熊大医学部生 はしかの疑い 100人自宅待機

熊大医学部生 はしかの疑い 100人自宅待機
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/local/kumamoto/20070608/20070608_001.shtml
画像 熊本大学(熊本市)は7日、医学部5年の男子学生(24)にはしかの疑いがあり、同学部の5年生約100人に自宅待機を命じたと発表した。学生は1日までの5日間、付属病院での臨床実習で約20人の患者と接触したが、感染は確認されていないという。
 同大によると、この学生は5月25‐27日、はしかが流行している東京へ旅行。今月5日に発熱し、6日に医療機関を受診してはしかと診断されたという。しかし、1歳時にワクチンを接種しており、はしかの定型症状とも異なっていることから、同大は10日まで経過を観察して、11日以降の対応を決めるという。=2007/06/08付 西日本新聞朝刊=

----------------------------------------
横浜国立大学、はしかで休校 17日まで
http://www.asahi.com/health/news/TKY200706090069.html
2007年06月09日
 横浜国立大学(横浜市保土ケ谷区)は9日、学生2人がはしかに感染したとして、11日から17日まで大学院を含むすべての講義を休講すると発表した。
 同大学によると、この2人の学生は感染後も風邪の症状と勘違いして講義に出席しており、二次感染を防ぐために休講を決めたという。

平成19年6月9日 横浜国立大学
麻疹(はしか)による休講及び出校停止措置について
 横浜国立大学(常盤台キャンパス)の学生の麻疹(はしか)感染が確認されました。5月23日までに発症した者に対して欠席等の処置をし、二次感染が確認されていません。しかし、現在2名の学生が感染・発症しています。この2名は、発症後も大学内で活動していたため、二次感染の拡大が危惧されます。
 本学(常盤台キャンパス)での感染の拡大防止のため,下記のとおり全学休講及び出校停止措置を取りますのでお知らせします。

1.期間及び対象キャンパス
 (1) 期間 6月11日(月)~6月17日(日)
 (2) 立ち入り禁止キャンパス  常盤台キャンパス(保土ヶ谷区常盤台)
2.対応について
 (1) 期間中は,学生の常盤台キャンパスへの入構を禁止します。
 (2) 補講等の措置について
   学生への不利益が生じないよう,補講等の措置については検討しておりますので,決まり次第お知らせします。
【問い合わせ先】
はしか対応窓口 (電話)045-339-3139 (9:00-17:00)
        E-mail : hashika@nuc.ynu.ac.jp 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック