はしか警戒でカナダ修学旅行の41人搭乗拒否/麻疹はしか

画像先日05/30 の記事の続報。その後、出国検査で発熱者が1人出たためバンクーバー国際空港でも再度隔離された。。
カナダ当局者は、日本で2回接種が行われていない問題点を指摘している。外務省がワクチンの接種を勧める異例の渡航情報を出したところで、ワクチンがなければどうにもならない。また、日本では昨年から2回接種になったばかりである。

---------------------------------------------
はしか警戒 搭乗拒否
カナダ修学旅行 41人足止め
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070604ik04.htm
 カナダ修学旅行中に都内の私立女子高校の女子生徒が、はしかを発症し、現地の病院に入院した問題で、検査で十分な免疫がないことがわかった41人の生徒・教員が、帰国便への搭乗を拒否されたことが1日わかった。はしかの感染を広げる恐れがあるためで、生徒らは4日ごろまで待機し、発症しないことが確認され次第、帰国できるという。
 同校によると、一行は生徒・教員131人で、現地時間の先月24日から31日までの日程でカナダを訪れた。到着後に1人が、はしかで入院したため、カナダの保健当局から、他の生徒や教員もホテルで待機を命じられ、検査の結果、免疫がないことが判明した41人はワクチン接種を受けた。
 一行は入院した女子生徒1人を除き、31日に帰国の途に就く予定だったが、出国検査で、1人に微熱があったため、十分な免疫のない生徒39人と教員2人の搭乗が拒否された。免疫のあった生徒らは出国した。
 カナダや米国は、国内でのはしかの患者の発生がほぼゼロの「排除」地域。患者の発生は輸入例が多く、特に米国では、日本からが目立ち、「日本ははしかの輸出国」と批判されていた。
 渡航先カナダで日本人の発症が報告されたのを受け、外務省は1日、30歳未満ではしかの免疫がないと思われる渡航予定者に対し、ワクチンの接種を勧める異例の渡航情報を出した
(2007年6月2日 読売新聞)

Japanese students quarantined at Vancouver airport hotel
Last Updated: Friday, June 1, 2007 | 8:38 AM PT
CBC News
http://www.cbc.ca/canada/british-columbia/story/2007/06/01/bc-measles.html?ref=rss

CALGARY (CBC) - A group of 39 Japanese high school students and their two chaperones have been quarantined at the Fairmont Vancouver Airport Hotel after one of the students was found to have the symptoms of measles.
ADVERTISEMENT
They were about to board a flight at Vancouver International Airport on their way home when they were detained.
The students were part of a larger group from Japan that was isolated at a Banff hotel earlier this week after another teen came down with a suspected case of the disease after arriving in B.C. from Tokyo.
They returned to Vancouver for their flight home on Thursday when they were screened again, and another suspected case was found.
B.C. Provincial Health Officer Dr. Perry Kendall said those in the group who did not have immunity to the disease were detained.
"So in order not to expose other people in the plane on the 12-hour flight to possible measles exposure, Dr. David Butler-Jones took action under the Quarantine Act to isolate the case and quarantine the contacts."
Risk to B.C. not high
Kendall said the risk of measles spreading in B.C. is quite low because most British Columbians have either been vaccinated or have naturally acquired immunity to the disease.
"Not 100 per cent, but high enough that we have a good level of what is called 'herd immunity.' The few cases of measles that we've had imported into British Columbia have resulted in very small numbers of secondary cases.
"However if you are going to Tokyo, and you weren't sure about your MMR [measles, mumps, rubella] status it would be a good idea to check with your physician or to check your records to be sure that you've had two doses."
Kendall says there are about 700 reported cases of measles in the Tokyo area right now. He also noted that it is not standard in Japan for children to get a second MMR booster shot. Measles is a very contagious disease that is spread by airborne droplets when an infected person coughs or sneezes. The virus can survive for several hours in those droplets.
Symptoms of red measles, the most severe type, include a high fever; a harsh, dry cough; a runny nose; and red, puffy eyes that are sensitive to light. For part of the time, the patient has a rash.
It can take seven to 18 days after exposure for the disease to develop. There is no cure or treatment. Complications can lead to deafness, blindness or disability.

--------------------------------------------
日本における麻疹(はしか)の流行について
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info.asp?num=2007C172
※ 本情報は、海外に渡航・滞在される方が自分自身の判断で安全を確保するための参考情報です。本情報が発出されていないからといって、安全が保証されるというものではありません。
※ 本情報は、法令上の強制力をもって、個人の渡航や旅行会社による主催旅行を禁止したり、退避を命令するものでもありません。
※ 海外では「自分の身は自分で守る」との心構えをもって、渡航・滞在の目的に合わせた情報収集や安全対策に努めてください。
1.現在、関東地方を中心に麻疹が流行しています。麻疹は乳幼児に多く発症しますが、最近では20代前半の成人の感染者の増加が目立っており、都内の大学等では休校の措置をとっているところもあります。麻疹の感染力は極めて強く、麻疹ウイルスに免疫を持たない人はほぼ100%発病します。一度典型的な麻疹を発症した人は、通常、終生免疫が獲得されます。
  最近では、カナダで修学旅行中の生徒1人が発病し、参加者の一部が現地保健当局の検査等を受けることとなりました。海外において発病した場合は、旅行の日程変更のみならず現地に留めおかれる可能性もあります。
  海外の特定国・地域において麻疹が流行しているわけではありませんが、渡航先でのトラブル回避のため、渡航前のワクチン接種をお勧めします。WHOにおいてもワクチン接種を推奨しており、殆どの先進国においては麻疹ワクチンの2回接種が実施されていますので、特に1回接種された方でも免疫低下の可能性のある30歳未満の方は、接種をお勧めします
  国立感染症研究所感染症情報センターホームページも御参照ください。
 ( http://idsc.nih.go.jp/disease/measles/index.html
2.麻疹について
  麻疹は伝染性の強い急性発疹性のウイルス感染症で、感染者の気道分泌物(鼻、咽頭、口腔からの飛沫、飛沫核)による空気感染、飛沫感染により感染します。潜伏期間は10~12日で、主な症状は38℃前後の発熱、咳、鼻汁、結膜充血、目脂、発疹等です。また、合併症として肺炎、脳炎などを来すこともあります。特別な治療法はなく対症療法が中心となります。
3.予防方法
  唯一の予防方法はワクチン接種です。日本では1歳児と小学校入学前年度を対象に定期接種が行われています。
(問い合わせ先)
 ○外務省領事局政策課(海外医療情報)
 ○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック