医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 子どもや妊婦に線量計配布 福島・川俣町

<<   作成日時 : 2011/06/21 20:31   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

子どもたちに線量計配布、1年間計測へ 福島・川俣町
http://www.asahi.com/national/update/0621/TKY201106210284.html
2011年6月21日17時31分
画像写真:配布された線量計を手にする児童ら=21日午後0時54分、福島県川俣町、日吉健吾撮影拡大配布された線量計を手にする児童ら=21日午後0時54分、福島県川俣町、日吉健吾撮影
 東京電力福島第一原発事故の影響で、町の一部が「計画的避難区域」に指定された福島県川俣町で21日、幼稚園や保育園の園児、小中学校の児童・生徒ら計約1500人に簡易型の線量計が配布された。子どもたちは線量計を首から下げ、使い方を教わった。
 町が「保護者の不安を取り除く必要がある」として実施。放射線量の調査を進めている近畿大学の協力で1年間計測を続ける。線量計は3カ月ごとに近畿大が回収し、積算線量を調べて町に報告する。
 子どもに対する線量計の配布は、福島市や伊達市も実施を決めている。

--------------------------------------------------
子どもや妊婦らに小型線量計 福島・川俣町
http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011062101000650.html
 近畿大から寄贈された小型線量計「ガラスバッジ」を手にする福島県川俣町の子どもたち=21日午後、同町
 福島第1原発事故で町の一部が計画的避難区域に指定された福島県川俣町で21日、保育園児から中学生までの子どもと教諭計約1500人に、近畿大から小型線量計「ガラスバッジ」が寄贈された。22日から各学校などで配布する。
 また町は、保育園に通っていない0〜4歳児の保護者や妊婦計約400人には別途、7月1日からガラスバッジを配布する。保護者は日常生活で乳幼児と一緒にいることを想定している。
 線量計は1年間の予定で使用。3カ月ごとに集めて積算放射線量をチェックし、結果は学校を通じて保護者に伝えるとともに、町の放射線対策にも活用される。
2011/06/21 17:18 【共同通信】

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
子どもや妊婦に線量計配布 福島・川俣町 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる