アクセスカウンタ

<<  2013年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
HPVワクチン接種率は目標にはほど遠い/米国医療事情 CDC
HPVワクチン接種率は目標にはほど遠い/米国医療事情 CDC  子宮頚癌などを予防する13歳から17歳の女子に対するHPVワクチンの少なくとも1回の接種率は50%をわずかに上回った程度で、目標の80%にはほど遠い。  米国では毎年HPVにより26,000人の癌が発生し、毎年新たに1400万人が感染していると推計されている。  疾病管理予防センターCDCは11-12才の男女に対してHPVワクチン接種を推奨している。  3回の全ての接種を受けた女子は33%に留まり、毎年4,400人の女性が子... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/26 23:47
英国での髄膜炎Bワクチン不採用/英国医療事情 NHS
英国での髄膜炎Bワクチン不採用/英国医療事情 NHS 英国での髄膜炎Bワクチン不採用  致死性の髄膜炎を防護するための唯一のワクチンは英国では導入すべきでないとされた。英国では年間1,870人が罹患し、10%が死亡している。予防接種委員会によれば、ワクチンBexseroは費用対効果がなく、NHSはまだ採用すべきでないとしている。  5歳未満の子どもが髄膜炎Bにより脳や脊髄の感染の危険があり、死亡しなくても4人に1人は後遺症をかかえる。ノバルティスが開発したワクチンが唯一の防護方である。  2013年1月に欧州では認可された。  髄膜炎Cのワ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/25 23:20
HPVワクチンに咽頭癌予防効果
HPVワクチンに咽頭癌予防効果  咽頭癌は過去30年間で急増している。1980年代に性感染症ウイルスによるものは16%だったが、現在は咽頭癌の70%を占める。  子宮頚癌を予防するHPVウイルスのワクチンは、咽頭癌の予防に役立ち、男性にも有効の可能性がある。  コスタリカの18〜25才の女性5840人についての研究で、ワクチン接種した女性の4年後のHPV16,18の咽頭感染者はたった1人だったが、対照群では15人が感染していた。  GSK社製のサーバリックスは癌の多くを引きおこす2つのタ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/20 23:15
原発事故で鳥類や昆虫に異常も 日米研究者ら指摘
原発事故で鳥類や昆虫に異常も 日米研究者ら指摘 原発事故で鳥類や昆虫に異常も 日米研究者ら指摘 2013年7月9日 11時04分 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013070901001266.html  8日、米シカゴで開かれた国際分子生物進化学会で、鳥類に異常が起きている可能性を報告する米サウスカロライナ大のティモシー・ムソー教授(共同)  【シカゴ共同】東京電力福島第1原発事故に伴って放出された放射性物質が、生物に及ぼす影響について考える国際分子生物進化学会のシンポジウムが8日、米シカゴ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/14 22:55
放射性物質汚染 草木、市外埋め立て/千葉 我孫子市
放射性物質汚染 草木、市外埋め立て/千葉 我孫子市 http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20130626/CK2013062602000137.html 2013年6月26日  我孫子市の星野順一郎市長は二十五日、放射性セシウムを含む草木の保管が限界に近づいたとして、市外の民間最終処分場で埋め立てる方針を明らかにした。同市は焼却灰の放射性セシウム濃度が高まるのを避けるため、草木の大量の焼却を控え、保管量が増え続けていた。  同市には自前の最終処... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/04 23:55

<<  2013年7月のブログ記事  >> 

トップへ

医師の一分 2013年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる