医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS TPP参加に医療団体も懸念

<<   作成日時 : 2011/10/15 21:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

TPP参加 医療団体から懸念
10月12日 19時24分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111012/t10013215281000.html
 TPP=環太平洋パートナーシップ協定の参加に慎重な民主党などの国会議員が開いた勉強会で、日本医師会など医療関係の団体から、「TPPに参加すれば、所得によって受けられる医療に格差が生じる社会となる」などと懸念が示されました。
 勉強会には、鳩山元総理大臣や国民新党の亀井代表のほか、TPPへの参加に慎重な民主党や自民党などのおよそ50人の国会議員が出席しました。この中で、会長を務める民主党の山田前農林水産大臣は「きのう党のプロジェクトチームの役員会もあり、いよいよ早期に結論を出すという形で動き始めた。しかし、慎重にやっていかないと大変なことになる。単なる農業の問題ではない」と述べました。このあと、勉強会では、日本医師会や日本薬剤師会など、医療関係の4つの団体からTPPに参加した場合の影響などについて、意見を聞きました。この中では、「規制緩和や市場開放が進むと、所得によって受けられる医療に格差が生じる社会となる」などと懸念が示されたほか、「薬の自由化が進むと、安全性をどのように担保するのかが問題となる」といった指摘も出されました。勉強会のあと、山田前農林水産大臣は、記者団に対し「政府からの情報提供が不十分ななかで、判断できるわけがない。交渉参加に慎重な対応を求める署名は、民主党だけでおよそ190人分集まっているので、そうした主張をしっかり政府に伝えていきたい」と述べました。

----------------------------------------------------
TPP:医療団体も懸念…慎重議員らの会合に出席
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111013k0000m010134000c.html
画像TPPを慎重に考える会であいさつする会長の山田正彦前農相(左端)。亀井静香国民新党代表(中央)、鳩山由紀夫元首相(右)も出席した=国会内で2011年10月12日
 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の早期交渉参加に慎重な超党派の議員による議員連盟「TPPを慎重に考える会」(会長・山田正彦前農相)が12日、国会内で会合を開いた。会合では日本医師会、日本歯科医師会など医療関係団体の幹部らから意見聴取。団体側は「国民皆保険制度や薬価制度の維持が困難になる」などの懸念を示し、焦点の農業以外の分野でもTPPへの慎重論があることを浮き彫りにした。
 会合には鳩山由紀夫元首相や原口一博元総務相、国民新党の亀井静香代表ら、衆参両院の国会議員約50人が参加した。日本医師会の中川俊男副会長は「全力を挙げて国民皆保険を守っていきたい」と強調した。日本医師会などは、TPP参加による規制緩和で外資系企業の医療分野参入を警戒している。【葛西大博】
毎日新聞 2011年10月13日 0時12分(最終更新 10月13日 1時29分)

----------------------------------------------------
TPP参加慎重派50人、医療への影響議論
http://news24.jp/nnn/news89023129.html
 太平洋を囲む9つの国で関税を撤廃することを目指すTPP(=環太平洋経済連携協定)の交渉に日本が参加するかどうかをめぐって、政府・与党内で意見が対立している。12日は、交渉参加に慎重な議員らが多数集まり、医療分野に与える影響について議論が行われた。  山田前農相「政府として早期に結論を出す、党としても早期に結論を出す、という形で動き始めました。私どもは本当に、ここは慎重にやっていただかないと大変なことになる。単なる農業の問題ではない」  12日午後4時半から始まった会合には、鳩山元首相をはじめ民主党を中心に約50人の議員が集まり、医療分野に与える影響について議論が行われた。出席した日本医師会などからは「TPPに参加すると医療分野への企業の参入が進み、自由に価格を設定できる自由診療が増えることで医療格差が生まれる」との懸念が示された。さらに、公的医療保険を扱う病院が減少することにもつながりかねず、「国民皆保険制度が崩壊する」などの意見が出された。  しかし、こうした意見に対し、外務省側が「営利企業の医療参入は、TPP協定交渉で議論の対象になっていない」と反論する場面もあった。  民主党・舟山康江参院議員「厚労省も非常に甘いと思います。外務省の説明をうのみにしているだけなのか。業界団体が懸念を示し、色々な調査をしてのほほんとしているだけなのか」  TPPについて、野田首相は11月のAPEC(=アジア太平洋経済協力会議)までに、交渉に参加するかどうか結論を出したい考え。政府と民主党は11日から本格的な議論を始めているが、意見集約は難航している。
[ 10/12 21:31 NEWS24]

-----------------------------------------------------
110224 TPPを考える国民会議記者会見
http://vimeo.com/20398365

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TPP参加に医療団体も懸念 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる