医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS デンマークで「脂肪税」導入

<<   作成日時 : 2011/10/03 20:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

デンマークで“脂肪税”導入
10月3日 12時9分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111003/t10015997241000.html
 北欧のデンマークで、国民の健康を改善するためとして、飽和脂肪酸を一定の割合以上含むバターやチーズなどの食品に対して、「脂肪税」として課税する制度が今月から導入されました。
 デンマークの「脂肪税」の課税対象になったのは、バターやチーズ、牛乳などの乳製品や肉類、食用油、それに加工食品など、飽和脂肪酸が2.3%以上含まれる食品で、飽和脂肪酸1キロ当たり、16クローネ(日本円にしておよそ220円)の税金がかかるということです。飽和脂肪酸は、多く摂取すると心臓疾患やガンなどを引き起こす原因になるとされていて、デンマーク政府は「脂肪税」を導入することで国民の健康を改善し、平均寿命を伸ばすのが目的だと説明しています。「脂肪税」は今月1日から導入され、デンマークの首都・コペンハーゲンのスーパーでは、値札が付け替えられたバターが陳列されていました。欧米のメディアは、「脂肪税」が導入されるのは世界で初めてだと伝えています。ヨーロッパでは、ハンガリーが先月、国民の健康改善と税収の増加を目的に、塩分の高いポテトチップスなどの特定の食品に対して課税する「ポテチ税」と呼ばれる税金制度を導入しています。

----------------------------------------------------
デンマークで「脂肪税」導入、世界初
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4842135.html
 北欧のデンマークで、国民の健康のためにバターなどの食品に課税する「脂肪税」が世界で初めて導入されました。
 対象となるのは、動物性脂肪に多く含まれる「飽和脂肪酸」を一定以上含むバター、チーズや加工食品などで、飽和脂肪1キロあたり16クローネ=日本円にして約220円が課税されます。
 飽和脂肪酸は、多く摂取すると、動脈硬化などを引き起こす悪玉コレステロールを増加させると言われていて、デンマーク政府は、摂取を減らすことができれば、国民の平均寿命が伸びると期待しています。(03日18:00)

----------------------------------------------------
脂肪税が死亡を減らす!
http://kurie.at.webry.info/200707/article_26.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デンマークで「脂肪税」導入 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる