教育実習中のはしか感染で実習校が休校

 やはり入学時に2回ワクチン接種確認か抗体検査が必要となるだろう。
------------------------------------------
はしか流行、44校の大学生が「教育実習できない」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070607i501.htm?from=main5
 大学生を中心に流行しているはしかの影響で、学校への受け入れを断られるなど、予定していた教育実習を受けられない学生のいる大学が44校にのぼることが、文部科学省の調査でわかった。
 文科省に6日午後までに入った情報によると、教職課程のある全国850大学のうち、はしか患者が出たために実習計画を変更した大学は9校。学校や教育委員会などに受け入れを断られたり、実習時期の延期を余儀なくされたりした学生が出た大学は35校に達した。
 京都教育大学は、学生全員に抗体検査を勧めたが、免疫の有無を確認できない学生がいたため、6月に予定していたすべての実習の延期を決めた。担当者は「直前に決定したので、いつなら実習ができるのかはわからない」と不安そうに話していた。
 先月はしかで休校措置を取った早稲田大学や法政大学では、検査で免疫が確認された学生は、多くが実習を始めたものの、学校などの方針で受け入れ時期を秋に延ばされた学生も何人かいるという。
画像 兵庫県西宮市の私立仁川(にがわ)学院中学・高校(生徒数約1140人)では、5月末から高校で教育実習中の女子大学生がはしかに感染していたことが判明。中高生への感染は確認されていないものの、同校は5日から8日まで4日間、休校措置を取ることを決めた。教育実習中のはしか感染が判明したのは全国で初という。(2007年6月7日 読売新聞)
--------------------------------------------
仁川学院中・高が全学休校 教育実習学生がはしか感染
http://www.asahi.com/special/0521/OSK200706060013.html
2007年06月06日10時57分
 兵庫県西宮市の仁川学院中学・高校は、教育実習に来ていた同県内の大学生1人がはしかに感染していたことが判明したため、感染の拡大を防ぐとして、5日から8日まで全学休校とした。生徒の感染は確認されていないという。
 同学院によると、先月28日から教育実習で高校に来ていた大学生が発熱などの症状を訴えて31日から休み、6月1日にはしかと診断されたという。 (朝日)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック