医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 低線量被曝による小児の甲状腺癌患者の染色体7q11異常

<<   作成日時 : 2011/08/12 19:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

低線量被曝による小児の甲状腺癌患者の染色体7q11異常
画像 チェルノブイリ原発事故後の大きな問題は放射線被曝をした子供の甲状腺乳頭癌PTCの増加だった。放射能被爆と関連する遺伝子の変異を識別する目的で研究を行った。
 放射線被曝と7番染色体の7q11.22-11.23の増加が関連することがわかった。被曝したグループは39%に変異が示された。遺伝子CLIP2が過剰に発現していた。さらに、遺伝子PMS2L11、PMS2L3、およびSTAG3L3の発現は7q11.22-11.23の増加と相関していた。
 「DNA損傷刺激への反応」(BAZ1B、 PMS2L3、 PMS2L5、 RFC2)として「DNA修復」(PMS2L3、 PMS2L5)が増加し、「細胞間接着」(CLDN3、 CLDN4)も見つかった。
 若年発症のPTCと、被曝に特異性のある7q11の増加やCLIP2遺伝子と放射線特異蛋白との関連が示された。

-----------------------------------------------------
Proc Natl Acad Sci U S A. 2011 Jun 7;108(23):9595-600. Epub 2011 May 23.
Gain of chromosome band 7q11 in papillary thyroid carcinomas of young patients is associated with exposure to low-dose irradiation.
Hess J, Thomas G, Braselmann H, Bauer V, Bogdanova T, Wienberg J, Zitzelsberger H, Unger K.
Source

Research Unit of Radiation Cytogenetics, Helmholtz Zentrum Mu"nchen, German Research Center for Environmental Health GmbH, 85764 Neuherberg, Germany.
Abstract

The main consequence of the Chernobyl accident has been an increase in papillary thyroid carcinomas (PTCs) in those exposed to radioactive fallout as young children. Our aim was to identify genomic alterations that are associated with exposure to radiation. We used array comparative genomic hybridization to analyze a main (n = 52) and a validation cohort (n = 28) of PTC from patients aged <25 y at operation and matched for age at diagnosis and residency. Both cohorts consisted of patients exposed and not exposed to radioiodine fallout. The study showed association of a gain on chromosome 7 (7q11.22-11.23) with exposure (false discovery rate = 0.035). Thirty-nine percent of the exposed group showed the alteration; however, it was not found in a single case from the unexposed group. This was confirmed in the validation set. Because only a subgroup of cases in the exposed groups showed gain of 7q11.22-11.23, it is likely that different molecular subgroups and routes of radiation-induced carcinogenesis exist. The candidate gene CLIP2 was specifically overexpressed in the exposed cases. In addition, the expression of the genes PMS2L11, PMS2L3, and STAG3L3 correlated with gain of 7q11.22-11.23. An enrichment of Gene Ontology terms "DNA repair" (PMS2L3, PMS2L5), "response to DNA damage stimulus" (BAZ1B, PMS2L3, PMS2L5, RFC2), and "cell-cell adhesion" (CLDN3, CLDN4) was found. This study, using matched exposed and unexposed cohorts, provides insights into the radiation-related carcinogenesis of young-onset PTC and, with the exposure-specific gain of 7q11 and overexpression of the CLIP2 gene, radiation-specific molecular markers.

PMID:
21606360
[PubMed - in process]
PMCID: PMC3111301
[Available on 2011/12/7]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
低線量被曝による小児の甲状腺癌患者の染色体7q11異常 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる