医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS TPPで混合診療議論“可能性排除されず”

<<   作成日時 : 2011/11/08 20:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

混合診療議論“可能性排除されず”
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111107/k10013799021000.html
11月7日 21時25分
画像 TPP=環太平洋パートナーシップ協定を巡って、民主党の作業チームは、提言の取りまとめに向けた詰めの調整に入り、7日の会合で、政府側は、慎重派の議員から懸念が示されている、いわゆる「混合診療」の全面的な解禁について「対象にはなっていない」としながらも、「議論される可能性は排除されない」と説明しました。
TPPの交渉参加の是非を検討している民主党の作業チームは、党の意見集約に向けて、7日も午後5時すぎから3時間余りにわたって議論が行われました。7日の会合では、これまでに交渉参加に慎重な議員から、TPPの交渉に参加すれば、保険診療と保険の効かない自由診療を組み合わせて治療する、いわゆる「混合診療」の全面的な解禁などが求められ、国民皆保険制度が維持できなくなるのではないかといった懸念が示されたことを踏まえ、政府側が、現状や見通しについて説明しました。この中で外務省の八木経済局長は「混合診療の全面解禁は、TPPの交渉で議論の対象になっていない。しかし、過去にアメリカは関心を示しているうえ、TPPは交渉中であり予断できず、混合診療について、議論される可能性は排除されない」と説明しました。作業チームは、9日、党としての提言を取りまとめたいとしており、詰めの調整を続けることにしています。
 賛否が二分しているTPPの交渉参加問題、政府・民主党内の調整は、今週、山場を迎えています。7日、交渉参加の是非を検討している民主党の作業チームが開かれ、提言の取りまとめに向けた詰めの議論に入りました。8日には、作業チームの議論が引き続き行われる予定です。また、野田総理大臣と国民新党の亀井代表との与党党首会談も行われる見通しです。作業チームは、9日の提言の取りまとめを目指すことにしています。党からの提言を受け、政府は、10日、政府・民主三役会議などを開き、政府・与党の方針を最終決定したいとしています。野田総理大臣は「最終的には私の政治判断が必要になってくる」と述べており、決定後、記者会見で、日本政府の方針を表明する見通しです。11日、衆参両院の予算委員会でTPPに関する集中審議が行われる予定です。これを終えて、野田総理大臣は、12日朝、APECに向けて出発し、現地時間の12日からハワイで開かれるAPEC=アジア太平洋経済協力会議の首脳会議の場で、アメリカのオバマ大統領らに日本政府の方針を伝えたい考えです。

-----------------------------
TPP交渉、米が医薬品販売で貿易目標
http://kurie.at.webry.info/201111/article_4.html
TPP参加に医療団体も懸念
http://kurie.at.webry.info/201110/article_12.html
韓米FTAが公的健康保険制度を破壊する/韓国医療事情
http://kurie.at.webry.info/201110/article_15.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TPPで混合診療議論“可能性排除されず” 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる