月13日15時18分 読売新聞)

----------------------------------------------------
ワクチン同時接種後に乳児死亡 熊本、再開後初の事例
http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011061301000560.html
 熊本市は13日、子どもの細菌性髄膜炎などを予防するヒブワクチンと、小児用肺炎球菌ワクチンの同時接種を受けた同市の生後2カ月の男児が死亡したと発表した。
 任意接種のヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンは、接種を受けた乳幼児の死亡が続発。厚労省が3月に接種を一時見合わせたが、明確な因果関係はないとして4月に再開していた。同様のワクチン接種後の死亡例は全国で8例目で、再開後の死亡は今回が初となる。
 同市によると、男児は市内の医療機関で3日に接種を受けたが、翌日に死亡。男児に基礎疾患はなく、予防接種と死亡の因果関係は不明という。医療機関から市へ4日に報告があった。
2011/06/13 15:04 【共同通信】

-----------------------------
小児用肺炎球菌ワクチン・ヒブワクチン 4月から接種再開/厚労省検討会
http://kurie.at.webry.info/201104/article_3.html
ワクチン同時接種 乳児が死亡6人目 /熊本
http://kurie.at.webry.info/201103/article_9.html
ワクチンの同時接種見合わせ
http://kurie.at.webry.info/201103/article_8.html
ワクチン同時接種で4人死亡
http://kurie.at.webry.info/201103/article_5.html
複数ワクチン「同時接種」を推奨/日本小児科学会
http://kurie.at.webry.info/201101/article_17.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワクチン同時接種後に乳児死亡 ヒブ・肺炎球菌ワクチン再開後初/熊本 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる