医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 明治、粉ミルクから放射性セシウム検出 40万缶回収へ

<<   作成日時 : 2011/12/06 21:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

粉ミルクからセシウム=規制値以下、40万缶回収へ−明治
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_date1&k=2011120600644
画像 食品メーカーの明治は6日、粉ミルク「明治ステップ」(850グラム缶)の製品の一部から、1キログラム当たり最大30.8ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。国の暫定規制値(同200ベクレル)を下回ったものの、同社は約40万缶を無償回収し、新たな製品に交換する。
 回収対象は、埼玉工場(埼玉県春日部市)で製造した賞味期限が2012年10月の商品。東京電力福島第1原発事故後の3月14日から同20日に、外部の空気を使って熱風を当て、原料を乾燥させる作業を行った際、大気中に含まれていたセシウムが混入した可能性が高いという。(2011/12/06-17:46)

-----------------------------------------------------
明治、粉ミルクの一部製品から微量の放射性セシウム検出と発表 無償交換へ
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00212994.html
食品メーカーの「明治」は、粉ミルクの一部の製品から、微量の放射性セシウムが検出されたと発表した。
粉ミルク「明治ステップ」から検出された放射性セシウムは、国の暫定規制値である1kgあたり200ベクレル(Bq)を大きく下回る、最大で30.8ベクレルだが、明治は、購入者には無償で交換に応じる方針。
(12/06 18:28)

-----------------------------------------------------
明治の粉ミルクからセシウム 規制値は下回る 無償交換
http://www.asahi.com/food/news/TKY201112060465.html
 食品大手の明治は6日、生後9カ月以降の乳児向け粉ミルク「明治ステップ」から、1キロあたり最大30.8ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。乳製品の国の暫定規制値である1キロあたり200ベクレルは下回っているが、明治は新たな商品と無償交換する。
 850グラム入り缶で賞味期限が「2012年10月」の商品が対象。36万缶が出荷され、全国のドラッグストアやスーパーなどで4月以降に販売していた。
 明治によると、対象商品は埼玉県春日部市の工場で3月14〜20日に生産した。原料の牛乳は11日以前に生産されたが、乾燥させるために使った空気に、東京電力福島第一原発から飛んできた放射性物質が混じっていたとみている。今月3、4日の検査で検出された。
 厚労省によると、原発事故以降、粉ミルクからセシウムが検出されたのは初めて。30ベクレルを検出した粉ミルクの安全性について担当者は「飲む際にはさらに薄まる。健康への影響はないと言える」と話している。
 問い合わせ先は明治お客様相談センター(0120・077・369、平日午前9時〜午後5時)。

----------------------------------------------------
「明治ステップ」からセシウム…無償交換へ
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111206-OYT1T00861.htm
 食品大手の明治(東京)は6日、製造、販売する缶入り粉ミルク「明治ステップ」(850グラム入り)から、最大で1キロ・グラムあたり30・8ベクレルの放射性セシウムを自社検査で検出したことを明らかにした。
 食品衛生法に基づく乳児向けの暫定規制値(1キロ・グラムあたり200ベクレル)は下回っている。
 放射性セシウムを検出したのは埼玉工場(埼玉県春日部市)で生産した賞味期限が2012年10月4日、同21日、同22日、同24日の製品。同社は製造過程で東京電力福島第一原子力発電所事故で飛散した放射性セシウムが混入したとみており、賞味期限が12年10月の約40万缶を無償交換する。
(2011年12月6日15時23分 読売新聞)

----------------------------------------------------
粉ミルクからセシウム、明治が無償交換
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4895352.html
 食品大手の明治は、粉ミルク「明治ステップ」から、国の暫定規制値は下回るものの最大で1キロあたり30.8ベクレルの放射性セシウムが検出されたとして、対象商品の無償交換を行うと発表しました。
 無償交換の対象となるのは、粉ミルクの「明治ステップ850グラム缶」で、2012年10月の賞味期限が記されたおよそ40万缶です。
 明治によりますと、客からの問い合わせを受け検査したところ、最大で1キロあたり30.8ベクレルの放射性セシウムが検出されたということで、原因について「製造工程で原料を乾燥させた際、大気中の放射性物質を取り込んだ可能性がある」としています。
 国が定める粉ミルクの暫定規制値1キロあたり200ベクレルを下回りますが、明治は「消費者に安心して欲しい」と無償交換の理由を説明しています。
 農林水産省によると、原発事故後に粉ミルクから放射性物質が検出されたのは初めてのことです。(06日18:04)

-----------------------------------------------------
明治 粉ミルクから放射性物質
12月6日 15時39分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111206/t10014441591000.html
 大手食品会社の「明治」は、製造・販売した乳児用の粉ミルク、「明治ステップ」から1キログラム当たり最大で30.8ベクレルの放射性セシウムが検出されたことを発表しました。これは、国の暫定基準値を下回っていますが、会社では製品およそ40万缶を対象に無償で交換することにしています。
 発表によりますと、無償交換の対象になるのは、乳児用の粉ミルク「明治ステップ」850グラム缶です。明治によりますと、先月、消費者から「粉ミルクに放射性物質が含まれているのではないか」という指摘を受けて調査したところ、製品の一部から、1キログラム当たり最大で30.8ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。これは、「牛乳・乳製品」についての国の暫定基準値、1キログラム当たり200ベクレルを下回っていますが、会社では放射性セシウムが検出された製品が出た製造期間のおよそ40万缶を対象に無償で交換するとしています。対象となるのは、缶の底に記されている賞味期限が2012年10月の3日、4日、5日、6日、それに21日、22日、23日、24日となっているということです。会社によりますと、原料の脱脂粉乳は、すべて東日本大震災の前に生産されたのもので、一部は北海道産ですが、大半はオーストラリアなどオセアニア地域から輸入されたものだということです。一方、今回、交換の対象となる製品は、埼玉県春日部市の工場で震災後のことし3月14日から20日までの間に加工されたということです。このため明治では「原因は特定できていないが、工場で外気を取り入れて乾燥させる加工工程で、東京電力福島第一原子力発電所の事故による大気中の放射性セシウムが入り込んだ可能性がある」と話しています。
 これについて、農林水産省は「粉ミルクの原材料となる脱脂粉乳はほとんど海外から輸入されたもので、原材料から放射性物質が混入した可能性は低い。粉ミルクの製造過程で放射性物質が混入した可能性があるが、明治から聞き取りを行うなどして原因の把握に努めたい」と話しています。
 国内で乳製品を製造・販売しているメーカー各社で作る日本乳業協会によりますと、粉ミルクについては各社が独自に放射性物質のサンプル検査を行っていますが、今回のケース以外に放射性物質は検出されていないということです。このほか、自治体が7月から8月にかけて6社の12種類の粉ミルクについてサンプル検査を行いましたが、いずれも放射性物質は検出されなかったということです。今回、粉ミルクから放射性セシウムが検出されたことについて、厚生労働省は「原因は分からないが、暫定基準値を大幅に下回る数値なので健康に影響はないと考えている。消費者の関心が高い製品なので、会社側には丁寧に対応してほしい」と話しています。粉ミルクなどの乳児用食品の基準値を巡っては、子どもは成人より放射線の影響を受けやすいと指摘されていることから、厚生労働省は、大人より厳しい別の基準値を今月末までに新たに設定することにしていて、現在、審議を進めています。
 この問題に対する問い合わせについて、明治は、「明治お客様相談センター」(0120−077−369)で、平日の午前9時から午後5時まで受け付けているということです。

------------------------------------------------------
武田邦彦 「粉ミルクについて」 2011.12.13 - YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=LQ_w_f5ucgE

------------------------------------------------------
専門家 “製造管理厳しく”
12月6日 19時12分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111206/k10014449881000.html
 粉ミルクから1キログラム当たり最大で30.8ベクレルの放射性セシウムが検出されたことについて、食品の安全に詳しい国立医薬品食品衛生研究所の松田りえ子食品部長は「今回検出された値は国の暫定基準値を下回っているうえ、粉ミルクは7倍くらいに薄めて飲むので、赤ちゃんの健康への影響を心配する必要はないと思う。ただ、メーカー側が公表したように、大気中の放射性セシウムが入り込んだのだとすると、空気中の微粒子が製造過程で混入したことを意味している。放射性物質については想定外だったとしても、外部から空気を取り入れる吸気口に微粒子の侵入を防ぐ目の細かいフィルターを設置するなど、管理態勢をもう少し厳しくしておくべきだったのではないか」と話しています。

-------------------------------------------------------
セシウム:明治の粉ミルクから検出 40万缶無償交換へ
http://mainichi.jp/select/today/news/20111207k0000m040037000c.html
2011年12月6日 21時10分 更新:12月6日 22時3分
 ミルクからセシウムが検出された問題を受け、店頭から撤去された「明治ステップ」=東京都千代田区で2011年12月6日、岩下幸一郎撮影
 食品大手の明治(東京都江東区)は6日、粉ミルク「明治ステップ」850グラム缶の一部から1キロあたり最大30.8ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。厚生労働省によると、粉ミルクからのセシウム検出は初めて。乳製品の暫定規制値(1キロあたり200ベクレル)未満で、毎日飲んでも健康に影響ないレベルとされているが、同社は「安心して使っていただくことを最優先する」として、検出された製品と近い時期に製造した同銘柄の約40万缶を無償で交換する。
 セシウムが検出されたのは、同社埼玉工場(埼玉県春日部市)で3月14〜20日に製造した粉ミルクを使ったものの一部。11月28日、「ステップで放射性物質が出たと聞いた」と報道機関から問い合わせがあり、在庫分などを調べたところ、21.5〜30.8ベクレル検出された。前後の期間に製造した粉ミルクを使った商品は、いずれも検出限界値(1キロあたり5ベクレル)未満だった。
 原料の粉乳は大部分が豪州など外国産で一部は北海道産だが、いずれも東日本大震災以前に製造された。同社は、粉乳を水などと混ぜ合わせて霧状に噴霧したものを熱風で乾燥させて粉ミルクを作っており、「乾燥の過程で取り込んだ外気に含まれるセシウムが影響した」とみている。
 同社は4月末から毎月1回程度、放射性物質の定期検査を行っている。3月製造分については関東地方で大気中の放射線量が高かった3月21日のものを調べたが、検出限界値未満だったという。
 厚労省は「暫定規制値を下回れば健康への影響は考えられない」とする。一方、子どもは大人より放射性物質の影響を受ける可能性があるとして、乳児用食品の区分を新設し、現行より厳しい規制値を設定する方針だ。
 無償交換の対象は、賞味期限が来年10月3〜6日、同21〜24日の製品で全国に流通。問い合わせは同社お客様センター(0120・077・369、平日午前9時〜午後5時)。【曽田拓、石川隆宣】
 ◇明治による「明治ステップ850グラム缶」の検査結果
   賞味期限         セシウム濃度
2012年10月 4日    21.5ベクレル
        21日    29.0ベクレル
        22日    30.8ベクレル
        24日    22.5ベクレル
※検査結果の数値は1キロあたり
※ゲルマニウム半導体検出器による検査で、検出限界値は1キロあたり5ベクレル

----------------------------------------------------------
6 December 2011 Last updated at 12:59 GMT
Japan's Meiji recalls baby milk after caesium find
http://www.bbc.co.uk/news/business-16047697

Japanese milk powder maker Meiji has recalled its baby formula after discovering radioactive caesium in the product.

Shares in the firm fell 10% in early trading in Tokyo after it said it would recall 400,000 cans of the formula.

Meiji produces the milk, which is only sold in Japan, in Saitama prefecture, north of Tokyo.

The factory's location is within 200 miles (320km) of the tsunami-hit Fukushima nuclear plant.

The recall was started after tests found up to 30.8 becquerels of caesium per kilo of Meiji Step powdered milk.

The level is below recommended limits set by the Japanese government, but Meiji has gone ahead with the recall.

Milk powder is the latest foodstuff to be affected by radioactivity in Japan after shipments of beef were banned in August and rice in September, also for caesium contamination


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
明治、粉ミルクから放射性セシウム検出 40万缶回収へ 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる