医師の一分

アクセスカウンタ

zoom RSS フキノトウも新基準超える放射性セシウム

<<   作成日時 : 2012/04/07 04:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

フキノトウも新基準超える=放射性セシウム−福島
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012040600897
 福島県は6日、福島市など5市町で取れたフキノトウから、食品に含まれる放射性セシウムの新基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える値が検出されたと発表した。セシウム濃度は最大211ベクレルで、市場には流通していないという。
 県によると、フキノトウが新基準値を超えたのは全国で初めて。県はフキノトウの取れた福島市と川俣町、田村市、相馬市、広野町の5市町に対して出荷自粛を要請した。(2012/04/06-21:05)

------------------------------------------------------
手賀沼産コイとモツゴ 新基準値上回る 千葉県内水産物初
2012.4.6 18:15
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120406/chb12040620350005-n1.htm
 【放射能漏れ】千葉県は6日、県北西部にある手賀沼で捕獲したコイとモツゴから、それぞれ1キロ当たり330ベクレルと110ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。食品の安全を確保するための国の基準値(1キロ当たり100ベクレル)を上回る。4月に入って同県内水産物で基準値を超えたのは初めて。
 手賀沼漁業協同組合(柏市)と我孫子手賀沼漁協(我孫子市)では、3月中旬に捕獲したフナとモツゴから現在の基準値を超える放射性セシウム検出していたため、出荷を自粛している。今回は、放射性物質の影響を調べる追跡検査のため、捕獲した。

------------------------------------------------------
3県食品で放射性セシウム新基準超
4月5日 0時10分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120405/k10014218401000.html
画像 今月から基準が厳しくなった放射性セシウムの食品検査で、千葉県の一部の地域で生産されたタケノコなど、3つの県の食品から基準を超える放射性セシウムが検出されました。
 新しい基準を超えたのは初めてですが、いずれも出荷が自粛されるなど、市場に流通することはないということです。
 厚生労働省によりますと、千葉県木更津市で生産されたタケノコからは、新しい基準の1キログラム当たり100ベクレルを超える120ベクレル、市原市のタケノコからは110ベクレルの放射性セシウムが検出されました。
 また、宮城県村田町の原木を使って育てた露地栽培のシイタケからは350ベクレルの放射性セシウムが検出されました。
 これらの食品は出荷が自粛されているため市場に流通することはないということです。
 このほか、福島県では検査のためにいわき市沖で採ったコモンカスベなど10種類の水産物からも最大で640ベクレルの放射性セシウムが検出されましたが、福島県では現在、漁は行われていないということです。
 新しい基準は、今月1日から適用され、野菜や米などの「一般食品」は、これまでの暫定基準値の5分の1の1キログラム当たり100ベクレルなどと大幅に厳しくなりました。
 これを受けて各地の自治体で行われている検査で、新たな基準を超えたのは初めてです。
 政府は、地域的な広がりがあることから、千葉県の市原市と木更津市で生産されたタケノコについては、出荷停止の指示を検討することにしています。

-----------------------------------------------------
2食品で放射性セシウム新基準超
4月4日 19時51分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120404/t10014218401000.html
 食品に含まれる放射性セシウムの基準が、今月から1キログラム当たり100ベクレルなどと大幅に厳しくなり、4日の検査で、千葉県市原市と木更津市のタケノコと宮城県村田町のシイタケから初めて基準を超える放射性セシウムが検出されました。
いずれも出荷が自粛され、市場に流通することはありませんが、タケノコについては政府が出荷停止の指示を検討することにしています。
 厚生労働省によりますと、千葉県市原市と木更津市のタケノコからは1キログラム当たり100ベクレルを超える最大で120ベクレルの放射性セシウムが検出されたほか、宮城県村田町の原木を使って育てた露地栽培のシイタケからも350ベクレルの放射性セシウムが検出されました。
新たな基準を超えたのは初めてで、いずれも出荷が自粛され市場に流通することはないということです。
 政府は地域的な広がりがあることから、千葉県の市原市と木更津市で生産されたタケノコについては出荷停止の指示を検討することにしています。

-----------------------------------------------------
ワカサギから新基準値超すセシウム
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4994459.html
 群馬県前橋市の赤城大沼のワカサギから、食品の新しい基準値を超える放射性セシウムが検出されたことが分かりました。新しい基準値を超えた食品は、初めてです。
 群馬県によりますと、1キログラム当たり100ベクレルの新しい基準値を超えたのは、先月28日に前橋市の赤城大沼で検査のために採られたワカサギで、426ベクレルの放射性セシウムが検出されました。厚労省によりますと、新しい基準値を超えた食品はこれが初めてです。
 赤城大沼はワカサギ釣りの名所ですが、シーズンが終了したため4月からはワカサギ釣りは禁止されています。(04日00:03)

-----------------------------------------------------
前橋のワカサギ、新基準値超える
産経新聞 4月4日(水)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120404-00000104-san-soci
 群馬県は3日、前橋市の赤城大沼で3月28日に採取したワカサギから、食品に含まれる放射性物質の新基準値(1キロ当たり100ベクレル)を上回る同426ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。
 厚生労働省によると、今月1日に暫定基準値に代わる放射性セシウムの新基準値を適用以降、検査で新基準値を超えたと発表されたのは初めて。
 赤城大沼のワカサギからは、これまでも同100ベクレルを超える放射性セシウムが検出されており、県は食用としない条件で3月2日に釣りを解禁した。4月以降は資源保護のため県漁業調整規則で釣り自体を禁止している。

-----------------------------------------------------
タケノコから新基準値超えるセシウム
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4995680.html
 春の味覚、タケノコから基準値を超える放射性セシウムが検出されました。
 千葉県などによりますと、1キログラム当たり100ベクレルの新しい基準値を超える放射性セシウムが検出されたのは、市原市と木更津市で採れたタケノコで、県では出荷の自粛を要請しました。政府は、今後、出荷停止の指示を検討することにしています。(04日21:46)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
フキノトウも新基準超える放射性セシウム 医師の一分/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる