医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS セシウム137慢性被曝ラットの睡眠覚醒サイクルへの影響

<<   作成日時 : 2011/08/27 20:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

セシウム137慢性被曝ラットの睡眠覚醒サイクルに対する影響

画像 チェルノブイリ原発事故後、汚染地域の住民に対して最も重要な問題はセシウム137摂取によるの慢性被曝である。セシウムは中枢神経を含め全身にみられる。この研究ではラットをもちいて活動状態と脳波パターンによる中枢神経への影響を評価した。
 汚染地域の住民の摂取に相当する400Bq/kg含有飲料水を最高90日投与した。活動状態は変化がなかったが、30日被曝で、覚醒と徐波睡眠のエピソード数が減少し平均時間が増加した。90日間では脳波の0.5-4 Hz帯のパワーが増加した。こうした脳波変化は脳幹へのセシウム137の蓄積による可能性がある。

-----------------------
低線量セシウム慢性被曝による膀胱癌/チェルノブイリ膀胱炎
http://kurie.at.webry.info/201108/article_12.html
低線量被曝による小児の甲状腺癌患者の染色体7q11異常
http://kurie.at.webry.info/201108/article_8.html
慢性的低線量セシウム放射線被曝による子どもの呼吸機能障害
http://kurie.at.webry.info/201107/article_16.html
低レベル放射能がもたらす健康被害は?/福島原発
http://kurie.at.webry.info/201104/article_9.html
放射能汚染による甲状腺ガンのリスクは長期にわたる/チェルノブイリ原発事故 放射性ヨウ素
http://kurie.at.webry.info/201103/article_18.html

------------------------------------------------------
Toxicology. 2006 Sep 21;226(2-3):118-25. Epub 2006 Jun 10.

Evaluation of the effect of chronic exposure to 137Cesium on sleep-wake cycle in rats.

Lestaevel P, Dhieux B, Tourlonias E, Houpert P, Paquet F, Voisin P, Aigueperse J, Gourmelon P.
Source

Institut de Radioprotection et de Su^rete' Nucle'aire, Direction de la RadioProtection de l'Homme, Service de Radiobiologie et d'Epide'miologie, Laboratoire de Radiotoxicologie Expe'rimentale, BP 17, 92262 Fontenay-aux-Roses, France.
Abstract

Since the Chernobyl accident, the most significant problem for the population living in the contaminated areas is chronic exposure by ingestion of radionuclides, notably (137)Cs, a radioactive isotope of cesium. It can be found in the whole body, including the central nervous system. The present study aimed to assess the effect of (137)Cs on the central nervous system and notably on open-field activity and the electroencephalographic pattern. Rats were exposed up to 90 days to drinking water contaminated with (137)Cs at a dosage of 400 Bq kg(-1), which is similar to that ingested by the population living in contaminated territories. At this level of exposure, no significant effect was observed on open-field activity. On the other hand, at 30 days exposure, (137)Cs decreased the number of episodes of wakefulness and slow wave sleep and increased the mean duration of these stages. At 90 days exposure, the power of 0.5-4 Hz band of (137)Cs-exposed rats was increased in comparison with controls. These electrophysiological changes may be due to a regional (137)Cs accumulation in the brain stem. In conclusion, the neurocognitive effects of (137)Cs need further evaluation and central disorders of population living in contaminated territories must be considered.

PMID: 16876929
[PubMed - indexed for MEDLINE]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
セシウム137慢性被曝ラットの睡眠覚醒サイクルへの影響 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる