関西の大学で休講あいつぐ /麻疹はしか

いよいよ関西圏での麻疹の流行が始まったようだ。

画像

関西学院大もはしかで2週間休講に
http://www.asahi.com/health/news/OSK200706010075.html
2007年06月01日
 関西学院大学(兵庫県西宮市)は1日、学生3人がはしかに感染し、別の1人に感染の疑いが生じたため、2日から2週間にわたって大学院を含む全講義を休講にすると発表した。西宮市と同県三田市の両キャンパスで感染者が出ており、クラブ活動も全面禁止する。学生約2万人が影響を受ける。
 関学大は関西大学(大阪府吹田市)と各運動部が対戦する「総合関関戦」を毎年開いており、30回目の今年は14~16日に予定していたが、はしか感染を受けて中止する。

麻疹(はしか)による全学休校について(第3報)-関学生の皆さんへ
http://www.kwansei.ac.jp/NewsDetail?n_id=2281&n_type=1
掲載日:2007年06月01日 広報室
関西学院大学の学生の皆さんへ 
「麻疹(はしか)による全学休校について」
 「麻疹(はしか)」の流行が関西でも拡がりを見せています。関西学院大学でも麻疹(はしか)の患者が発生しています。感染拡大を防ぐため、次のとおり全授業科目を休講するとともに、クラブ・サークル活動についても活動停止とすることに決定いたしました。
期 間: 2007年6月2日(土)~15日(金)
--------------------------------------------
大阪国際大もはしかで全学休講へ
http://www.asahi.com/health/news/OSK200706010041.html
2007年06月01日
 全国の大学ではしか感染による休講が相次ぐなか、大阪国際大も週明けの4日から5日間、守口キャンパス(大阪府守口市)を休講にする。同キャンパスに通う人間科学部3年生の感染が確認されたためで、2学部と短期大学部の学生3199人と教職員395人が対象となる。
 同大によると、同キャンパスでは5月29日から1週間、別の学生に感染の疑いがあったため、本人と同じ科目を履修していた学生計488人を出席停止・自宅学習としていた。

守口キャンパスにおける麻疹(はしか)感染防止のための全学休講措置
http://www.oiu.ac.jp/oshirase/hashika070601.htm
守口キャンパスの学生諸君へ
大阪国際大学/大阪国際大学短期大学部  学長 奥田吾朗   
 本学において、麻疹(はしか)感染が疑われる学生が、6月1日(金)新たに1名確認されました。 本学としては、さらなる感染の拡大を防止するための緊急措置として、以下のとおり一部休講から全面休講に切り替え、学生のキャンパス立ち入りを禁止します。
 また、感染の恐れがありますので、「麻疹(はしか)の感染についての注意」をよく読み、症状があれば必ず医師の診察を受けて下さい。諸症状によって「はしか」感染が疑われる場合は、登学せずに、学生課または教務課に連絡して下さい。大学内での感染を防ぐために、皆さんのご理解とご協力をお願いします。
対象となる学生等  守口キャンパス 人間科学部、国際コミュニケーション学部、短期大学部、別科生、科目等履修生
登学禁止期間   平成19年6月2日(土)~平成19年6月10日(日)〔休講期間 6月4日(月)~6月8日(金)〕
-------------------------------------------
奈良、岡山でも、はしかで大学が休講
http://www.asahi.com/health/news/OSK200705300071.html
2007年05月30日
 岡山商科大(岡山市津島京町2丁目)は30日、学生2人のはしか感染が確認されたとして、31日から6月8日までの9日間、大学院を含むすべての講義を休講にし、クラブ活動も原則禁止することを決めた。対象学生は約1800人。
 大阪樟蔭女子大(本部・大阪府東大阪市)も同日、奈良県香芝市の関屋キャンパスに通う学生1人がはしかを発症した疑いがあるとして、6月5日まで同キャンパスで予定されていた大学、大学院、短期大学部の全講義を休講にすると発表した。対象学生は約1250人。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック