医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 都の下水処理施設で避難区域に匹敵する高放射線量

<<   作成日時 : 2011/06/08 21:22   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

都の汚泥処理施設 付近の土から放射性物質
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20110608/CK2011060802000025.html
2011年6月8日
 江東区の保護者でつくる「江東こども守る会」は七日、都庁で記者会見し、都の汚泥処理施設「東部スラッジプラント」(同区新砂三)近くのグラウンドの土から高濃度の放射性セシウムを検出したとする独自調査の結果を発表した。
 調査は、同会が神戸大大学院の山内知也教授(放射線計測学)と実施。検出されたセシウムは一平方メートル当たり二三万ベクレルで、放射線障害防止法で、放射線管理区域からの持ち出しが制限される汚染基準の約六倍という。また、プラント周辺と同区の荒川、旧中川沿いでは、放射線量が毎時〇・二マイクロシーベルトを超える地点が多くあった。山内教授は「値が高い地域の位置と風向きを考慮すると、下水を通じてプラントに集まった放射性物質が処理過程で再び大気中に放出されている可能性が高い」と主張。同会は同日、プラントの稼働停止と調査などを求め、都に要望書を提出した。

----------------------------------------------------
都の下水処理施設で高放射線量…避難区域に匹敵
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110608-OYT1T00603.htm
画像 東京都大田区の下水処理施設内の空気中から、毎時約2・7マイクロ・シーベルトの放射線量が検出されていたことが、都の調査で分かった。
 計画的避難区域の福島県飯舘村の放射線量と同程度で、文部科学省によると、都内でこれほどの放射線量が検出されたのは初めて。放射性物質を含む汚泥の影響とみられるが、都は「検出場所は屋内。敷地の境界では問題なく、誤解を招く恐れがある」とし、調査結果を公表していなかった。
 都によると、この施設は都下水道局の「南部スラッジプラント」で、都内2か所の下水処理場で発生した汚泥を集めて焼却し、灰を東京湾に埋め立てるなどしている。都の5月の調査では、この施設の焼却灰から1キロ・グラム当たり1万540ベクレルの放射性セシウムを検出していた。
(2011年6月8日14時33分 読売新聞)

----------------------------------------------------
東京・八王子で下水道汚泥焼却灰から放射性物質
2011.5.30 22:28
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110530/tky11053022300009-n1.htm
 東京都八王子市は30日、同市北野下水処理場の汚泥焼却灰から、放射性セシウム137を1キログラム当たり7910ベクレル、放射性セシウム134を同7100ベクレル検出し、同処理場の空間放射線量は地上1メートルで平均毎時0・10マイクロシーベルトだったと発表した。
 都の19日の発表では、同市小宮町の八王子水再生センターの汚泥焼却灰からは、セシウム137が1キログラム当たり2890ベクレル、セシウム134が同2380ベクレルが検出された。この差について、八王子市では、北野処理場が家庭の汚水と雨水などが流れ込む合流式なのに対し、八王子水再生センターは汚水のみの分流式のためではないか、という。
 八王子市は今後、週1回程度定期的に検査する予定だとしている。


----------------------------------------------------
東部スラッジプラントが周辺に及ぼす放射能汚染の対策と学校校庭・幼保園庭などにおける放射線量計測と土壌調査および東京都内の放射能汚染対策に関する緊急要望書

東京都知事 殿
江東区長 殿

2011年6月7日
NO!放射能「江東こども守る会」
代表 石川綾子
電話 090-4244-3418
e-mail koto_kodomomamoru@yahoo.co.jp



平成23年3月11日に発生した東日本大震災に起因する東京電力福島第一原子力発電所の事故では、福島県のみならず東北関東の広範囲に渡って放射性物質が拡散し、甚大な被害をもたらしている。
東京都江東区においても高濃度セシウムが検出されたなど報道され、たくさんの区民が不安を訴え独自調査をするよう区に電話や要請などをしたが、区側は「東京都の測定値(測定場所:新宿区百人町)が3.8μSV/hを下回っており健康に影響がない値であるため問題ないと考えている」と明言し、直ちに独自調査に踏み切らなかった。
これを受け、NO!放射能「江東こども守る会」では、平成23年5月21日〜25日の間の3日間、放射線計測の専門家に調査を依頼し江東区内の複数箇所において、放射線量計測および土壌調査を実施した。その結果、江東区新砂にある東京都管轄の汚泥処理施設「東部スラッジプラント」周辺では、とりわけ高い放射線量を確認し、また東部スラッジプラントを中心に荒川に沿って北上するエリアでも高い放射線量を確認した(報告書1)。加えて土壌からも高濃度のセシウムが検出された(報告書2)。逆に、東部スラッジプラントから南西部に位置する夢の島公園や豊洲周辺地域では、江東区内で比較的低い放射線量だった。
この結果と平成23年3月・4月の風向き(資料1)、施設内の汚泥処理フロー(資料2)を併せて考えると、東部スラッジプラントが汚泥処理過程において放射能漏れを起こした可能性が極めて高くなった。これは“原発災害の二次被ばく”であり、「江東こども守る会」では、深刻な事象が東京都下において発生していることを捉えた。これらを早期に精査し改善を行っていたら二次被ばくを防ぎ得たとも考えられ、不作為の作為による東京都および江東区の責任は極めて重大だと認識した。
3.8μSV/hという基準は平成23年4月19日当時、国が福島県内の学校などに対してのみ出した暫定基準値であり、福島県以外の都道府県に対しては現行も『放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律施行規則』において、文部科学大臣により年間線量限度を1mSVと定められている。さらに『放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律』第三十一条においては、「何人も、次の各号のいずれかに該当する者に放射性同位元素又は放射性同位元素によって汚染された物の取扱いをさせてはならない。」とあり、これには十八歳未満の者も該当している。したがって、土壌から高濃度セシウムなどが検出された場所においては、該当者が立ち入らない措置をただちに取らなければならない。
放射線量の高い東京23区東部を中心に除染の動きが始まっているが、東部スラッジプラントの処理過程の改善を行わない限り、汚泥として集められた放射性物質が再び江東区および近隣各区に降り積もることが、今後も想定される。これ以上の二次被ばく被害を出さないこと、3月からの累積被ばく量を鑑みて子どもたちにこれ以上の被ばくをさせないこと、子どもの年間被ばく量(自然被ばくを除く)を限りなくゼロに近づけ、法に則って、より安全と安心を担保することのために、下記事項を強く要望する。
1.東京都と江東区は、東部スラッジプラントの施設内処理過程においての精査とそれにより判明した問題の改善を、一刻も早く行うこと。
2.東京都と江東区は、計測地点をメッシュ状や2.8km四方に区切ったうち代表地点のみの計測ではなく、全ての学校・幼稚園・保育園それに類似する施設と全ての公園・グラウンドの放射線量を、子どもの生活目線の0m(地面直上)、0.5m、1mで計測し、併せて空気中ダストの調査をして、これらの結果を区民に公開すること。また、法律で定められている年間1mSV(0.11μSV/h ※自然被ばくを含めると0.16μSV/h)を超える場所については土壌調査でさらなる精査をし、放射性物質の核種とその濃度を都民に公開すること。
3.東京都と江東区は、年間1mSV(0.11μSV/h ※自然被ばくを含めると0.16μSV/h)を超える線量が測定された場所に対して、ただちに土壌の改良と除染作業を行うこと。 ただし、東部スラッジプラントの問題改善を前提とする。
4.東京都と江東区は、年間1mSV(0.11μSV/h ※自然被ばくを含めると0.16μSV/h)の基準を超えなかった場所においても通常基準(自然被ばく)の0.05μSV/hを超えた場合は、限りなく0.05μSV/hに近づけ、子ども達にこれ以上の被ばくをさせないために、都民・区民と協力して積極的な除染作業を行うこと。ただし、東部スラッジプラントの問題改善を前提とする。
以上

-----------------------
東京・汚泥処理施設近くのグラウンドから、セシウム23万ベクレル検出
http://www.youtube.com/watch?v=ZdT4nicSExM&NR=1

---------------------------------------------------------
東京都の下水処理汚泥の焼却灰から高濃度の放射性物質
http://kurie.at.webry.info/201105/article_10.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
都の下水処理施設で避難区域に匹敵する高放射線量 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる