世界最大の原発基地と活断層/柏崎刈羽原発・長岡平野西縁断層帯

 新潟で地震発生
 柏崎刈羽原発は「世界一」の規模。総出力八百二十一万二千キロワットは世界最大の原発基地。 1978年の1号機着工以来、1997年の7号機運転開始まで、20年の歳月と建設費約二兆六千億円投じられた。
 2004年新潟県中越地震と今回の地震は、「長岡平野西縁断層帯」周辺で起きているようだ。
画像


 BBCニュースだと、日本の中央部、東京に近い場所で、地震後に原発で放射能漏れが起きたとの報道。

-------------------------------------
Last Updated: Monday, 16 July 2007, 15:07 GMT 16:07 UK
Nuclear scare after Japan quake
http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/6901213.stm

画像The fire at the Kashiwazaki plant was put out after several hours
Clouds of smoke poured from the Kashiwazaki nuclear power plant

A strong earthquake in central Japan has damaged a large nuclear power plant causing a leak of radioactive material, officials at the plant have said.

A small amount of water containing radioactive substances leaked into the sea, officials said, and a fire broke out at the plant in Kashiwazaki.
At least seven people were killed and hundreds injured in the earthquake.
Several hours later a second earthquake of magnitude 6.6 struck in the sea off Kyoto in western Japan.
PM's visit
Tokyo Electric Power Company said the small amount of radioactive material that leaked into the sea posed no environmental risk.

画像Japan earthquake map
Reactors at the plant automatically shut during the magnitude 6.8 quake.

Several hundred homes and businesses in Niigata prefecture were destroyed, roads were cracked and several landslides buried roads.
More than 7,000 people were evacuated from their homes as aftershocks of up to 5.8 magnitude shook the area.
Japanese Prime Minister Shinzo Abe broke off from election campaigning to visit the area.
He promised to "make every effort towards rescue and also to restore services such as gas and electricity".

------------------------------------
放射能含む水漏れる、柏崎刈羽原発 中越沖地震
http://www.asahi.com/national/update/0716/TKY200707160470.html
2007年07月17日00時59分
 新潟県中越沖地震の影響で、東京電力柏崎刈羽原発6号機(新潟県)で使用済み燃料プールの水があふれ、施設内の排水溝を通じて海に流れ出ていたことが16日、東電の調べでわかった。水は微量の放射性物質を含んでおり、過去に例のない想定外の事態だという。
 経済産業省原子力安全・保安院によると、地震後の午後0時50分ごろ、原子炉建屋3階などの放射線非管理区域で、放射性物質を含んだ水たまりが見つかった。
 この水は原子炉の熱を取り出している1次冷却水よりも、放射能量が低かった。また、原子炉建屋内にある使用済み核燃料を保管しているプールの水が地震の揺れで波打ち、外にあふれ出ていたことも確認した。
 こうした状況から、東電などは、この水が放水口から海に出たと推定、少なくとも1.2立方メートルが出たとみている。
 ただ、16日夜の時点で放出は止まり、海水中の放射能の測定値にも異常がないことを確認したという。人体や環境への影響は認められていない。
 3月の能登半島地震でも北陸電力志賀原発1号機で、プールから水が建屋内の床に飛散したが、外部には出なかった。
 今回の地震では、これまで国内の原発で観測した中で最大の揺れを記録した。経済産業省原子力安全・保安院によると、1号機の地下5階に設置された地震計で東西方向に680ガルの揺れを観測。原子炉など重要機器の設計で想定する273ガルを大きく上回った。
 地震で、原子炉を動かしていた2、3、4、7号機が自動停止したが、3号機建屋わきの変圧器で火災が起こり、黒煙が上がったが鎮火した。6号機のほか、1、5号機も点検中だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック