医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島市、子ども3万4千人に線量計を配布へ

<<   作成日時 : 2011/06/15 23:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 福島市は津波に襲われた原発から放出された放射線を測定するための線量計を34,000人の子どもに与える計画である。4〜15歳のすべての子どもが3ヶ月間機器を身につけてデータを収集する。この市は福島第1原発から約60kmにある。原発は3ヶ月以上も放射性物質を漏出し続けている。線量計は9月から配布される。親の要望があれば3歳未満にも配布される。
 原発から20kmが避難区域に指定され、80,000人以上が避難している。20〜30km地域は自発的避難区域である。
 東電(Tepco)が核の被災者への補償数十億ドルを支払うのを手助けする法案を日本政府は閣議決定した。Tepcoを監督する海江田万里通産大臣は早期に法案を議会提出したいと述べた。
(BBC)
---------------------------------------------------
福島市、子どもに線量計を配布へ
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4750683.html
画像 東京電力・福島第一原発の事故を受け、福島市は幼稚園から中学校までのすべての子どもに放射線の線量計を配布することにしました。
 福島市が線量計を配布するのは、市内のすべての幼稚園児・保育園児と小・中学生のあわせて3万4000人です。
 「待ってられませんので、やはり独自でできる範囲で、計測器の入手もなかなか難しいんですが、これをやっていかなければならない」(福島市・瀬戸孝則市長)
 福島市によりますと、夏休み明けの9月から3か月間、子どもたちに線量計を身につけてもらい、放射線の影響を研究機関に分析してもらうとともに、今後の対策にいかすということです。(14日11:37)

---------------------------------------------------
子ども3万4千人に線量計配布 保護者不安で福島市
http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011061401000228.html
 福島第1原発の事故を受け、福島市が市内で就学している中学生までの子ども計約3万4千人に、被ばくした積算放射線量を計測する小型線量計を9月から配布する方針を決めたことが14日、同市への取材で分かった。
 福島市は人口約29万人で、市中心部は第1原発の北西約60キロ。市内に放射線量が高い地域があり、一部の小中学校は子どもの校庭利用を制限、保護者の放射線に対する不安が高まっている。市は子ども一人一人の被ばく線量を測定し、健康管理に生かす。
 福島市によると、線量計の配布対象は、保育園と幼稚園の園児と小中学校、特別支援学校の児童・生徒。
2011/06/14 12:08 【共同通信】

----------------------------------------------------
福島市、子供に9月から線量計配布 就学3万4千人対象
2011.6.14 10:51
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110614/edc11061410520001-n1.htm
 福島市は14日までに、市内で就学している小中学生や幼稚園児ら計約3万4千人に放射線の小型線量計を9月から配布する方針を固めた。
 福島県内では、町の一部が計画的避難区域となっている川俣町や、年間の積算線量が20ミリシーベルトを上回る恐れがある「ホットスポット」がある伊達市が子ども全員に線量計を配布し、健康管理を独自に実施する方針を示している。
 福島市によると、対象は保育園と幼稚園に通う園児と小中学校、特別支援学校に通う児童、生徒。就学していない3歳未満の子どもについても保護者の希望があれば配布する。
 期間は9月から3カ月間の予定で、市が月に1度回収し、データを調べる。

----------------------------------------------------
14 June 2011 Last updated at 12:40 GMT
Fukushima City to give children radiation dosimeters
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-13763601

画像Japan's Fukushima city is to give radiation dosimeters to 34,000 children to measure their exposure from the tsunami-hit nuclear power plant.

All children aged between four and 15 will wear the devices for three months, and data will be collected monthly.

The city lies about 60km (37 miles) from the Fukushima Daiichi plant, which was badly damaged in the 11 March quake and tsunami.

More than three months on the facility is still leaking radioactive material.

Fukushima city officials said dosimeters would be given to children to wear from September. The devices will also be distributed to those with children under three years at the request of parents.

The city is outside the 20km (12-mile) no-go zone around the nuclear plant, but many residents are concerned about radiation.

An unnamed city official quoted by AFP news agency said radioactivity in the city had been below the official threshold for health risks, and that the dosimeters would be read once a month to assess cumulative radiation exposure.

Meanwhile, Japan's cabinet approved a draft law to help the plant's operator, Tokyo Electric Power Company (Tepco), pay billions of dollars in compensation to victims of the nuclear crisis.

More than 80,000 residents have been evacuated from their homes. A voluntary evacuation policy is operating in the area 20-30km from the plant.

The approval is a step forward in a slow process that has frustrated those affected.

Trade Minister Banri Kaieda, whose ministry regulates Tepco, said the government aimed to submit the bill to parliament for approval as soon as possible.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
福島市、子ども3万4千人に線量計を配布へ 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる