医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS 志木市民病院 小児科の入院診療を4月に休止

<<   作成日時 : 2012/01/17 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

志木市民病院 小児科の入院、4月に休止
2012年1月17日 12時01分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012011790120143.html
画像小児科の入院休止を決めた志木市立市民病院
 埼玉県志木市の長沼明市長は十六日、同市立市民病院の小児科入院(四十五床)の受け入れを四月から休止すると発表した。慢性的な赤字に加え、小児科医の確保ができなくなったためという。外来患者の診療は続けるが、入院再開の見通しは立っていない。同病院は小児救急を請け負う地域の拠点で、県南西部の小児医療体制への打撃は必至。周辺自治体は存続を求め、財政支援も行う方針を決めた。 (上田融)
 市によると、同病院は利益率の高かった整形外科の入院取りやめなどで経営が悪化。昨年度は約四億円の営業損失を出し、一般会計から五億四千万円を穴埋めした。小児科は昨年度、一億六千万円の赤字を出した。
 同病院小児科には三人の常勤医がいるが、市は昨年八月、小児科医でもある院長に契約更新しない旨を通告。その後、小児科医療の体制見直しが進まず、昨年末に他の二人も退職を決めた。
 長沼市長は、救急を含む地域の小児医療体制について「今後は志木だけでなく広域で分担し合う必要がある。(今の入院患者も含めて)救急医療に対応できる周辺の医療機関を紹介する」などと述べた。だが、年間延べ一万二千人に上る入院患者をどの病院で受けるのか、明確な答えは示さなかった。
 同病院で患者を受け入れている新座、朝霞、富士見市など六市町は対応を協議。全体で年間九千万円規模の財政支援を毎年行うことを決めた。近く長沼市長に存続を求める要望書を提出する。
(東京新聞)

----------------------------------------------------
志木市民病院が小児科の入院治療を休止
2012.1.16 19:19
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120116/stm12011619200004-n1.htm
 埼玉県志木市は16日、市民病院(同市上宗岡)の小児科の入院治療を4月から休止すると発表した。
 志木市によると、小児科の常勤医師3人が3月末に全員退職することになり、入院治療を継続できなくなった。4月以降、同病院の小児科入院患者は、和光市内の2カ所の病院が担うことになるという。
 志木市は非常勤医師の協力で外来診療は従来通り続け、常勤医師が確保でき次第、入院治療も再開する方針。同日、記者会見した志木市の長沼明市長は「小児救急の維持に努めてきたが、やむなく休止せざるを得なくなった」と述べた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
志木市民病院 小児科の入院診療を4月に休止 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる