ZARD坂井泉水 死去/子宮頚癌とHPVウイルス ワクチン (3)

画像

 HPVワクチンは2009年には実施できるようになるらしい。ZARDのDVD は売り切れです。
----------------------------------------
坂井泉水さん:フィルムコンサート望む声
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/music/news/20070531spn00m200001000c.html
 入院先の病院で転落し、脳挫傷のため27日に亡くなった人気ユニット「ZARD」の坂井泉水(さかい・いずみ)さん(享年40)の葬儀・告別式が30日、都内で営まれた。密葬形式で親族ら約20人が参列。正午すぎの出棺時には、斎場前に集まったファンから「ありがとう!」の叫び声が上がった。
 献花台が設けられている東京・六本木の事務所には、この日も多くのファンが花を手向けた。生前のステージ映像が流され、ファンの人垣もでき、ファンクラブ会員の鴨下絵美さん(24)からは「もっと大きな会場で、大きなスクリーンでみんなで集まって見たい」と、フィルムコンサートの開催を望む声も。事務所側は「当然、ファンの方々からそういう声がたくさん上がれば前向きに考えたい」と実現に向けて検討に入った。
 坂井さんは91年のデビュー以来、開催した公演は12回。数少ないライブはファンの間で伝説化しており、今後も追悼開催を望む声は高まりそうだ。また、登録が2万人を超えるファンクラブも継続することが決まった。なお、戒名は「澄響幸輝信女」。
スポーツニッポン 2007年5月31日

----------------------------------------
お庭のこっこ http://www2.plala.or.jp/oniwa-kokko/index.html
がん検診に欠かせない細胞診について子宮頚がんを中心に一般向けに解説したサイト
画像
画像

 世界的には、癌化する可能性の最も高いHPVとして注目されているのは16型で、遺伝子の解析も、ワクチンの開発も、16型を中心に行われているが、アジア、特に日本においては18型の割合が高く、若年者(20代)で高くなっている。16型にくらべて18型は病変の進展が早く、腺癌からの検出率が高い=頚部腺癌の主な原因ウィルスであるらしい、と考えられている。

----------------------------------------
日本でのヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン治験進行中
2006.07.12 日経産業新聞医療情報
子宮頸がん・予防ワクチン治験開始!
http://nikkei.upsidecom.com/?eid=174417
米メルク傘下の万有製薬は子宮頸がんを予防するワクチン「ガーダシル」(米国での製品名)の臨床試験を日本で始めたと発表した。二年以内に治験を終了し、その後半年程度で承認申請することを目指す。
子宮頸がんはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が主因で発症する。ガーダシルはHPVの感染を予防する。子宮頸がんの予防ワクチンは英系グラクソ・スミスクラインがすでに国内で治験を始めている。ガーダシルは「尖圭コンジローマ」など、性器周辺にできるいぼの予防効果もあるのが特徴という。
万有によると国内では年間七千人が新たに子宮頸がんと診断され、約二千四百人が同がんで死亡しているという。

子宮頸癌ワクチン「ガーダシル」‐国内治験に着手
http://www.y-assist.com/news/59-sikyukeigan-news.html
万有製薬は、親会社の米メルクが6月に世界で初めての承認を米国で受けた子宮頸癌ワクチン(米名「ガーダシル」)の国内治験に着手した。最長2年にわたる治験を経て、2009年の早期の承認申請を目指す。
このワクチンは、子宮頸癌の原因の約70%を占めるというヒトパピローマウイルス(HPV)16型、18型と、尖圭コンジローマなど生殖器疣贅(ゆうぜい)発症原因の約90%を占めるHPV6型、11型の感染を99%予防する効果を狙う。海外臨床試験では、これらウイルスに起因する子宮頸癌を100%、生殖器疣贅を含む外性器病変を99%予防したとの結果を得ている。
国内治験は、プラセボ対照二重盲検群間比較試験を18~26歳の健康な女性1000人を対象に行う。筋肉注射を最初と2カ月目、6カ月目の計3回接種し、抗体価、ワクチンに含まれる型に由来するHPV持続感染及び生殖器疾患の発生の有無を検証する。接種後半年ごとに経過観察を行う。現時点では、この試験結果に基づいた申請を予定している。
子宮頸癌ワクチンは、日本ではグラクソ・スミスクラインが4月から、HPV16型、18型に対するワクチンの治験を始めている。万有は、HPV6型、11型にも適応することで差別化を図りたいとしている。
日本では、年間約7000人が新たに子宮頸癌と診断され、約2400人が同癌で死亡しているという。
----------------------------------------

米国で子宮頚癌ワクチンが初認可される

US approves cervical cancer drug
http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/5062422.stm
Friday, 9 June 2006
The US has licensed the first vaccine against cervical cancer, which kills at least 290,000 women worldwide a year.
The new drug Gardasil - manufactured by Merck & Co. - is designed to be given to girls and women between the ages of nine and 26. It works by combatting the human papillomavirus (HPV). "This vaccine is a significant advance in the protection of women's health," said Andrew von Eschenbach, acting Food and Drug Administration ommissioner.

A course of treatment over six months is expected to cost about $360 (£195).
But conservative groups in the US argue that treating young girls before they become sexually active will encourage promiscuity.
'Nearly 100% effective'
The Food and Drug Administration (FDA) approved Gardasil after a six-month clinical testing programme, involving 21,000 women around the world.
Gardasil was effective against two strains of HPV which cause approximately 70% of cervical cancers, the FDA said. It was also effective against another two separate strains of HPV which cause most genital warts. Three injections will cost $360, with Merck saying the vaccine would be available within weeks. "Fortunately, we can now include the worst types of HPV and most cervical cancer in the list of diseases that no-one need suffer or die from ever again," said Alex Azar, Deputy US Health and Human Services Secretary. Cervical cancer is the second most common cancer among women worldwide after breast cancer. Most death occur in developing countries, where early screening is not as developed as in wealthy nations.
UK welcome
In the UK, the Department of Health issued a statement saying: 'Research has suggested that HPV vaccines may provide real benefit. "The department is currently seeking expert advice on the efficacy, safety and benefits that these new vaccines may offer." Ed Yong, of the charity Cancer Research UK, said: "Gardasil is one of two HPV vaccines being developed and both seem to be very effective. "This is great news for women and eventually a successful vaccination programme could prevent up to 2,800 cases of cervical cancer every year in the UK. "But until HPV vaccines are introduced it is important that women attend cervical screening when invited as this remains the best way of preventing cervical cancer." Professor Peter Rigby, of the UK's Institute of Cancer Research, said the US licensing of the drug was a "significant step forward".
He said an effective vaccination programme would be of particular value in developing countries where it is not practicable to screen the population.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • がん予防にキャベツ

    Excerpt: TB失礼します。がん予防にいい野菜、知っていますか?キャベツにはがんを予防する効果があるんです。キャベツダイエットは成功するダイエットとして人気ですが、同時に体質改善も図れます。よければ参考にしてくだ.. Weblog: キャベツダイエット通信 racked: 2007-06-23 15:30