医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 敬老お祝い用製茶からセシウム 埼玉・所沢、贈呈中止

<<   作成日時 : 2011/09/10 23:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

敬老お祝い用製茶からセシウム 埼玉・所沢、贈呈中止
http://www.asahi.com/national/update/0909/TKY201109090667.html
 埼玉県所沢市は9日、敬老の日のお祝いとして、市内の88歳(米寿)の高齢者約800人に贈る予定だった特産の狭山茶から国の基準(1キロあたり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたとして、贈呈を取りやめると発表した。
 市によると、この狭山茶は市内の茶業者「増田園」が所沢産の若芽を早摘みした製茶。同園が自主的に民間の検査機関に調査を依頼したところ、1436ベクレルが検出されたという。
 このため増田園は納品を辞退し、取り扱っている製茶の販売を自粛した。市はお祝い品をカツオ節などに差し替えるとともに、増田園の製品について埼玉県に検査を依頼する。
----------------------------------------------------
東日本大震災:祝い品用製茶から規制値超セシウム 所沢市への納品中止 /埼玉
http://mainichi.jp/area/saitama/news/20110910ddlk11040281000c.html
 所沢市は9日、同市内の茶製造・販売会社「増田園」(同市北秋津、増田昌夫社長)が、敬老祝い品として同市に納品する予定だった製茶から、国の暫定規制値(1キロあたり500ベクレル)の約3倍に達する、同1436ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。同社は納品を中止した。
 市と同社によると、茶は所沢市の畑で栽培され、4月末に摘み取られた。「若芽・早摘み」で県の出荷自粛要請の対象だった。6日に同社が自主的に東京都内の分析機関にサンプルを出し、暫定規制値を上回ると分かった。同社は店を閉めている。
 県によると、飲むお茶のセシウム濃度は茶葉の30分の1から60分の1になる。今回の程度の汚染レベルなら茶葉を食べたりしなければ健康に影響はないという。【高木昭午】


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
敬老お祝い用製茶からセシウム 埼玉・所沢、贈呈中止 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる