医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 千葉・埼玉産製茶から基準超セシウム 抜き打ち検査で判明

<<   作成日時 : 2011/09/03 18:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

茶葉からセシウム、埼玉県が自粛要請
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4817728.html
画像 厚生労働省が行った抜き打ち検査で、埼玉県産の茶葉から国の基準を超える放射性セシウムが検出された問題で、埼玉県は販売業者に出荷の自粛を求め、生産地の茶葉について調査を実施すると発表しました。
 この問題は、厚労省が行なった抜き打ち検査で市販されている埼玉県産の茶葉から、最高で国の基準値の3倍にあたる放射性セシウムが検出されたものです。
 埼玉県は3日、この茶葉が日高市と鶴ヶ島市などで収穫された「狭山茶」であることを明らかにした上で、販売している県内の2つの業者に対し埼玉県産の全ての商品の出荷を自粛し、すでに流通している商品も回収するよう要請しました。
 一方、埼玉県は今年5月から7月にかけて独自に茶葉のセシウム検査を実施していましたが、いずれも国の基準値を下回っていました。
 埼玉県は「これまでの検査結果を否定するものではなく検査手法に問題はない」と話していますが、今回の事態を受けて日高市と鶴ヶ島市で収穫された「狭山茶」については改めて検査を行う方針です。(03日21:19)

----------------------------------------------------
“抜き打ち検査”で基準超え
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110903/t10015348251000.html
9月3日 10時39分
画像 厚生労働省が食品を買い取って独自に行った抜き打ち検査で、千葉県産と埼玉県産として販売されていたお茶から国の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出されたことが分かりました。食品の抜き打ち検査で基準を超える放射性物質が検出されたのは初めてです。
 食品に含まれる放射性物質の検査を巡っては、自治体によって検査対象の食品の数や種類にばらつきがあることなどから、厚生労働省は先月から食品を買い取って独自に抜き打ち検査を行っています。厚生労働省によりますと、このうち、千葉県産と埼玉県産として販売されていた、合わせて4種類のお茶から国の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出されたということです。千葉県産として販売されていたお茶からは、暫定基準値の5倍を超える1キロ当たり2720ベクレルが、埼玉県産として販売されていた3種類のお茶からは1キロ当たり、最大で1530ベクレルがそれぞれ検出されました。お茶は、産地が異なる茶葉をブレンドして販売されていることが多いため、千葉県と埼玉県は詳しい産地やブレンドの割合などを調べるとともに、必要があればお茶の製造会社に対して製品の回収を求めることにしています。

----------------------------------------------------
千葉・埼玉産製茶から基準超セシウム 抜き打ち検査で
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201109030108.html
2011年9月3日10時37分
 厚生労働省は2日、市販されている千葉県産と埼玉県産の製茶計4品から基準(1キロ当たり500ベクレル)を上回る放射性セシウムが検出されたと発表した。厚労省は流通している食品を買い上げて調べる「抜き打ち検査」を先月から始めており、今回初めて基準値超えが見つかった。埼玉県産の茶で基準を超えたのが確認されたのも初めて。
 千葉県産は千葉市内の業者が製造した1品で2720ベクレルが検出された。調査を依頼している国立医薬品食品衛生研究所が5月末に購入した。埼玉県産は同県内の2業者と東京都内の1業者が製造した3品で1530〜800ベクレルだった。いずれも8月上旬に買った。
 厚労省は「製茶に湯を入れて飲む段階では、放射性物質の濃度が30分の1以下に薄まる。2720ベクレルでも飲料水の基準(200ベクレル)を下回る」としている。
 各自治体が、工場で一緒につくられた製茶の流通状況を追跡し、在庫品を調べて基準を超えれば回収することになる。詳しい産地なども調べている。

----------------------------------------------------
製茶から基準値超セシウム 埼玉と千葉産、商品回収へ
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011090301000353.html
2011年9月3日 13時43分
 市販されている埼玉県産と千葉県産の製茶計4品から国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたことが3日、厚生労働省の調査で分かった。
 埼玉県産の茶で基準値超えが確認されたのは初めて。埼玉、千葉両県は同じ時期に製造された商品を回収する方針で、周辺産地の調査も始めた。
 厚労省が新たに始めた抜き打ち検査で判明した。埼玉県産は同県内の2業者と東京都内の1業者が製造した3品で、1530〜800ベクレルを検出。千葉県産は千葉市内の業者が製造した1品で2720ベクレルを検出した。
(共同)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
千葉・埼玉産製茶から基準超セシウム 抜き打ち検査で判明 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる